最近のトラックバック

無料ブログはココログ

学問・資格

2013/05/04

本は不滅です。

ラファエロ展の帰り、上野公園で”上野の森親子フェスタ”なるイベントがあったので寄ってきました。
ま、各出版社が本を持ち寄っての露天市なんですが、ふと思うのは電子図書がもてはやされているけど、私的には懐疑的だな。
確かに電子図書の方が便利だけど、本って単純に情報を得るための媒体でしか無いのかな。図書館とか大きな本屋に行ったときのわくわく感って大事だと思うけど。
それに電子図書が普及するとかえってメジャーな本しか売れなくなるんじゃ無いかな。
それって文化の廃退だよね。
で、ぐるぐる回ってみて面白い本を見つけました。全国農村教育協会と言う聞いたことが無い出版社が出している”外来動物ミニ図鑑”って本。
そのなかにウシガエルって外来種なんだって。私の小さい頃から既にいたからぴんとこないけど、こんな発見が本の醍醐味だよね。
便利なだけがすべてではないよ。

2012/10/21

なにげに独占企業だったりするジー・サーチ

先般旧JOIS、今のJDREAMⅡが独立行政法人科学技術振興機構から民間のジー・サーチへ業務移管されたけど、これって良いことなのかな?なんでも民間に任せろってのはちょっと疑問だな。sad
JOIS自体、日本の科学技術情報を支えてきた貴重な物で、良くやってきた思うので国から離す必要は無いのでは。gawk
で、なにげにジー・サーチは科学技術の情報産業では独占企業になりましたね。なんせ、DAILOGの代理店の権利も持っているからな。内外の科学技術の情報を押さえたことになるよな。隠れた優良企業だったりして。lovely

2008/10/11

QC入門コース無事終了?!

先月・今月と計8日にわたるQC入門コースの研修は無事終わりました。

身についたかどうかはさておきhappy01、総じて講師の各先生は話術が上手く聞き惚れてしまいました。
流石に伝統のある日本科学技術連盟が主催する研修だと感心しましたね。bleah

検査の講義の時なんて、抜き取り数と判定数の関係で一見同じに見えても結果が違うなんてのは目から鱗が落ちるって感じ。(例:ロット数1000でサンプリング数20でNG判定数2とサンプリング数10でNG判定数1では結果が違うとか)
BSE問題の時、アメリカ産牛肉の買い取り問題で当初農林水産省が示したサンプリング方法で判定した(その他の牛肉を混ぜ込んでしまう不正を防ぐためにね)結果と、この研修の講師がそんな判定方法ではだめだってんて変えさせてら不正の割合がどんと増えたって裏話(ちなみに大手も不正しててその後申請を取り下げたとか)なんかも聞けて面白かったす。

QC検定2級でも受けようかしら?おっとその前にTOEICだ。
残業続きでTOEICのお勉強が中断してる。再会しなければ。smile
さて、勉学の秋になりますかどうか?我ながら心配だな!子どもの頃から飽き性だから。ヾ(℃゜)々

ではでは。bleah

2008/06/21

TOEICに挑戦?!

う~ん、自己啓発と称して半ば業務命令でTOEICを受けることに。wobbly

GraAile(サイバックスの人材開発支援サービス)の目指せTOEICテスト470点なる通信教育を受けているけど、通信教育ってどれほど効果があるのかなと疑問。
以前も防錆管理士の通信教育受けた(一応合格して資格は得たけど)けど、通信教育って所謂カンニングし放題だし、時間をどれだけ使ってもかまわないんだから真に身についたか疑問だね。
ま、TOEICの方はちゃんとしたテストだから実力の程は如実に出るだろうけど。coldsweats01
さ、受かりますかどうか?!think

それにしても、ネイティブな人に発音を指摘されてもOKとNGの差が分からない?!( ・o・)ハッ( ・o・)ハッ( ・o・)ハッ
そこからしてだめなんだけどね。ま、所詮日本人ですからお目こぼしを、ね先生。

2005/10/22

お勧めサイト”学術系ブログの情報サイト”

ブログも日本にすっかり?定着し、洋々な情報が入手できるように成りましたが、学術系ブログってのはあまり見かけない。

学術系みたいに系統立った情報が必要な物は従来の刊行物や情報の整理をしてから書き込むことを前提にするホームページに向いているんでしょうけど、即応性とかはやはりブログに軍配が上がる物。

そんな中、学術系ブログを収集・網羅してくれるブログが有るので、お勧めしておきます。

それが、そのものずばり!”学術系ブログの情報サイト”です。

役に立つ情報満載。是非ご利用を。(^_^)ニコニコ

2005/08/10

久しぶりに国立国会図書館へ行って参りました。

何故か今日・明日はお休み。某アキバ王の本戦に間違って選ばれたらとの思いとも?(..;)""""> ポリポリ

ま、予定通り落ちたので、懸案だった文献を取りに(最近はオンラインでも請求できるけどレクレーションを兼ねてね)国立国会図書館に久しぶりに行ってきました。

前回は、システム変更で一部端末(opac)が稼働、冊子体による資料請求も残っている状態だったのでその後の変化(完成?)も気になっていたので。

さて、実際行ってみると、事前に登録利用者制度で登録している人とそうでない人で入り口を分けてありました。登録してある人は本館から、そうでない人は新館から入るようになっていました。私自身は既に登録してあったのですが、そのIDとパスワードを記録してある物を持ってこなかったので新館の方から入ることに。

入館時には端末に向かい住所・名前等をタッチパネルで入力するとJRスイカの様なカードが発行されます。
これを使って入館するのですが、ま、事前登録ではIDとパスワード入力で発行されるのでしょうからあまり手間という観点では違いが無いような気がするのですが。それとも事前登録では色々と特典でも付くのかな?企業でもあるまいしそんなことは無いか?(..;)""""> ポリポリ

で、そのカードを用いて正にスイカの要領で入館します。入館後はずらずら並んだ端末PCに座り、"NDL-OPAC"を使って蔵書の請求番号を検索するシステムに完全に移行したようで、冊子体は完全に取り払われていました。

では早速”NDL-OPC”を使って、っと言っても自宅のPCからでも登録してあればこのシステムは使えるのではあります。しかし、事前にJOISで調べた英語の文献が検索にひっかからなかった為ゆっくりと&専門家の居る所で調べるのが順当だと思いまして。(^_^)ニコニコ

で、やっぱり巧くいかない。日本語の文献も古い文献は今のシステムに載って無く閉架となってしまっている物もある。載っているのは端末から直に閲覧の申し込みがボタン1つで出来るので大変便利なのですが。(..;)""""> ポリポリ
英語の文献もISSNコードを使ってやっと蔵書していることを確認できましたが、どうも東京の国会図書館には無いよう。相談係の人に尋ねると、文献の類は関西館の方にほとんど移動しているとのこと。

う~ん、膨大な文献情報をシステムに載せるのは生やさしい事では無いのは分かっているけど、文献ってやっぱり有る程度の年代をカバーしてないと使えないと思うので早急に善処して欲しいですね。ま、冊子体を残すのは無理だろうけど。
それと、文献&蔵書の量が膨大になり関西館の方に文献を移動させるのは分かるけど、その辺を周知徹底させた方が良いのでは。私なんかは国会図書館に行くにもさほど苦にならないけど、意を決して?国会図書館まで足を運んで、調べた文献が関西館にあります、後日渡しです。ではかわいそうだと思うけど。

それ以外は、このシステムは大変便利ですね。端末から閲覧を申し込めるし、既に本が出ているかも端末から調べられるし、複写の申し込みも書き込む手間が最小限に抑えられるようになりました。第一、申し込みから閲覧、複写申し込みから出来上がりの時間が非常に短縮されています。これは特筆すべき利点ですね。流れ作業のように文献が取れるもの。(^_^)ニコニコ

更に、検索機能がJOIS並みになったら良いのにね。JOISと合体させるとか?ま、これは無理か。(..;)""""> ポリポリ

なにはともあれ、"NDL-OPAC"の収蔵期間を多くしていただければ大変便利になると期待して国会図書館を後にしました。

2004/07/24

国立国会図書館

先週土曜久しぶりに国立国会図書館に出向いた。

一部に何しに行ったんだとも言われたが、私にとっては国会図書館もレジャー施設の1つ
だったりする(結構居心地が良い)。(^^;ゞポリポリ

さて、久しぶりに行ったら、新館は改装中で、本館よりの入場。それも昔ながらの紙への
記入で入館である。磁性体を封印したカード(このカードシステム自体今となっては古い
システムではあるけど)での諸手続は廃棄して新たにシステムを組むようだ。館内には
真新しい端末が至る所で置いてある。ほとんど調整中ですけど。(^^)

で、一番驚いたのが、資料請求するための請求番号を調べる冊子本が隅に追いやられ
ている事。どうも端末で調べろって事らしい。端末使うのに違和感は無い私ではあるが、
冊子本をめくるのも如何にも調べてますって雰囲気が出て好きだったのに何か寂しい。
(゜。)シクシク..

さて、出足が遅かったので、一回目の資料請求を済ませ、2回目は昼休みに入っちゃう
かなと思ったが、受付窓口が昼になっても開いている。前は昼になるとしっかり締めて
昼休みを取っていたのだが、交代制にしたらしい。お役所とは思えないサービス向上で
ある。これで、昼休みの1時間のロスタイムが無くなって効率が上がり嬉しい物である。

でも、相変わらず図書館に入っている食堂の類が美味しい店(コストパフォーマンスの良
い店)が無いのは残念。資料請求してると外に出られない(最も図書館周辺に店無いけ
ど)だからその辺改善してくれれば昼寝も出来るし、色々な専門図書の部屋とか見て回
れて一層居心地の良い場所になるのに?(^^;ゞポリポリ

さて、近々また行くかな。インターネット上で資料請求番号自体事前に調べられるようだ
から、ますます効率が上がるし。やっぱりインターネットって便利!