最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記467 | トップページ | ラーメン放浪記469 »

2016/05/02

ラーメン放浪記468

今日のラー活。
母親の転院先へのお見舞いがてら、荻窪でラー活。
今日の訪問先は、かの有名な池袋大勝軒の師匠筋に当たる丸長中華そばへ。

06

う~ん、この風格漂う店構えは尋常ならざる物を感じる。(^^)v
さて、ここは当然のごとく、つけそばシナチク追加を注文。ここはつけ麺では無く、つけそばね。
程なく出されたつけそばは海苔がのっていて、ざるそば風。

01

付け汁を入れる器も小さいのが特徴的。

03

さて、素の一本を最初に食して見ると。これは、驚いた。通常のつけ麺に比べれば、細麺にもかかわらず、芳醇な味わい。独特な食感と小麦の風味を感じる麺はこれまで食した麺の中でも1・2位を争う凄く美味しい麺である。

02

この美味しい麺を付け汁に付けて食すると、これまた一種独特な風味。凄く濃いめに出汁を取って有り、辛みさえ感じるのだが嫌味が無い。老舗の蕎麦屋の出汁を彷彿とさせる、味以外の風味を感じるのは何故であろうか?!
これぞ、元祖つけそばのなせる業か。
旨さを超えた歴史を感じさせる珠玉の逸品であった。
これは、遠征するだけの価値はあるだろう。
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は此処ね。

« ラーメン放浪記467 | トップページ | ラーメン放浪記469 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/63570227

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記468:

« ラーメン放浪記467 | トップページ | ラーメン放浪記469 »