最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記468 | トップページ | ラーメン放浪記470 »

2016/05/05

ラーメン放浪記469

西ヶ原の旧古河庭園の帰り、ラー活。
目当ての店が2店空振り、仕方が無く駅前の店へ突入。
東京では珍しい紀州和歌山ラーメン”とん駒”さんへ。

06

九州ラーメンからのリニューアルだとか、後で知ったりして。
ま、とりあえず、看板通り紀州和歌山ラーメンと水餃子を注文。
程なく出された紀州和歌山ラーメンはお懐かしゅうございますって感じで、哀愁が漂う。(^^)v

01

さて、最初に恒例のスープをいただくと。あれ、結構美味しい。節系が効いたこってりした出汁は良い味を出しているけど、これ?和歌山ラーメンかなとも思 う。一寸豚骨系の味が強めに出ていて、九州博多ラーメンの影響も出ている様な気がする。ま、インスパイア系と謡って居るのだからインパクトが強い、

03

和歌山ラーメンと言う認識で美味しくいただけるでしょう。麺の方も、中太よりやや細め、替え玉も出来るのでより博多ぽいけど。なんなら、バリカタも出来る様にした方が。(^^)v

02

水餃子の方をいただく。中国の黒酢を添加していただくと、もっちりとした皮の食感が秀逸。中身より皮で嘱するタイプね。

05

そこそこ美味しいよ。
総じて、結構当たりの店でしょう。坦々麺とか変化球も用意しているので通うのには良いかもね。

04

ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は此処ね。

おう

« ラーメン放浪記468 | トップページ | ラーメン放浪記470 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/63584684

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記469:

« ラーメン放浪記468 | トップページ | ラーメン放浪記470 »