最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/30

B級グルメ探検隊172

今日のお昼は。
館林にある”まるなかうどん”へ伺いました。

050930

ここは、私的には館林うどんの中で一番旨いと思う。私の食べた中でも5本の指には入るね。

060930

お店自体は、完全に民家。家族経営で家でうどんを食べているような雰囲気が味わえて、ソウルフル。(*^_^*)
で、いつもの注文、てんもりうどんを頼む。

07jpgtmp

さて、程なく出されたうどんを一本素のままでいただく。
う~ん、この館林うどん独特のぬめりをほどよい噛み応えある弾力ある食感は独特ね。それでいてのどごしがいいので、食が進みます。

01

で、東京で食えば、申し訳程度に出てくる天ぷらも大盤振る舞い。

03

イカ・エビ・ハス・イモ・ナスとサービス満点。どれもほどよく揚がっていて美味しい。うどんも大盛りで、これで780円はお安いよね。

02jpgtmp

おばあちゃんの給仕もほのぼのとさせてくれる、ほっとするお店です。
ごちそうさまでした。(*^_^*)

04

今度が、ご飯ものでも頼もうかな。

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/09/26

B級グルメ探検隊171

今夜の夕食。
カレーうどんの美味しい季節になりました。今夜は、館林にある”うどんの上州”さんへ伺いました。

05

選択したのは、当然、カレーうどんに、ここはトッピング選べるので、鶏天を選択。

01jpgtmp

最初に鶏天が出てきたので、素のままで食する。やっぱり揚げたては旨い。ジューシーな鳥肉の天ぷらはそれだけで旨い。ちょいと醤油を垂らすと醤油の芳醇な香りが加わって更に旨い。

06

そうこうするうちに、カレーうどんが運ばれてきたので、もうひとかたまりをトッピング。(^.^)

02jpgtmp

さて、ではカレー汁からいただくと。ここはちょいと蕎麦屋のカレーとは風味が違う。和風の出汁で割ったカレーではあるが、出汁が表面に出てきてなくて、よ りさっぱりカレーの風味が楽しめる。ちょいと異質ではあるが旨いカレーのタレである。饂飩の方は当然、館林饂飩の伝統に則り、程よい腰と喉ごしは秀逸であ る。

03

その旨いカレーの出汁を吸った、鶏天をいただくと、これまた旨い。しっとりとした皮がなんとも言えない味を出している。
ごちそうさまでした。(#^.^#)

04

続きを読む "B級グルメ探検隊171" »

2015/09/20

B級グルメ探検隊170

錦糸町にある自然食カフェ スピカさんを訪問。
此処は、完全無農薬オーガニック食品を扱うカフェ。

Jpgtmp

外観も内装も白を基調にした、瀟洒な造り。ま、自然食品売りにして、けばい装飾は無いけど。

Photo

で、注文はベジキーマカレーと穀物珈琲。
キーマカレーと行って、オーガニックとはこれ如何に?

Jpgtmp_2

大豆蛋白を肉に見立て、オーガニックスパイスで味付け。お米は、玄米を三分づきで食べやすくしたもの。
穀物珈琲は有機栽培のライ麦・麦芽・チコリ・イチジクを使用したノンカフェイン。

Jpgtmp_3

どこまでも自然にこだわったカフェです。(^^ゞ
さて、早速べきジーマカレーを食して見ると。ま、肉に見立てるには少々むりがある大豆名な味。スパイスは仄かに辛みが感じるけど尖ったところは無いね。ごく自然な風味と辛みは美味しいと思いますね。ま、カレーと見たとき少々インパクトは弱いけど。

Jpgtmp_4

お米の方が、3分づきにしては食べやすく炊いてある。ただし、少々水分が足りないような気がする。如何にドライカレーとは言え、日本人はやっぱりしっとり したご飯が好みなのでは。キーマの部分も水分少ないんだし。ま、淡い&清楚なカレーってのは珍しいので、美味しくもあり珍しくも有りで良い経験でした。

Jpgtmp_5

穀物珈琲の方も、若干薬臭いのが最初に気になりましたが、飲み進めていく内に独特の苦み病みつきになり美味しく感じられる様に。
結構面白い店だと思いますね。

Photo_2

ごちそうさまでした。

続きを読む "B級グルメ探検隊170" »

2015/09/19

スイーツ探訪記79

小洒落たカフェシリーズ?かな。
今日は、太平町の”トワモワカフェ”へお邪魔しました。

Photo_2

外観・内装も小洒落ていて、センスの良さがにじみ出ております。
女性だけで、運営しているみたいで、スイーツ女子には受けが良いでしょう。おじさんが言っても説得力無いけど。(^^ゞ

Photo_3

さて、注文は、カフェラテと今日のケーキとして、北海道産カボチャのケーキとアイスとしました。

Photo_4

Photo_5

程なく出された珈琲とスイーツは、おっと女子受けしそうな可愛い出で立ち。

Photo_6

早速顔を崩すのはもったいないけど、カフェラテをいただくと、程よい甘み、スッキリした飲み口。美味しゅうございます。

Jpgtmp

さて、メイン?のスイーツをいただきましょう。アイスから食してみると。う~ん、旨い。アイス自体の品の良い甘みの後に、しっかりしたカボチャの風味が追いかけている。カボチャの風味も品の良いもの。これは結構秀逸なアイスですよ。(#^.^#)

Photo_7

カボチャのケーキもいただきましょう。う~ん、エクセレント。こちらも甘みを押さえた、すっりとした上品な仕上がりに、ほんのりカボチャの風味が口中に広がります。シンプルな見た目ながら、良く出来たケーキです。

Jpgtmp_2

ごちそうさまでした。
いやいや、スイーツ女子には強くお勧めしますね。店内もホントに落ち着いていて、こじんまりしている心が和みます。(^.^)

で、恒例の場所は此処ね。

2015/09/15

ラーメン放浪記440

今日のラー活
お目当ての店が見つからなかったので、急遽佐野の”ゐをり”さんへ。

050916jpgtmp

ここは、佐野では3本の指に入る名店だと個人的におすすめできる店ね。
今日は、裏メニューの”ド みそ”とサイドメニューとして極汁餃子としました。

01jpgtmp

程なく出された”ド みそ”は、節系の出汁に味噌を加えた一風変わった味噌ラーメンとのこと。早速スープをいただくと。う~ん、旨い。節系の出汁が暖かみと奥深さを、味噌の味が力強さを加えている。変な言い方だけど、和風の味噌ラーメン。ほんわか、暖かくなる味わい。

02

節系と味噌のバランスが全体的な暖かみを出しているんだろうね。個人的には、もうちょっと味噌を強くした方が印象が強くなるとは思うけど、この辺はバランスとるのは難しそう。

03jpgtmp

麺は、佐野ラーメンの伝統をかたくなに守る、手打ちの細麺。優しい味噌味には、この麺の方がベストマッチでしょう。相変わらず、のどごし、歯ごたえを兼ね備えた秀逸な一品。

04jpgtmp

さて、ここの餃子も秀逸。極汁餃子は名の通り、食べると、口いっぱいに汁がたまる。(*^_^*)
醤油とかつけなくてもその肉汁だけで食べられる一品。
いつも美味しいラーメンをありがとう。
ごちそうさまでした。(・_・)(._.)

で、恒例の場所は、ここね。

2015/09/13

スイーツ探訪記78

今日のスイーツ。
神田にある老舗”近江屋 洋菓子店”。明治創業の老舗。ま、最も最初は炭屋さんだったらしいけど、モボ・モガの時代から連綿と続いている名店。

06

さて、今回は季節の先取り、柿のタルトとしました。ま、柿をそのまま使うって発想普通のパティスリーじゃ無い。洋菓子店ならではね。

01

で、これに合わせる珈琲は、やはり老舗の銀座カフェパウリスタの森の珈琲でしょう。
(#^.^#)

_00_02

さて、早速柿のタルトを食して見ると。う~ん旨い。流石老舗の味。素直に質の良い柿の 味を生かしている。柿本来の甘さを邪魔しない甘みを押さえたクリームとさっくりしたタルト生地は秀逸な出来映え。此処のケーキは外連味の無い素直な味わい で、暖かみさえ感じる。変に捻って見栄えを良くしないのが老舗の貫禄を感じさせる。

03

で、それを受けるのがカフェパウリスタの森の珈琲は相変わらず、さっぱりした洗煉された、味わいは、ケーキの味を邪魔しない。すっと、甘みを消してくれる。

04

ごちそうさまでした。やっぱりちゃらちゃらした店より落ち着いた店の方が良いよね。

で、恒例の場所は此処ね。

2015/09/12

大河原邦男デザイン展へ行って参りました。

今日は、懸案だった大河原邦男デザイン展へ行って参りました。(^.^)

01

世に、メカニックデザイナーなるジャンルを確立した大河原氏。
やはり、大河原氏は天才だと再認識しましたね。かっこよさと可愛さを両立、自在にデザインできる技量は誰にもまねできない事でしょう。

03

曰く、来た仕事は断らないで、大河原さん的テーストを感じさせながら、決して似せないのは凄い引き出しの量だと思いますね。

02

最近は電気自動車のデザインまで手がけているとか。この動きがガンダム。ま、実際ガンダム出来るのは遠い未来かな?電気自動車かっこいい!

Tps62e6tmptmp


2015/09/10

ラーメン放浪記439

今日のラー活。
太田市にある、”らーめん専門 うしおととり”さんへ再訪。

06jpgtmp

ま~、店内も瀟洒で雰囲気いいんだよね。接客もいいし。(*^_^*)
私的には、太田市では一番旨いと思いますね。私が3度訪問するぐらいだからって、根拠ないか。

05jpgtmp

さて、今回のオーダーは、店名の通り鳥のだしで塩味ってのがメインだがちょっとひねって”塩煮干しそば”とミニチャーシー丼としました。

01jpgtmp

程なく出された、塩煮干しそばはいつ見ても絵のような拉麺。(*^_^*)
さて、早速スープをいただくと、う~ん相変わらず旨い。鳥のだしがしっかり出ていて洗練された味わい。そこに節系の深みのある味わいが加わって、芳醇な味わいとなっている。深みが増しますね。

02jpgtmp

それに、ここの麺が秀逸。全粒粉なのか、つぶつぶが目立つ麺は、独特の歯ごたえ、ぷつんと口の中にはじけて、小麦の味わいが広がります。若干細麺の割にはのどごしが犠牲になっているけど、この独特な腰は是非味わっていただきたい。

03jpgtmp

ミニチャーシー丼のチャーシューの味付けも、グッド。しっかり味がしみこんでいるのに、くどくないきれのある味わい。
やはり、ここの店は、侮れないね。

04jpgtmp

今度は醤油ラーメン食べよっと。醤油にもこだわっているみたいだし。
ごちそうさまでした。(・_・)(._.)

で、恒例の場所は、ここね。

2015/09/06

スイーツ探訪記77

今日のおやつ。
オーストリア、ハップスブルグ皇帝家御用達、400年以上の歴史を誇るベーカリー、”ホーフベッカライ エーデッガー・タックス”でケーキを購入。

Photo

世界に進出した最初が秋葉原のマーチエキュートってのが不思議。(^.^)

Jpgtmp

購入したのは、チョコレートのバタクリームを何層にも重ねた”ドボッシュトルテ”としました。

Jpgtmp_2

それに合わせるのは、上さんの要望でアイスコーヒー。ま、今日もちょいと蒸すからね。

Photo_3

さて、早速食すると。う~ん、旨い。流石にオーストリアはチョコの本場。濃厚なチョコレートの風味が口中に広がる。

Photo_4

その濃厚で香り豊かなチョコレート味なれど、決してくどく無く、スット退いていくは流石に老舗のレシピかな。そのレシピを再現できる職人業に感激。

Jpgtmp_3


オーストリア・ドイツ風の重厚な味わいで有りながら、洗煉された味わいまで堪能できる秀逸なケーキでした。
ごちそうさまでした。

Photo_5

今度は、やっぱり、パンでも買ってこよっと。(^.^)
で、恒例の場所は、此処ね。

2015/09/05

ラーメン放浪記438

今日のラー活。
亀戸の”らーめんなが田”へ再訪。此処は完全に穴場。ま、あんまり有名になって欲しくは無いのだけど。(^^ゞ

0720150905

さて、今日はちょいと蒸すのであじ玉つけ麺にくずれチャーシュー飯としました。ま、此処は、何を選択しても旨いけどね。

01

さて、程なく出された、あじ玉つけ麺。付け汁の黄色い色合いが独特。
早速、麺を素でいただくと。中太ストレート。つけ麺にしては、遅めなお姿ながら、もっちりと食感に小麦の上手さが口中に広がる。茹で加減もちょうど良い。流石、何を作らせてもそつが無い。

02

さて、付け汁に付けていただくと、う~ん旨い。此処は鶏ベースの出汁なんだが、鶏の優しいあじがコク出ていてクリーミーにして独特な甘さが感じられて洗煉 された味わいになっている。所謂豚骨節系のつけ麺とは一線を画するあじ。インパクトは多少弱いけど、何処までも優しい味わい。この優しさが、付け汁の温度 が下がっても最後まで美味しくいただける要素だろう。つけ麺の弱点を克服した一杯に出会える店である。

03

で、サイドメニューのくずれチャーシュー飯も程よい味付けで、ふっくらしたご飯との相性は抜群。秀逸なサイドメニューで、お勧め。ま、何処までもそつが無い。

04

で、最後の締めは、くずれチャーシュー飯を少々残し、スープ割りした付け汁をその中に入れ、おじや風にしてして食する。

06

チャーシューの豚と、鶏のだし汁のコラボは、芳香として深い味わい。我ながら良いアイデア。(^.^)
大変美味しゅうございました。

で、恒例の場所は、此処ね。

続きを読む "ラーメン放浪記438" »

2015/09/01

ラーメン放浪記437

今日のラー活。
館林にある田村家の姉妹店と言うふれこみの太田市にある”らーめん田中家”さんへ伺う。

05jpgtmp

外観は田村家さんそっくり、外観は普通の拉麺家風で、田村家の方が雰囲気あるかな。
さて、味の比較として、田村家のデフォルトオーダー”ネギラーメン”を注文。サイドメニューに餃子を追加しました。
程なくネギラーメンが到着。う~んちょっと残念。ネギの量が中途半端。

01jpgtmp

田村家は麺が隠れる程トッピングされているのに。(/_;)
ま、気を取り直して、スープをいただくと。う~ん相変わらず旨い。突き抜ける程のうまさでは無きけど、家系の中では上位のレベルに入る安心できる味。

03

麺の方ももっちりした食感でこっているしたスープにはよく似合う。
餃子の方は、ま~スタンダードかな?レベル的には田村家と同レベル。

02

ま、難点を言えば、多少レシピ通り作りました的な奥行きの浅さが感じらるのですよね。姉妹店ってより、暖簾分けじゃないかな?

04jpgtmp

田村家さん程味的に練られていない感じかな。で、未だ自分らしさが出し切れていない。最も、チェーン店的な関係なら、オリジナル感は出せないだろうけど。
ま、なんだな、近くに寄ったら食べて損は無いけど、美味しい家系食べたいなら足のばして、田村家に行く方をおすすめするね。
ま、ともあれ美味しかったです。ごちそうさま。

で、恒例の場所は、ここね。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »