最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記429 | トップページ | B級グルメ探検隊159 »

2015/06/07

B級グルメ探検隊158

今日は、嫁さんに放置されたので思い立ったが吉日。
懸案の店を訪問。それが、赤羽に有るうなぎとホロホロ鶏の"川栄”さん。(#^.^#)

Photo

で、開店15分前に到着も既に、20人ほど並んでいる。で、ラッキーだったのが、
私で一巡目の終了とのこと。その後は、空き次第連絡との告知。それも推定2時間待ち。
更に鰻が数量少なく、終売の可能性有りとのこと。その時点でお店も終了。
う~ん、恐るべし”孤独のグルメ”。既に数年たっているのに。(^^ゞ

Photo_3

ま、とりもなおさず、開店20分ぐらいで着席。でも、此処って相席しないのね。これも
ポリシー?

Photo_4


で、注文は、当然鰻丼で、此処の名物ホロホロ鶏も頼まねばね。で、刺身の合わせ盛りを
注文したけど、無いとの事で、特注品の4点もりの内白はつが無い、むね・もも・砂肝の3点盛り
にホロホロ鶏の各部位を焼いた焼き鳥ほろばら串、最後は、皮を使ったほろ皮ポン酢を注文。

さて、最初に出来てきたのが、3点盛り。

Photo_5

早速、むね肉のたたき風を食す。う~ん、焼きの香ばしさとホロホロ鶏の独特の食感が新鮮。鶏とは
別種の滋味を感じる。ももの刺身もさっぱりした味の中に、独特のコクがある。で、砂肝が秀逸。ざっくりと
した食感がたまりませんね。どれも、新鮮な肉ならではの一風変わったホロホロ鶏の食感が楽しめます。

Photo_6

で、今度は、皮を使った、ほろ皮ポン酢。これがまたまた旨い。う~ん、下戸である私が恨めしい。(#^.^#)
自家製のさっぱりしたポン酢に、ホロホロ鶏の独特なちょいとねっとりした食感が、たまりません。
酒のつまみに最高です。ポン酢との相性は抜群です。
で、一番秀逸なのは、やはりほろばら串かな?鶏にはない独特な甘みと滋味がジューシーな肉と一緒に
口中に広がりますよ。
いや、ホロホロ鶏は、鶏とは違ったうま味があるので、一度チャレンジを。

Photo_7

さて、そうこうする内に、鰻丼の登場です。
肝吸い付きで、1900円とは良心的。早速鰻を食してみると。う~ん、此処の鰻は焼きが秀逸。香ばしさの中に
ふっくらとした焼き上がりは独特の風情を感じる。個人的には、タレが少ないのが残念だけど、お新香と食べるのも
また一興かと。(#^.^#)

Photo_8

気どらない庶民的な雰囲気と値段はいかにも”孤独のグルメ”的であります。
ごちそうさまでした。

Photo_9

あ、ちなみに、ここのはす向かいに、漫画の方の”孤独のグルメ”で来るまるます家ってうなぎ屋さんも美味しそうだった。
ちなみに、こちらは、鯉とかゆば・いくらのどぶずけが有名だとさ。こっちは並ばないので今度はこっちに行ってみよっと。
(^^ゞ

で、恒例の場所は、此処ね。

« ラーメン放浪記429 | トップページ | B級グルメ探検隊159 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/61708561

この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ探検隊158:

« ラーメン放浪記429 | トップページ | B級グルメ探検隊159 »