最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新クラシックの扉現代音楽特別版を聞く。 | トップページ | B級グルメ探検隊156 »

2015/05/06

B級グルメ放浪記157&スイーツ探訪記65

所用で、千葉の市原へドライブ。で、ついでなので旨い蕎麦を食いに、蕎麦屋へ寄る。それが、”手打ち蕎麦 宇左エ門”さん。外観も、内装もこざっぱりしていて、良い雰囲気。

Photo

注文は、更科二種(更科と青柚子切り)盛り合わせに、デザートにそばがきぜんざいを注文.。

Photo_2

程なく出された、更科二種盛り合わせは早速いただく。
付け汁をちょいとつまみ食いすると、辛めながらさっぱりした切り口。その付け汁に柚子切りから入れて食すると、う~ん、体験したことの無い爽やかな柚子の芳香が口中に広がる、これほど軽く、香りを楽しむ蕎麦はお目にかかれない味わい。

Photo_3

更科の方もいただくが、これまた更科の中更科って感じで凄い軽い。これほど軽快な蕎麦は経験が無いな。へたするとそうめんより軽いぞ。それでいて、蕎麦の 味わいを楽しめる、その点からも今から夏にかけては非常に美味しくなるだろう。今の時期お勧め出来る蕎麦屋ですね。(^^)v

Photo_4

で、デザートは、珍しいそばがきのぜんざい。これを食すると、これまた軽くてほんのり甘い爽やかなスイーツ。粟ぜんざいより更に軽い舌触り、それでいてつぶつぶ感が味わえるのが面白いね。こんな淡いスイーツを作れるのは日本人だけだろう。

Photo_5

で、更に面白いのが、受けとして出されている、昆布の入った、お茶?ま、お茶では無いけど、ほんのり昆布だしが出ているわずかに塩味が出ているものをいただいて口の中を爽やかにしてくるって凝った造り。ま~、日本人的な美的感覚だね。

Photo_6

創意工夫と、日本人的業がさえる美味し蕎麦屋さんです。

で、恒例の場所は、此処ね。


« 新クラシックの扉現代音楽特別版を聞く。 | トップページ | B級グルメ探検隊156 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/61548492

この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ放浪記157&スイーツ探訪記65:

« 新クラシックの扉現代音楽特別版を聞く。 | トップページ | B級グルメ探検隊156 »