最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富士通川崎球場へ | トップページ | ラーメン放浪記425 »

2015/05/03

B級グルメ探検隊156

最近そばずいているので、この店へ急に行きたくなった。(^^ゞ
それが、湯島天神の程近くにある手打ち古式蕎麦。一寸遅く行ったので、すんでのところで終売になる所だった。

Photo

古式蕎麦とは、更科そばの対極に位置する、蕎麦のみをそのまま使って、作るそば。これを作れるのは日本で数人とか?
で、何時ものようにその古式蕎麦のもりを頼む。

Photo_2

で、相変わらずの真っ黒なお姿。(^.^)
そのまま一本食すると、う~ん、流石に喉ごしは少々犠牲になるが、蕎麦の香りは流石に鮮烈。歯ごたえも独特な硬さで楽しめる。

Photo_3

これを、大根のすり下ろした汁と生醤油でいただくのが、こちらの作法。
まずは、薬味を入れて、大根のすり下ろした汁のみで、蕎麦をいただく。

Photo_4

で、これだけで十分美味しい。大根自体の品質と蕎麦のうちかたで食べさせるのは、良い物をつかって、良い腕がある証拠。

Photo_5

シンプルの中に、奥の深い日本の料理人の意気込みが覗える。
その中に生醤油を一回り、入れて食すると、生醤油の芳醇な香りとコクが加わって、また別嗜好の旨さを味わえるって段取り。

Photo_6

いや~、こんな旨い蕎麦屋は隠しておきたいんだけどね。(^^)v
今度は山揚げそば食べよっと。

Photo_7

で、恒例の場所は、此処ね。

« 富士通川崎球場へ | トップページ | ラーメン放浪記425 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/61532982

この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ探検隊156:

« 富士通川崎球場へ | トップページ | ラーメン放浪記425 »