最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/31

ラーメン放浪記420

今日のラー活。
今回は、太田市にある”ラーメン 谷家”さんへ伺いました。

Photo

一応、佐野ラーメン系とのこと。店内は、喫茶店改良したようなお店。
さて、注文は、やはり佐野ラーメンと言えば、醤油でしょうって事で、トッピングの珍しさも気になるので、岩のりラーメンにサイドメニューに佐野ラーメンには定番の餃子としました。ちなみに、大盛りも同一料金との事なのでつい、大盛り頼んじゃった。(^^ゞ

Photo_2

さて、しばし待つと、岩のりラーメンの登場です。
早速スープをいただくと。う~ん、淡い。今まで出会った佐野ラーメンの中では一番、淡泊かな?色からして、醤油ラーメンと燃えない程薄いし。でも、だしは しっかり出ているので、美味しい。でも、やっぱり淡泊すぎるような気がする。これが狙っているのか、コストダウンなのかは分からないけど、岩のりをトッピ ングしておいて良かった。(^^ゞ

Photo_3

岩のりを溶かすことで、岩のりの風味が加わって味に奥行きが出て美味しくなった。
麺の方は佐野ラーメンのデフォルトのピロピロ麺。ゆで加減はスタンダード。するする入っていってこれは、美味しい。スープも熱々のは嬉しいね。

Photo_4

餃子の方も、小ぶりながら、肉汁が豊かで、歯ごたえがあって、こちらは大変旨い。

Photo_5

総合すると、美味しいラーメンではあるが、旨いラーメンとまでは行かないな?淡泊で、繊細ではあるけど、線が細い。印象に残らない。ま、この辺が微妙で、一流と超一流との差なんだろう。
近くに寄ったなら、食して損はないが、わざわざ行くほどでも無いかな?
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/03/29

スイーツ探訪記59

今日のスイーツ。
イシイの甘栗から出している、甘栗プリン。

Photo_7

結構売り切れていて、入手困難。やっと、入手できたので、夕食後のデザートに水出しコーヒーと共にいただきました。(#^.^#)

Photo_8

特徴は、まるまる一個の甘栗をチョコレートでコーティング、プリンの部分も栗の味を加えて栗風味満載。

Photo_9

これが結構新鮮。プリント言うより、栗味のムースの感じ。しっとりしていて美味しい。ま、ムースってネーミングよりプリンの方が一般受けするだろうけど、スイーツ好きにはムースで売った方が、訴求力有るんじゃ無いのかな?

Photo_10

甘みを抑えて、栗の味を堪能できる逸品です。(#^.^#)

ごちそうさまでした。(^^)v

B級グルメ探検隊150

いやいや、今日はちょいと怪しい店で麺活。
それは、亀戸にある。エスニックレストラン"ディップパレス”さん。

Photo

一応チェーン店みたいなんだが、何が怪しいって、エスニックってくくりで、タイ料理とインド料理が混在する事。(#^.^#)
しかも料理人はどう見てもインド人。

Photo_3

何で、タイ料理が出てくるんだってね。
ま、怖い物見たさで、頼んだのがバッタイセット。所謂タイ風焼きそば。タイ料理と言うと、トムヤンクンとか有名だけど、タイ風焼きそばも旨いのよ。

Photo_4

で、何故か、ドリンクがマンゴーラッシーを選択したのがご愛敬。(^^ゞ
さて、運ばれた、バッタイを食する。
う~んこんな味だったかな。既に数年たっているから忘れちゃった.(#^.^#)
でも、タイ料理特有の酸っぱい味付けと、香辛料の辛さ、どことなく甘さを感じる味付けは特徴的。辛さは、日本人向きに調節している様。

Photo_5

独特の風味で美味しい&珍しさで食が進む。麺は焼きそばと言うより煮そばな感じだけどね。ちょいとインスタント焼きそばなのはご愛敬。
ま~、一風変わった麺を食したいならお勧めするね。(..wink絵文字""""> ポリポリ

Photo_6

で、最後にマンゴーラッシーは美味しいね。
ごちそうさまでした。
で、恒例の場所は、此処ね

続きを読む "B級グルメ探検隊150" »

2015/03/28

スイーツ探訪記59

旧古河庭園からの帰りしな、以前から気になっていたお店へ寄る事に。
それが、白山にあるフランス菓子エリティエさん。

Photo

清楚で、洒落た店内は雰囲気抜群。並んでいるケーキも色とりどりで目移りする。(#^.^#)
その中で、一番可愛い物を選択。それが、ニューフェース”パルファンローズ”バラの花びらが印象的。

Photo_2

早速夕食後のデザートに、銀座カフェパウリスタの"森のコーヒー”をお供にいただきました。
ホワイトチョコレートのムーズとは珍しい。その淡い甘さの中に、ブラックベリーのしっとりした味がベストマッチ。これほど、上品なケーキはそうそうお目にかかれないって程の逸品です。

Photo_3

それに華を添えるのが、カフェパウリスタのコーヒー。程よい苦みが、なおさらケーキの味を引き立たせてくれます。

Photo_4

このお店は、お勧め出来ると思います。
ごちそうさまでした。

で恒例の、場所は、此処ね。

続きを読む "スイーツ探訪記59" »

鳩山さんはリッチマン!

六義園に行ったことだし、共通券もあるので近くの旧古河庭園へもお出かけ。最も此処はバラが有名なので、バラの季節に行った方が良いんですけどね。それにしても、やっぱり鳩山家はリッチマンだね。(#^.^#)

Img_0782

Img_0789

Img_0790

Img_0791

Img_0792

Img_0796

Img_0797

Img_0803

六義園の大しだれ桜

今日は良いお天気に誘われて、巣鴨の六義園へ。此処の名物は大しだれ桜。ちょうど見頃で凄く綺麗だった。人も一杯咲いていたけど。(^.^)でも、ここは良い日本庭園ですよね。

Img_0760

Img_0761

Img_0763

Img_0764

Img_0765

Img_0768


ラーメン放浪記419

今日のラー活。(#^.^#)
今回は、最近とみに人気が出てきている、巣鴨にあるJapanese Soba Noodles 蔦さんへ伺いました。(#^.^#)

04japan_soba_noudle

開店30分前に到着も、既に10人ほど並んでいる。単行本を読みながら、時間を潰す。
さて、開店!一応、一巡目で入店。店はこぢんまりとした日本料理屋風のカンターのに8席のお店。
で、注文は、店の実力を見るのに何時も注文する塩味である、塩味玉そばとサイドメニューである肉めしを注文。

02japan_soba_noudle

最初に肉めしが来ましたので、実食。う~ん、チャーシューが良い頃合いで味が染みている。めしの方も軽く表面を炙っていて香ばしさを出している。しっかりした味付けながら、くどくないサイドメニューには良い相棒ですね

01japan_soba_noudle

さて、そうこうするうちに塩そばの登場です。
早速スープをいただくと。う~ん旨い。(#^.^#)
先だっては、こちらの2号店である”蔦の葉”さんへ伺いましたが、そちらの鴨出汁のコクとは違った、鶏ベースのさっぱりした切れのあるスープですね。それ でいて、しっかり出汁が出ているので、線の細さは感じない。下支えに豚骨を使用してるためでしょう。それに加味して香味野菜の甘みが加わって、独特の味が 出ている。塩もとがった物では無く、マイルドに塩味を感じさせる一品で、全体的に凄く良くまとまっているスープですよ。

03japan_soba_noudlejpgtmp

麺の方も秀逸で、細麺ストレート。こちらも数種の小麦粉をブレンドしているとの事で、喉ごしと歯ごたえの良さを兼ね備えた、このスープに良く有った、素晴らしい麺です。ベストマッチだと思いますね。良き相棒です。(#^.^#)

流石、評判をとるだけどお店だと感じました。お勧め出来ます。
今度は、醤油味にしようかな。
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は、此処ね。

続きを読む "ラーメン放浪記419" »

2015/03/26

ラーメン放浪記418

今日の夕食。(*^_^*)
お気に入りの館林の田村家へ。
で、今日のオーダーは、ネギ札幌味噌ラーメンと餃子としました。

02

最初に、餃子が来ましたので、早速実食。小ぶりではあるが、歯ごたえが有り、そこそこ美味しい。ま、ラーメンのサイドメニューには最適でしょう。あんまり個性的でもね。

01

さて、そうこうするうちに、ネギ札幌味噌ラーメンの到着です。
ネギをかき分け、スープを頂くと、相変わらず、良いバランスの味噌スープ。(*^_^*)

03

ちょいと焦がした風味と程よい濃度、甘さも辛さもバランスが良いのが特徴。絶対的な個性は無いけど、食べやすさが際立つスープ。ちょいと前より、焦がしの 味が強くなったかな?それも良い方向にいっている。その味噌味とネギの辛みが良いアクセント。で、麺も歯ごたえが良い案配の麺に仕上がっている。

04

総じてそつの無いバランスの良い食べ安いラーメンね。
ごちそうさま。

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/03/22

スイーツ探訪記58

さて、国立博物館の帰りは、なんかルーチンになっている様だが、今回も外神田にある”おいもやさん興伸”へ。(^^)v

0320150322

で、今回は、絶対的エース!大学芋を購入。芋を2種類から選べますが、今回は小町としました。(#^.^#)

02

さて、早速食してみると。う~ん、旨い。素朴な甘さの中に、上品で洗煉されたしつこくない甘みは口中に広がる。この蜜は絶妙なバランスを保っている。お芋の方も、さっくりとした食感に、ほくほくな中身。しつこい甘みでは無く、洗煉された甘みが新鮮である。

01

揚げかたも絶妙で、素朴な大学芋をここまで昇華させるとは、流石、芋専門店であると再確認出来る一品であります。
ごちそうさま。
で、恒例の場所は、此処ね。

みちのくの仏像展へ行く

今日は、懸案の”みちのくの仏像展”を上野国立博物館へ細君と見に行きました。

20150322

やっはり国立博物館本館は良いは。これ自体国宝でしょう。(^^)v
さて、展示自体は、コンパクトではありましたが、充実した内容で、良い展示会でありました。

Photo

みちのくの仏像の特徴である一木造、素地仕上げの特徴が素朴さと力強さ表現している。岩手の天台寺"聖観音菩薩立像"などは、柔和で超然としていない親しみのあるお顔を見ていると、吸い込まれるような錯覚を覚える。これぞ、日本で到達した、仏像の頂点の一つでしょう。日本人にしか作り得ない物かと。

Photo_2

それと類するのが、鎌倉時代に作られた、宮城給分浜観音堂の十一面観音立像立像。鎌倉時代にしては、流麗なお姿。綺麗な素地。芸術品としても一級品。これも、全体的にとても優しくて、それでいて力強い。なんか、東北の人の姿を写すよう。

Photo_3

方や、山形の本山慈恩寺の十二神将丑神なんてもはもろ鎌倉仏像のような躍動感溢れる、造形美の仏像が有るなど、バラエティーに富んだ見応えのある展示でしたよ。この様な、豊かな文化を埋没させてはいけませんよ。

Photo_4

この収益金の一部が、被災した文化財の再建に供されるとか。
末永く、豊かな文化が継承されることを望みながら、博物館を後にしました。
あ~、やっぱ、仏像が好きなんだな私。(^^)v

2015/03/16

B級グルメ探検隊149

さて、人形町からの帰り通過点にある清澄白河で途中下車。そう、ブルーボトルコーヒーの混み具合を見に来ました。

20150208

で、30人位なので並んで入ることに。30分程度かな、そのくらいの時間で入店出来ました。
外側と内装を見ると、どうも自動車の整備工場でも改装したような店ですね。

Photo_5

日本第1号店は、店と焙煎工場を兼ねているようなので、日本に進出するのに際し都内でそこそこ広さを求めると、江東区の工場跡地は最適でしょうね。墨田区当たりだと工場が小さいし、亀戸当たりだと既にマンションだし。(^^)v

Photo_6

さて、注文は、実力を見るのにオリジナルストレートのパプアニューギニア産の豆を選択。ゲイシャって希少豆も興味があったけど、お高いので止めました。で、オプションでワッフルを追加。で、名前を聞かれる。此処で、個人個人でドリップで入れるってこの店の売りが出るのね。

Photo_7

で、個人個人でドリップして出来上がると名前が呼ばれる。ワッフルはまだ焼き上がって無いので、最初にストレートコーヒーを受け取る。
さて、早速飲んでみると。う~ん、肩すかし。基本、浅煎りのアメリカンスタイルのコーヒーで、その割にはしっかりした風味が出て美味しい。最初、酸味が感 じられ、後に渋みが残る。バランス的には良いし、アメリカンなさっぱり感とその割にコクもあるんだけど、騒ぐほど旨いか?と素朴な疑問。風味の絶対値から 言ったら、悪いけど、やなか珈琲の豆で入れた、私の珈琲と大差ないぞ。ま、割と濃いめに入れてるけど。(^^ゞ

Photo_8

ま、アメリカン人には受けるだろうけど、日本人にはどうでしょう?それに客が多いのも影響してるけど、座る馬所が無い。座る椅子も腰高。とても落ち着いて 珈琲味わえる環境じゃ無いよな。日本の珈琲文化を参考にしたって言うけれど、なんか、中途半端。一人一人ドリップするっのも、単なるパフォーマンスの様な 感じがしたな。機械で入れて、品質を均一にするか、個人営業の腕の良いマスターの入れた手作りの珈琲かどっちかにしてくれと思ったね。そう言う手作りの店 探した方が良くないか?
で、ワッフルの方は、しっとりとした食感に、仄かに甘さが感じられて、美味しかったがせめてもの救いかな。

Photo_9

ま、今度落ち着いたら、ゲイシャって希少豆をいただきたいとは思いますが、なんか、日本人の悪い癖、舶来品に弱くないかと思いましたね。あんまり日本では受けなんじゃ無いの.。

で、恒例の場所は此処ね。

B級グルメ探検隊148

最近お疲れモードなので、有休を取得。せっかくの平日なので、懸案のお店へ出撃。
そこは、人形町に有る天ぷら"中山”。そう、孤独のグルメに出てきたお店。

Photo

カウンターの他、小上がりがあるけど、お店は大繁盛。相席となりました、最も昼食時だから近所のサラリーマンの常連さんと私の様な人間が殺到してるんでしょうけど。
さて、やっぱり注文は天丼、1100円なり。

Photo_2

それにしても、息子さんなんだろうね、元気の良い接客と、テキパキとした応対。それと対比して、ご高齢のご夫婦が寡黙に料理をしているってのが絵になるよ。
さて、そうこうするうちに、やってきました天丼。
蓋を開けてみると、噂に違わない黒光りする天ぷらが目に飛び込んでくる。(^^)v

Photo_3

で、内容は、海老が二尾、キスかな?白身の魚の天ぷらが二尾といった具合。その海老を最初に食してみると。う~ん、濃い。(^^)v
甘辛く煮込んだ江戸風のタレが染みこんでいて濃厚な味わい。上方の人には野卑と感じるだろうけど、これがお江戸の味。でも、その強い味付けの中にも、後を 引かない、引き際の良さがあるのが、流石の職人業が光る。それに加え、衣のさくさく感は無いにしても、ふわっとした食感もまたまた他では味わえない味わ い。単純なようでいて奥の深い職人の技術を感じさせる一品であります。

Photo_4

させる一品であります。
で、その珠玉の煮汁につかったふわふわのご飯と一緒に味わえば、不味いはずがありません。(^^)v
いやいや、凄く旨い事。
此処にも、単純なようで、繊細、日本人の細やかな業の結集を見たような一品です。
ごちそうさまでした。
今度は、夜に行って、一品づつ揚げてもらいたいね。(^^)v

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/03/15

コバケンのベートーベンはやっぱり良いは。

今日は、久しぶりに渋谷のオーチャードホールへ、コンサートを聴きに行ってきましたよ。
指揮者は、コバケンこと、小林研一郎氏、私の大好きな指揮者。
オーケストラは、東京フィルハーモニー交響楽団
で、今回のお目当ては、ヴァイオリニストの堀米ゆず子さんの演奏を聴くのが主な眼目。(^^)v
演目は、順番に、ベートーベン作曲、「エグモント」序曲。
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番。
ベートーベン交響曲第3番「英雄」と言う、とうしろうな私好み。(^^)v
さて、一曲目の「エグモント」序曲、通常より遅めのテンポ。重厚な響きを重視した重みのある演奏は、新鮮な感覚。ちょいと、音がこもっている感じがしたけど、これって席の性かな?右端なんだけど、(^^ゞ
さて、次はお目当ても、モーツアルトのヴァイオリン協奏曲台3番。
いや、やっぱり堀米さん。良いわ。何だろう、大人の女性の色気を感じるんだよね。艶やかで、伸びのある音色。それでいて決して線の細さを感じさせない演奏。男の人では出せない音色ですね。いや、ますます好きになりました。
さて、最後のベートーベン交響曲第3番「英雄」。第1楽章は速めのテンポで、華やかで輝く演奏。一転して、第2楽章は、遅めのテンポでよりいっそう、荘厳 で威厳に満ちた演奏は、対比が面白い。更に、第3楽章になると、これまた躍動感のある演奏となり、総じてメリハリの聞いた、コバケンならではのダイナミズ ムを感じる入魂の演奏でした。やっぱり、炎の指揮者コバケンのベートーベンは珠玉の演奏ですね。
あ~、面白かった。
http://www.tpo.or.jp/concert/20150315_01.php?fb_action_ids=1576482422638694&fb_action_types=og.likes

2015/03/14

B級グルメ探検隊148

神田の三省堂へ寄った帰り、昼飯にふらりと、神田錦町”更科”へ。

Photo

神田の三省堂へ寄った帰り、昼飯にふらりと、神田錦町”更科”へ。
う~ん、神田錦町って名前からして趣があるよね。店構えもとってもグーね。(#^.^#)
店内に入ると、こじんまりとした所に、しゃれっ気を感じる。

Photo_2

さて、注文は、天せいろとしました。
此処の天せいろは、いくつかの種類のかき揚げからチョイスする仕組み。
今回は、春と言う事で、桜海老とゴボウのかき揚げとしました。(^^)v

Photo_3

さて、早速蕎麦を素で食すると、するっとした喉ごしに、程よい歯ごたえ。更級特有のさっぱりとした爽やかな味わい。う~ん、一級品。
その蕎麦を、江戸風の辛めのつゆにくぐらしてそそると、鼻腔を擽る蕎麦の香りと共に、口の中にするすると、入っていく蕎麦、その歯ごたえを楽しむのは、江戸っ子がこよなく愛する味。やっぱ、江戸っ子は蕎麦でしょう。

Photo_4

って、個人的にはうどんの方が好きだけど。(^^)v
ま、とりもなおさず、この味は、格別。

Photo_5

さて、横に控えし、かき揚げの大きいこと、そのまま、かぶりついたがさっくりとした食感は流石の職人業。仄かに香る桜海老の風味とゴボウの食感がたまりません。
これをつゆに付けて食べると、しっとりした食感に、辛めのつゆの味が付いてまた別格な味わい。このかき揚げは旨いな。特筆すべき一品でしょう。

店員さんも着物を着ていて雰囲気良いし、良い店ですよ。
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/03/07

ラーメン放浪記418

近場のオートバックスがタイヤの保管事業を中止しちゃったので、東雲のスーパーオートバックスへ保管場所移動。ついでにこの辺には来ないので、ラーメン屋を物色。それが、中華・軽食の"菊屋”さん。

Photo

う~ん、なんか五郎さんが行きそうな店で雰囲気でてて嬉しいね。
店内に入ると、期待に反しない如何にもラーメン屋然としていて良いよね。

Photo_2

さて、注文は五郎さん並みに迷って?広東麺と半チャーハンと言う、町の中華屋さん的鉄板な注文。

Photo_3

さて、早速広東麺を食すと、う~ん、期待どおりのお味。とろっとしたスープに野菜のサックとした食感、野菜の甘みの出ていて、何処か懐かしさを感じさせる深い味わい。やっぱ、ラーメン屋のあるべき姿でしょう。絶対値では計れないラーメン文化の厚みを感じる一杯です。

Photo_4

半チャーハンも、しっとり系のふわっとしてとろける食感は、けっして派手さは無いが、確実な腕を伺わせる。

Photo_5

お客さんと店側のやりとりがほのぼのとさせる、無形文化財的店は残して置かないとね。
見てくれに流されるラーメン屋はやめくれと言いたいね。
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は、此処ね。

続きを読む "ラーメン放浪記418" »

2015/03/01

スイーツ探訪記57

コレド室町で映画を見た後、細君へのお土産に、重慶飯店のマーラーカオを買って、帰宅を待って食する。(^^)v

Photo_5

それにしても、でが過ぎ二人で、一個で良いくらい。(^^ゞ
でも、食してみると、美味しい.。深しパンよりしっかりした歯ごたえと、ほんのり上品な甘さは、流石老舗のなせる業。

Photo_6

大きな一個をぺろっと食べられるのは美味しい証拠。
ごちそうさまでした。

ガンダムオリジン 「青い瞳のキャスバル」を見る。

今日は、コレド室町へ映画を見に行った。
見に行ったのは、ガンダムの1年戦争の前史、安彦良和の漫画”ガンダム オリジン”の映画化。その第1話"青い瞳のキャスバル”を見ましたよ。(^^)v
で、シャア・アズナブルの幼少期、キャスバルの声優がクリリン&ルフィーの田中真弓で、セイラ・マスの幼少期、アルテイシアの声優が、ゴン・フリークスの 潘めぐみってのが、最初ひっかかっちゃたけど、内容は凄い濃いですよ。安彦良和のしっかりした脚本、見事な演出、素晴らしい映像美。ある意味日本のアニメ の一つの頂点とも思えますね。
それにしても、ガンダムは、スターウォーズに匹敵する大叙事詩、大河ドラマでしょう。
人間は、何時まで争いを止めないのか、人が人を支配したがるのか、歴史の永遠の命題でしょう。それを改めて認識できた良い映画でした。

お勧めします、オタクには。(^^)v


B級グルメ探検隊147

コレド室町で映画を見るので、その前に腹ごなしと言う事で、丸の内( TOKIA ビル B1F) にあるインディアンカレー丸の内店へ参上。(^^)v

Photo

大阪が、本拠地の東京初出店の店らしい。
メニューは、インディアンスパゲッティとインディアンカレーそれにハヤシライスのみと言う、浄さ。

Photo_2

で、注文は、もちろん、インディアンカレーのルー大盛り。
で、早速お姿を見ると、ルーの大盛りは正解のよう。色的にはカレーぽく無いですね。どちらかと言うと、ハヤシライスのような。

Photo_3

さて、一口いただくと、う~ん、最初はハヤシライスのような味わい。辛さより、野菜をたっぷり使って居るのか、甘みさえ感じる。その内に、辛さがじんわり と湧いてくる。でも、その辛さもインドカレーの様なスパイシーな辛さでは無く、どこか温和な辛さ。なんか、凄く、日本人にカスタマイズしたカレーだと思い ましたね。経験しない新鮮なカレーでした。
とても美味しかったです。

Photo_4

付け合わせのキャベツの酢漬けも口直しにちょうど良いし。(^^)v
ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は此処ね。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »