最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記416 | トップページ | ラーメン放浪記417 »

2015/02/21

至高の一杯

ブルーボトルコーヒーが世間を騒がせておりますが、知る人ぞ知るレアな珈琲をいただいてまいりました。(#^.^#)
それは、シアトルから上陸した”カフェアパショナート”さん。

Photo_5

ここでいただけるのが、日本産のコーヒー。そう、幻の小笠原珈琲です。
年間、200Kgしか生産しない貴重な豆。台風がめったやたらに来る小笠原では確実に取れる保証の無い大変レアな豆から入れた珈琲です。
で、今回は、東京の新丸ビル地下1Fのあるお店へ伺いました。
一日確か5杯程度しか出せないとか?一応、まだありますかと尋ねたら、ラッキーにも残っていた。って、普通の人は分からないかな?
で、ちょいと講釈を聞いて、豆を挽くところからやるので時間がかかるとの事。当然待ちますよ。(#^.^#)

Photo_6

で、待つことしばし、やっときました。(^^)v
早速いただくと、う~ん、なんて繊細な味。この店デフォルトでは深入りなのに、さっぱりした飲み口、それでいて決して線の細さを感じない味わい、しっかり した苦みがありながら、しつこさが無い。それでいて余韻を楽しめる芳香とした味わい。なんか日本を感じるそういった味わい。ふくよかな香りと相まって、決 して他の産地では味わえない貴重な体験をいたしました。

Photo_7

ま~、お値段もブルーマウンテン級ですが、珈琲通は一度味わっておいて損はないでしょう。コピ・ルアクより貴重品でしょう。
ごちそうさま。

« ラーメン放浪記416 | トップページ | ラーメン放浪記417 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/61172735

この記事へのトラックバック一覧です: 至高の一杯:

« ラーメン放浪記416 | トップページ | ラーメン放浪記417 »