最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/27

ラーメン放浪記412

佐野の日向屋さんに行ったら、ふられてしまったので、方向転換、ゐをりさんへ。

150117

今日は変化球で、味噌ラーメンをオーダー。それにサイドメニューに店主気まぐれメニューのじゃじゃ玉丼なるものを頼みました。

Photo

味噌ラーメンが先に来ましたので、早速スープをいただくと。う~ん、斬新&旨いスープ。味噌ラーメンと言うと、味噌を際立たせる物ですが、此処はあくまで 佐野ラーメンのきれの良さを残しつつ、それでいて味噌のうま味を加える必要にして最低の濃さに押さえてあるのが斬新にて、センスの良さがうかがわれる。

Photo_2

流石此処の店主は腕が良いし、佐野ラーメンに対する愛を感じる。それに研究熱心にチャレンジする精神を持ち合わせているのは敬意を払いたい。これ程、さっ ぱりしていて旨い味噌ラーメンは食したこと事が無い。スープ全部飲める程。ま、カロリーの関係上やらないけど。(*^_^*)ま、このスープだから佐野の 麺も生きるというもの。

Photo_5

さて、店主の気まぐれメニューのじゃじゃ玉丼は?
一口食べると、懐かしい味。そう、ミートソーススパゲッティー(あくまでスパゲッティーね。パスタではありません)のミートソースを丼にしたもの。それに温泉卵を崩していただくと、そりゃ~旨いわな。(^^ゞ

Photo_6

気がつけば美味しいこと請け合いのどんぶりだけど、誰もやらないことやるのはやっぱり、此処の店主はセンス良し。
相変わらず、店員さんの応対も気持ちいいし、良い店である。

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/01/24

スイーツ探訪記53

今日のお昼は、湯島の自家焙煎みじんこさんでホットケーキをいただく。(#^.^#)

Photo

ちょいとホットケーキでは有名なので30分前に並んで無いと1時間待ちの行列になる。ちなみに、ホットケーキとフレンチトースト系スイーツは14:00からですが、サンドイッチ関係も旨いので、そちらもどうぞ。
で、13:30より並んで、2人めで入店。(#^.^#)

Photo_2

オーダーは、ストレート珈琲に、イエメン産、イスマイリを。メインは今回はホットケーキを注文。

Photo_3

最初に、イスマイリが来ましたので、早速飲んでみると。う~ん、芳醇な味わい。すっきりとした酸味が口の中に広がります。決してストロングでは無いのです が、余韻が長時間残ります。ふくよかな味わいでしょう。個人的には、スッキリ引いた方が好きなんですが、嫌味の無い味は流石良質な珈琲です。

Photo_4

そうこうするうちに、ホットケーキの登場です。(#^.^#)
お~、噂に違わぬ美しいホットケーキ。芸術品のような出来映え。そのホットケーキにメイプルシロップを掛けて、切ってみると。すばらしい焼き加減。

Photo_5

で、これを口の中に運びますれば、ふわっとしたえもいわれぬ食感。その後に来る爽やかな甘み。これ、メイプルシロップ掛けなくてもホットケーキの甘さだけ でいけますね。それほど上品にして上質な味わい。それでいて後味スッキリなのは流石の技と感心しきりです。ホホホ!(^O^)

Photo_6

流石に評判になるだけのクォリティーですね。
お隣は、フレンチトーストでしたが、こちらも美味しそう。
今度食べに来よっと。
ごちそうさまでした。m(__)m

2015/01/18

スイーツ探訪記52

義姉が内祝いのお返しに来たので、おもてなしとしてコーヒーのスペシャリティを用意。

01

ハワイオワフ島産のオアフナチュラルファンシーで珈琲を入れる。お茶受けには、奈良が地盤のフロレスタ産の動物ドーナッツをご用意。これを供しました。(#^.^#)

02

珍しいハワイ産のコーヒーはマイルドな酸味、重からず軽からず絶妙な塩梅。飲んだ後の余韻も爽やか。ドリッパーのせいか、雑味が無く爽やかなお味で美味しゅうございました。

03

それを引き立たせてくれるのが、フロレスタのドーナッツ。(#^.^#)
見た目の可愛さはもちろん、味も一級品。変に膨らましていない、しっかり・ずっしりした食べ応え。

04

それに続く、上品な甘さ。ナッツも入って居て楽しませてくれなす。素材の良さと腕の良さが覗える小粋な一品で楽しめました。ごちそうさま。(#^.^#)

05

06

07

2015/01/17

スイーツ探訪記51

今日は、やっと正月の喧噪が収まった神田明神へお参り。やっぱり江戸っ子はここに来ないとね。江戸の総鎮守なんだし。

Photo_6

で、その帰りしなやっぱりここに寄らないと。そう、神田明神参道わきにある天野屋さん。で、天野屋さんと言えば、甘酒。それに今日は豪華に久壽餅を追加してみました。

Photo_7

さて、早速甘酒を飲んでみると。あれ、なんか薄いような。ちょいと前はもっと芳醇な甘みが出ていたような。なんか、まだ正月ぼけが続いているのかな?此処 の甘酒は絶品なんだから品質に妥協して欲しくないな。江戸の鏡なんだから。とは言ってもそんじょそこらの甘酒より旨いけどね。

Photo_8

さて、もう一方の久壽餅は、蜜の舐めて見ると、しっかり&すっきりした雑味のない甘みは流石の味。多少、船橋屋の蜜より深みが無いけど.。(#^.^#)

Photo_9

くず餅の方は、割と柔らかめ。こちらもすっきり系。個人的にはもう一寸歯ごたえのある方が好きだけど。で、総じてさっぱり系のしつこくないお味。ま、絶対値ではやはり亀戸の船橋屋に軍配が上がるかな。地元の贔屓は抜きにして。

Photo_10

ま、でもタイムスリップしたような、待ったりした時間が楽しめる老舗でお勧め出来ますが。(#^.^#)

ラーメン放浪記411

今日のラーメン放浪記は。
とある店に行ったど、1時間半待ち。ラーメンなら並ぶけど?それほどでないので、きびすを返して、以前から気になる店へ。

Photo

そこは、神田明神下。大至の斜迎にあるかつて”天神屋”があった所に店を出した”ラーメンさんばち お茶の水店”へ。
全国区のラーメンチェーンだぞうだが、東京には此処しかないとのこと。(#^.^#)

Photo_2

で、注文はやっぱり売りの味噌ラーメンにごろごろチャーシュー丼としました。
さて、早速スープをいただくと。う~ん濃い。久しぶりに野趣豊かな味噌ラーメンのスープをいただいた感じ。チェーン店独特のうま味が薄い感じがしないのが 好印象。いや、却って濃すぎるぐらいインパクトが強い。昔風の味噌ラーメンを思い出す。最近ラーメン一寸洗練され過ぎているきらいがあるのでこちらの方が 個性的かもね。

Photo_3

麺も札幌ラーメンの定番、黄みの強い腰のある麺で相性ばっちり。がっつり食べたい人にはお勧め出来ますね。

Photo_4

で、ごろごろチャーシュー丼もまた野趣豊かな濃い味で旨い旨い。(#^.^#)
ラーメン本来のがっつり腹に効く物を食べたい人には良いお店だと思いますよ。ま、偏狭なミシュランには載らんだろうけど。(^^ゞ

Photo_5

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/01/07

ラーメン放浪記410

佐野ラーメンシリーズって第何弾?忘れちゃった。ま、良いか。
で、今回は佐野ラーメンのニューウェブって感じの"佐野ラーメンいってつ”さんへ伺いました。

Photo

店構えは、白を基調にした清潔感あふれる雰囲気。店主も若い。

Photo_2

さて、そんなお店で注文したのは、ネギラーな私は、ネギラーメンと何時ものように餃子をサイドメニューで注文。

Photo_3

程なく出されたネギラーメンは焦がしたネギがアクセントの端正な佇まい。
さて、早速スープをいただくと、うーん、ふくよかな味わい。通常の佐野ラーメンより醤油の味と風味を強く押し出しているのが特徴的。佐野ラーメンの一つの 進化形を見るよう。醤油の風味で力強さが増しているが、出汁がしっかりしているのでとがったところが無い。佐野ラーメンの特徴の切れ味も健在。良いバラン スだと感じる。そこに、焦がしネギが更においしさを倍増させる。

Photo_4

麺は、伝統の手打ち縮れ麺。麺のゆで加減がデフォルトより、やや硬め。やっぱ佐野ラーメンの麺はこれでしょう。(*^_^*)

Photo_5

さて、餃子の方が、結構大ぶりだけど、もっちりしていてジューシー。少々ジューシー過ぎたけど美味しい。最近はお酢だけで餃子を食べるようにしてるけど、さっぱりした中に、しっかりとした風味が感じられる。

Photo_6

珍しくゆず胡椒が薬味にあるので、それを付けて食するとぴりっとした刺激が加わって更に美味しい。
佐野ラーメンの1つの進化形を見るお店であった。
ごちそうさま。(*^_^*)

で、恒例の場所は、此処ね。

2015/01/05

ラーメン放浪記409

さて、今年初のラーメン放浪記は。
早稲田の”厳哲”さんへ伺いました。
大阪の名店”麺哲”さんで修行されたご主人が東京で独立した店のようです。

Photo

なので、しょっぱなは名前の付いている”まるちょうそば”の大を注文。

Photo_2

で出されたラーメンのお姿は、富山ブラックとまでは行かないけど、結構黒み深くて印象的。

Photo_3

で、早速スープをいただくと、う〜ん、独特な風味。黒酢でも使っているのでしょうか、ちょっと酸味が先行しますね。あとは、これも一種独特な風味を持つ醤 油の味で結構パンチが効いている。それで後味がすっと引いていくさっぱり感があるので、ベースがどうも鶏に魚介系だと感じましたね。
こんな醤油味は東京では味わえない味ですね。旨いんではなく、癖になる味。比較すれば二郎系見たいは雰囲気を持ってますね。あちらは豚骨系だけど。

Photo_4

麺は中太ストレート。ま、麺自体は脇役的な役どころかな。それでものどごし・歯ごたえが良いバランスに仕上がってますね。
で、特徴的なのは、鶏の皮がトッピングされているところかな。
大阪の醤油ラーメンってこんなんですかね?東大阪風とは書いてありましたが。(^^)

Photo_5

いや、新鮮な驚きを与えてくれるくせになるラーメンでした。でも、これ全部食うと高血圧にコレステロール溜まりそう。でも癖になる味なのよね。今度は鮪がベースと言う、塩味食べよっと。( ^ω^ )ニコニコ
ごちそうさま。

で、恒例の場所は此処ね。

2015/01/03

2015年ライスボウルは凄い面白かったよ。

今日は、年始恒例アメリカンフットボールの最大のイベント”ライスボウル”を細君と見に行きました。



いや~、戦前の私の予想を良い意味で裏切って貰いました。凄い接戦。終盤までもつれてスリリングな試合でした。 この要因は、関学のスカウティングがばっちり決まっていたことと、富士通のQBが1St QBが怪我をしたのか2ND QBに変更。したためでしょう。



関学スカウティングで、攻守とも富士通を苦しめたのですが、ファーストクォーターでギャンブルを2回。タッチダウン間際のところで、ランを選択せず、トリッキーなパスで得点を逸するなど、強行&強襲で自滅した感がありますね。ま、力の差を認識してるために、トリッキーな手を打たなければならないのは分かりますが。



富士通の2nd QBがインターセプト2回献上してることを考えると、関学は普通の攻めていたら勝てたかもしれません。それほどの接戦でした。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »