最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/30

スイーツ探訪記73

さて、今回は久しぶりに神田 竹むらに寄ることに。

Photo_5

神田 竹むらは創業昭和5年の老舗甘味処。此処に来たら、やっぱり揚げまんじゅうを食べねば。夏でもね。

Photo_6

でも、今日はやに流行っているな。それも若い人が一杯。そのせいか、昔は桜茶が先に出てきたはずなんだけど。(^^ゞ
出てきた揚げまんじゅうも心なしか小ぶりになった様な。

Photo_7

ま、それでも食べてみると、懐かしい味が口に広がります。良い油で揚げた香ばしい風味に、嫌味の無い小豆の甘みが加わり何とも言えない良い味が出ている。決して砂糖などでは出せない清楚な甘さ。これぞ、日本の味って感じ。流石老舗の風格と粋を感じさせる一品です。
あ~、旨かった。(^^ゞ

で、恒例の場所は此処ね。

B級グルメ探検隊129

今回のB級グルメ探検隊は、神田神保町にある、欧州カレーの有名店。ボンディーへ参上。
ま、それにしても分かりづらい所にあるよな、この店。happy01
古本屋街に足繁く通わないと分からんよ、入り口路地裏にあるし。

Photo

昼前なのに、相席になる盛況ぶり。
注文は、ポークカレーの辛口に。

Photo_2

Photo_3

早速食してみると、う~ん、コクがある。辛さを感じるよりも甘さを感じるほど、野菜等がじっくり煮込まれた味。カレーと言うよりシチューに近い味わい。決して辛さが無いわけでは無いけど、味的にまとまっていて辛さより風味が勝っている感じ。

Photo_4

付け合わせのジャガバタも美味しく、値段相応の味。
美味しくいただきました。
ただし、個人的にはまとまりすぎていて、カレーらしからぬ感じがぬぐえない。美味しいってのは割と数値化出来るけど、旨いはそれプラス個人的な好みが入る ような気がする。このカレー美味しいけど、旨いかは少々疑問.。私的にはカレーってある意味尖ったところが必要なのでは。そう言う意味ではこのカレーはま とまりすぎていて、旨いまでは行かない感じ。
やっぱ、個人的には、神田では共栄堂かな。(^^ゞ

で、恒例の場所は此処ね。

2014/08/27

ラーメン放浪記388

館林巡回シリーズ?第6段?かな?ヾ(^^ )
さて、今回は森田屋支店緑町店へ。これが如何にもラーメン屋然としてるのが良いんだよね。

Photo

Photo_2

さて、注文はチャーシュー麺に館林では定番のモツ煮としました。
早速、スープをいただくと、あれ?味変えました?一寸醤油の味が一歩前に出てきた感じがするんですけど。前はもっと淡泊だったような気がするけど。

Photo_3

Photo_4

ま、それでもベースは鶏の出汁の効いた節系と野菜の味が渾然一体となった滋味豊かな味。尖った味では無いけど、ほっこりする味。
これがラーメンですよ。最近のこねくり回したラーメンには辟易してしまうところがあるよね。蟹だエビだなんて高級食材使うのがラーメンかって言いたいよな。
で、麺の方も変えましたね。前はもっと館林ラーメンスタンダードなピロピロ麺だったのに、堅めに成っている。個人的にはこちらの方が好み。
モツ煮も至ってシンプルにして美味しかった。

Photo_5

ごちそうさまでした。
ラーメンの保守本流を食べた気がします。

で、恒例の場所は、此処ね。

2014/08/23

ラーメン放浪記387

両国の江戸東京博物館でやっている”思い出のマーニー×種田陽平展”の帰り、汁麺屋”胡坐”へ気になっていた8月限定ラーメンを食しに。

Photo_2

それが翡翠スープの冷やし麺”。
う~ん、見た目が緑一色。これぞ翡翠麺。
早速食してみると、鶏ベースだろうか、爽やかな出汁の塩のつけつゆとともに細麺が口の中にするすると入っていく。全く新しい食感。

Photo_3

サラダラーメンって感じ。とっても爽やかな味。麺も自己主張せず、スープと一体になっているのが良いよね。

Photo_4

で、醤油ベースのつゆがジュレになっていたり、ゴーヤはじめ色とりどりの野菜が賑やか。更に鰺の切り身(肉類は無い)がアクセントになっていて今までに無いヘルシーで新感覚のラーメンを堪能しました。

Photo_5

お勧めします。是非ご賞味を。

で、恒例の場所は此処ね。

江戸東京博物館へ「思い出のマーニー×種田陽平展」を見に行く。

今日は、嫁さんと先日行った久石譲さんコンサートで貰った割引券を使って、両国江戸東京博物館でやっている”思い出のマーニー×種田陽平展”へ行ってきました。

Photo

種田氏の造形美もさることながら、やはりスタジオジブリの背景画を描く人たちの技量のすばらしさは世界一級品だと再認識しました。
ジオラマや、マーニーの部屋を再現した所など見所一杯でしたね。
でも、これであんな綺麗なアニメが見られなくなると思うと悲しいな。
ジブリのアニメーターって日本が誇りうる職人なのに。
ちゃんとバックアップしなきゃ、クールジャパンなんてあっという間に凋むね。


2014/08/16

B級グルメ探検隊128

私の第2に聖地?神保町へ書店放浪のの旅へ。
で、神保町はカレー激戦区。その中で新店を開発すべく選んだのか”マンダラ”さん。

Photo

入店すると、神保町には場違いなお洒落な?店。あくまで本格的なカレーの店ね。
で、ランチメニューCを選択。ナンに1種類のカレー、ヨーグルトのセット。
選んだのは、マトンのカレー。辛さは普通。(日本人取って普通ね。これが最低ライン)

Photo_4


早速、ナンから食べてみたが、こちらは標準レベル。可も無く不可も無し。
さて、肝心のマトンカレーのスープをいただくと、う~ん、こちらは本格的なインドカレー。スパイシーで大変美味しい。私の食べた中でも上位の部類に属しますね。辛さ日本人にはちょうど良いぐらい。もう一寸辛くても良いかな。

Photo_5

マトンもごろごろ塊が大量に入って居て食べ応え有り。硬からず、柔からず、ちょうど良い煮込み具合で美味しい。

Photo_6

総じて、レベルの高い本格的なカレー屋さん。若干神保町にしては高いかなとは思います。ま、あまり野郎が一人で行く所でもないかな。野郎なら適切なカレーライス屋(あくまでカレーライスね)が一杯あるし、神保町には。(^^ゞ
ま、デートに使って下さい。

で、恒例の場所は、此処ね。

ハリウッド版コジラを見る。

昨日は、嫁さんとレイトショーで”ゴジラ”を見てきましたよ。
一言で言うと、あくまでハリウッド映画ですよね。
ゴジラの設定が、最初から放射能をエネルギーとして生きながらえてきた古代生物って設定は貧弱だよな。
ま、核の親玉のアメリカが核爆弾で大怪獣になりましたって設定できないよな。また、右傾化している現在日本でも初代ゴジラの設定をそのまま継承するのは無 理。って、事で何ら社会的なメッセージが無い只の怪獣映画になったのでした。多少なりとも、自然の前では、人間は無力ってのは出ているけど、所詮、初代ゴ ジラを超えるゴジラを作ることは不可能だと再認識しちゃった。
で、只の怪獣映画としてみれば、流石ハリウッド。膨大な予算で作るゴジラは迫力満点。超巨大スペクタクル映画として見れば十分満足できる映画でしたよ。そういうつもりでお子様と見ましょうね。
で、物心ついたときに初代ゴジラを見せましょう。

で、今度は、ラドン・モスラ・キングギドラも出るそうなので、純粋に怪獣映画として楽しみにしております。

2014/08/14

ラーメン放浪記386

コレド室町で、”アートアクアリウム2014”を見て、昼飯に選んだのが、”日本橋 製麺庵 なな蓮”さん。

Photo

この間は夏休みでしたのでリベンジです。選んだのが濃い出汁の麺+特製トッピング。しめて1000円なり。

Photo_2

早速スープをいただくと、豚骨魚介系を感じさせる様な濃い出汁。でも比内地鶏を使っているとの事。それにしても風味と言い、濃さと言いかなりハイレベル。 ま、こちらはスタンダードより、魚介系を多めに取っている為でしょうけど、前回の秋葉原の店と比較すると一寸差がありすぎるぐらい、風味が豊かなんだけ ど、しつこくなくて旨いんだな。

Photo_3

麺も国内産小麦粉を石臼でひいて店内で製麺している様ですよ。細麺ストレートながら、歯ごたえと喉ごしが良い案配で秀逸です。
この店は特製トッピングを付けた方は良いみたい。炙りチャーシューや煮卵も美味しかったです。
お近くにお寄りの時は是非ご賞味を。

で、恒例の場所は、此処ね。

アートアクアリウム2014を見に行く。

今日は先日のリベンジで、”アートアクアリウム2014”再度行って参りました。happy01
開場は、11時なのに、9時に到着。如何に何でも早すぎたと思ったら、既に十数人開場の4階に来ている。bleah
ま、後で分かったことですが、モーニングチケットなる期日指定の10時より入場可能な券があるようです。ゆっくり見たいならこの券を入手した方が良いでしょう。

さて、ゲームで暇を潰している内に開場の時間です。
開場は更にエスカレーターで上って5階。開場に入ると、暗い中にポット明かりが点った色とりどりの容器に金魚は居ます。

P1020868

変わった嗜好の容器と照明は幽玄な世界へと誘います。

P1020880

何時まで見ても飽きない美しさ。日本人いや、江戸の人々は何故、こうも金魚を愛でるのでしょうか?
その江戸の粋を現代アートが更に神秘な魅力を付け加えます。

P1020917

屏風になぞられて容器の中に泳ぐ金魚は生きた芸術。その玄妙なる魅力は写真ではとうてい写しきれません。
これは、やはり実際に会場へ行って楽しまれる事をお勧めします。

夢の中にいるような、楽しい1時間でした。

2014/08/13

ラーメン放浪記385

秋葉原へ珈琲の豆を仕入れ&巡回ついでに、新店のラーメン屋へ。
それが、”麺や海渡”さん。この場所店が続かない不思議な場所。場所的には秋葉原で有名な”サンボ”さんの脇を入ったところで人通りが少ないわけでは無いんだけど。特にPC自作派にはなじみの場所。

Photo

さて、売りは鶏白湯魚介系だしとのこと。
早速スープをいただくと、所謂豚骨魚介系より端麗な味で、この辺が狙いなんだろう。豚骨魚介系があまりにも幅効かせてるからね。

Photo_2

ちなみに、トッピング無料サービス券でシナチク増量して貰いました。このシナチクが太くて美味しい。
で、特徴的なのは、鶏肉と豚のチャーシューが入って居るところでしょうか。個人的には豚さん抜かして、鶏肉多い方が良いと思うけど。happy01

Photo_3

麺も細めのストレートで小麦の香りが漂う、歯ごたえと喉ごしを両立させて良質な麺。これは、一級品。

で、スープは美味しくて良く出来た物とは思いますが。個人的には多少気になる点が。濃いめの&しつこさが出てしまう豚骨魚介系を避けて鶏白湯にしたんだろうけど、なにか中途半端な気がする。
味的には、6:4~7:3ぐらいで魚介系が前面に出て、鶏の味が下支え的になっているんだけど、イマイチ深みが無いのに、端麗さにも欠ける気が。ま、この 辺個人的な好みがでるけど、そうすると万人受けしないって事でもあるんだよな。ま、この辺今後の微調整を楽しみにすることにしましょう。

で、今後の展開を楽しみにします。

恒例の場所は此処ね.。

2014/08/12

ラーメン放浪記384

どちらがメインなんだか分からないけど、せっかく池袋へ来たのだから、何時も気になっていた中国家庭料理楊2号店へ.。そう、「孤独のグルメ」に出てきたお店。やっぱ本に書いて有るとおり路地裏で見つけるのに一苦労。昼前に入るも、ほぼ満席状態.相席になって着席。

Photo_3

やっぱり注文は番組同様、汁なし担々麺に焼き餃子。(^.^)
ちょいと待って汁なし担々麺が先に出てきたので、早速まぜまぜして食してみると。う~ん効く!。ストレートに舌に来る辛さは刺激的。でも変に纏わり付く辛 さでは無いね。どちらかというと最初はラー油の辛さが感じられる。で、ピーナッツがふんだんに使われているので甘さも感じられて日本の担々麺とは一線を画 す味。癖になる辛さですね。どんどん麺が食べられる。そうこうしているうちに、麻の辛さ、痺れる辛さもじわじわと感じられて来た。それでも水を飲めばさっ と引いていく。

Photo_4

Photo_5

辛さに病みつきになりながら食して行くも、ビーナッツの油も加わって重たくなってきた。この辺は年齢による限界かな。お年寄りは、2人でシェアしてもう一品頼む方が良いかも.。
さて、担々麺が終了間際、焼き餃子のお出まし。
番組同様、はねつき餃子以上にぱりぱり部分が広がって餃子が見えない。(^.^)

Photo_6

Photo_7

そのはねの部分を壊して、餃子をいただくと、小ぶりの餃子から半端ない肉汁。小籠包並みにジューシーな餃子。この肉汁の脂身だけで十分美味しくいただける の醤油は不要ね。かえって肉の味が損なわれるぐらい、さっぱりしていながら、十分インパクとある美味しい味を出しております。
今度は、麻婆豆腐食べよっと、隣りの人が食べていたけど、すげー美味しそうだったよ。(^.^)
変に日和らない、本格的な四川料理を食べさせくれるこのお店は、B級グルメの鏡のようなお店ね。

で、恒例の場所は此処ね。

大ゴジラ特撮展を見に行きました。

今日は池袋サンシャインシティでやっている大ゴジラ特撮展へ行ってきました。

結構空いていましたね。ま、同じ建物でジャンプ博や、プリキュア、ウルトラマンやってたものな。(^^ゞ
展示自体は少々貧弱だったけど、撮影禁止のセクションの所は実際当時使われていたものが展示されいて歴史的に貴重かな。特に私の目を引いたのは初代ゴジラ で芹沢博士役の平田さんが実際身につけた潜水道具なんてのは涙ものですね。後は、撮影禁止だけど、実際使用した着ぐるみは圧巻だったな。重そうだし。 (^^ゞ
子供より、大人の方は真剣になったりしてね。

Photo

Photo_2

今週末までですので、興味のある方はお急ぎを。(^.^)

2014/08/11

らーめん放浪記383

恒例のラーメン放浪記。今回は、都会のど真ん中に出動。

で、行ったのがコレド室町。
そこで、やっているアートアクエリアムを見に行ったのですが、開場5分前でも地下の待機所(はっきり言って地下鉄の通路)に長蛇の列。脱線するけど、 これって良いの?ま、そんなんで諦めリベンジを誓うので有った。(^^ゞ。その近くの路面店の狙っていたラーメン屋も夏休みなので、コレド室町にある”と んこつらーめん俺式”に入ることに。ここは所謂有名な”ラーメンせたが屋”プロデュースの店。

Photo

その実力は如何に?で、頼んだのが味玉豚骨ラーメンにランチメニューの卵かけご飯。締めて、1000円。

Photo_2

Photo_3

早 速スープをいただくと。う~ん、そつの無い味。旨いんだけど、どうしてこういう形態の店って可も無く不可も無い味にするんでしょうね。何の深みも無い。 ま、経営上仕方がない点もあるけど、面白みの無い味。麺の方も硬め(硬さは注文できる)で頼んだけど、こちらは博多風の麺。でも、スープは豚骨でも博多風 では無い。なんやこれ?何処を狙っているのか理解不能なラーメン。

Photo_4

で、卵かけご飯にはチャーシューらしき肉の断面が入っている。あのさ、卵かけご飯ってシンプルが信条でしょう。余計な具材入れない方が良いよね。もしくは肉にもっと味付けないと入れる意味ないし。これも何処狙っているのか理解不能。
ま、やっぱり、ラーメン屋は路面店で三ちゃん営業の店が旨いよなって再認識しちゃった。と、言う落ちでした。(^_^;)\(・_・) オイオイ

2014/08/10

久石譲(指揮)&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ2014 を聞いてきました.

昨日は、嫁さんと、”久石譲(指揮)&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ2014”をサントリーホールへ聞きに行きました。

Scan000002_3



いや~競争倍率が高くて第2希望のB席を取るので精一杯。で行って見たら、あれ初めてのサントリーホールの裏の席。一寸音響が心配ですが仕方がありません、(^^ゞ
でも、ほぼ満席。流石有名人の久石さんのコンサートと改めて確認.(^.^)
演目は、貼り付けた写真を参照し下さい。(^.^)
でも、この裏の席結構面白い。オーケストラの各演奏者の動きがかぶり付きで見えるし、スコアーも見られる。音自体は、各パートの音がはっきりしていて音響としてはイマイチだけどそれほど悪くは無いな。ま、そのへんがサントリーホールの図抜けて音響が良い事でもあるけど。
さて、注目すべきは、世界初演の交響ファンタジー「かぐや姫の物語」かな。和楽の要素を取り入れた斬新にして聴き応え有る良い曲ですね。久石さんの非凡さが分かる一曲です。
後は、ばりばりの現代音楽作曲家の「ペンテレツキ氏の鎮魂の時「広島に捧げる哀歌」が聴き応え有ったな。2001年宇宙の旅に使われたリゲティの「レクイエム」を彷彿とさせる心に直接響く音楽ですよ。現代音楽と言うと、私にとっては只の音の羅列にしか過ぎないけど、現代音楽の不協和音を微妙な線でバランス取っていて聞かせてくれる気になる音楽でしたね。新たな発見。でも、日本のクラシックのコンサートって有名で穏当な曲しか選曲しないきらいがあるんだよな。興行的には仕方が無いけど、これって負のスパイラルだと思うけど。最初の一曲ぐらい新進気鋭の作曲家の曲を演奏して欲しいよな。昔年間会員だった東京シティフィルは積極的に採用してたもの。
で、その現代音楽の時の譜面が五線譜でなく、別な譜面で演奏していた。あれは何でしょう?知っているひとが居たら教えて下さい。m(__)m
ま、あとは「風立ちぬ」とか「魔女の宅急便」の音楽はやはり目の前に映像が浮かんで楽しかったですね。
で、ふと思ったのは、オーケストレーションとかは上手いんだけど、この曲達が100年後も演奏されるのかってこと。
先にも書いたけど、久石さんは有名だから自分の曲を演奏できるけど、現役ばりばりの作曲家の発表の機会ってほとんど無いでしょう。それって所謂クラシック音楽は負のスパイラルの完全に入っちゃているきがする。新垣さんみたいに才能があっても貧乏暮らしってのは如何な物かなと。(^^ゞ

そうそう、終演後ロビーで生高畑さんを目撃しちゃった。気がついている人居たのかな?
関係者の人に呼び止められていたみたいだけど.。
で、高畑さんはどうするんでしょうね。ジブリが制作部門解体しちゃったし。

ま、そんなわけで席が裏だったって事で楽しいコンサートでした.
終演後、アークヒルズの陳麻婆豆腐店で麻婆豆腐その他を嫁さんと食べて帰りました。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »