最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 白菜を見に上野へ | トップページ | 新クラシックの扉 第39回に行く。 »

2014/07/05

ラーメン放浪記377

さて、今日のラーメン放浪記は。

Photo

両国にある”汁麺屋 胡座”と書いて、あぐらと読むらしい。

店内は、日本料理屋を思わせる清潔感の有る作り。若い2人で切り盛りしています。あまり、ネームバリュー無いためか、地元民が多い。地元民に愛されている店のよう。
さて、オーダーは、看板メニューらしい、濃厚つけ麺大盛りとしました。

Photo_2

さて、出されたつけ麺の麺を何時ものように素でいただくと。つけ麺にしては細麺ながら、しっかりとした歯ごたえ、喉ごしも良し。噛んでいると小麦の香りがする秀逸な麺。

Photo_3


で、付け汁に付けて食してみると。所謂オーソドックスな、魚介豚骨の付け汁ながら、ひ と味ちがう。濃厚なのはそうだが、滋味が濃いと言うか、一段奥行きのある味。一般化された味付けでその中で違いを付けるのは難しいだろう。それをやっての ける此処の店主の腕は相当高いと感じた。かの有名はつじ田より遙かに旨い。お勧めします。

Photo_4

で、近々再訪しよっと。夏限定メニューが気になる方。(^^ゞ

Photo_5

で、恒例の場所は此処ね。

« 白菜を見に上野へ | トップページ | 新クラシックの扉 第39回に行く。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/59932468

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記377:

« 白菜を見に上野へ | トップページ | 新クラシックの扉 第39回に行く。 »