最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記378 | トップページ | B級グルメ探検隊125&秋葉原グルメマップ25 »

2014/07/11

ラーメン放浪記379

今日は館林ラーメン巡回編第2弾。
そこで選んだのが私のお気に入りの”つけ麺 弥七”さん。

Photo

ここのつけ麺は旨い。ただし、昼しかやらないのが惜しいところ。
で、ここの特徴は、通常のメニューも美味しいけど、店主の気まぐれで限定メニューが出るところ。
で、今回は”根元”だそうで、それを注文。
今回のつけ麺は通常使う、カタクチイワシではなく、平子煮干を大量に使っているそうな。http://www.fushitaka.com/hanashi3.html


で、使いすぎてこすぎるので食べる人は覚悟せよってさ。楽しみ。

Photo_2

で、早速出された、麺をいつものように素でいただくと、つけ麺にしてはのどごし抜群。その上歯ごたえは十分ある秀逸な麺で、仄かな小麦の香りも堪能できるすごいいい麺。久しぶりに感激出る麺です。

Photo_3

Photo_4

で、その麺をつけ汁につける と、これが口上に違わぬ今までに経験したことがないほどの粘度。煮込んだカレー並み。それを無理やり?付けていいただくと。う〜ん、ベースは魚介豚骨なん だろうけど、ほとんど節系の味が全面に出ている。味が濃いのに、しつこくない。ま、これが節系の成せる技何でしょう。で、節系が多いと口当たりがぱさつく 傾向にあるけどそのあたりはうまく処理していて気にならない。凄い技と関心。
このぐらい濃いとつけ麺の一番の大敵、温度低下も気にならないで最後までいただきました。

Photo_5

さて、勘違いして頼んだライスがここで大活躍。
残ったつけ汁に入れて、リゾット状態に。
で、食すと、これまた旨い!粘度的にはカレーを食している食感なんだけど、味は、美味しい味噌汁ご飯な感じで新たな料理が出来た感じ。いや、感動しちゃった。店には電子レンジもあるのでチンすればもっと美味しいかも。

Photo_6

流石に、食後は口がざらつくけど、濃い味好きな人には是非おすすめできる一杯です。
美味しゅうございました。

で、恒例の場所は此処ね

« ラーメン放浪記378 | トップページ | B級グルメ探検隊125&秋葉原グルメマップ25 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/59965645

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記379:

« ラーメン放浪記378 | トップページ | B級グルメ探検隊125&秋葉原グルメマップ25 »