最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新クラシックの扉 第39回に行く。 | トップページ | ラーメン放浪記378 »

2014/07/06

B級グルメ探検隊124

根津にうどん食いに行ったが、その筋では有名な店だった為、12時に付いたときには長蛇の列。団体さんもいるようなので清く諦め。近場で手持ちの札を切ることに。

Photo

で、久しぶりに湯島にある”手打ち古式蕎麦”へ寄りました。
古式蕎麦とは、
http://www.jlogos.com/d053/14071253.htmlだよ。

、オーダーは古式蕎麦のもりを注文。
で、出てきたのは相変わらずどんな田舎蕎麦よりも黒々とした見た目が目を引きます。(^^ゞ

Photo_2

Photo_3

で、その食感は、蕎麦とは思えないような歯ごたえ、そのせいか多少喉ごしが犠牲になっているけど、許容範囲。この辺の微妙なさじ加減が腕の見せ所でしょう。独特の香りも楽しみの1つ。
で、付け汁が最も特徴的。
大根のおろし汁に、生醤油を好みで混ぜて食すのですよ。
これぞ、蕎麦の醍醐味と言うか、日本人にしか出来ない発想。
で、付け汁と付けて食すと、シンプルな味ながら滋味を感じさせる爽やかな味。よほど、素材を吟味しないと破綻してしまう一品。それを食べさせるのはやはりこの店ならでは。
美味しゅうございました。でも、本物のの蕎麦屋って何で量が少ないのとは思うけど。(^^ゞ

で、恒例の場所は此処ね。

« 新クラシックの扉 第39回に行く。 | トップページ | ラーメン放浪記378 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/59938142

この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ探検隊124:

« 新クラシックの扉 第39回に行く。 | トップページ | ラーメン放浪記378 »