最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/29

白菜を見に上野へ

昨日は、嫁さんと上野へ白菜を見に行きました。

Photo

別に野菜を買いに行ったのでは無く。国立博物館で今開催さている。台北 故宮博物院展を見に行ってきたんですが。

Photo_2

Photo_3

やっぱり、メインは翠玉白菜でしょう。で、7/7までの限定展示なので大混みを予想、この期間は午後8時まで開館なので、午後3時頃入館人をやり過ごそうと思いきや。
やっぱり、翠玉白菜は別室展示で、90分待ち。(^^ゞ
なので、平成館でやっているその他の展示を先に見ることに。
それでも、見応え有りましたね。青磁に、白磁。漆器具に刺繍と王羲之を初めてする書。それに山水画、いやはや、やっぱり人類の至宝と呼べる逸品ぞろい。台北で見たときの感動が蘇りましたよ。わくわくするような展示会。

Photo_4

で、十分堪能して5時頃出て、翠玉白菜を見に行ったら、まだ80分待ち、それでも待つことに。
で、それでも60分ぐらいでお目当ての翠玉白菜を見るとやはり絶品。人類の至宝。良くもこんな聖地に彫れる物です。至芸と言えるでしょう。
ただ、一寸照明の当て方に疑問が。変に展示物にてかりがあるのは見にくい。保管展示物の展示の仕方にも改善の余地が有るのが散見されるのが残念。
なには、ともあれ。日本でこれだけの芸術作品を見られるのは今後そうそう無いでしょう。お勧めします。入館は午後5時近辺が宜しいかと。(^^)v

2014/06/28

B級グルメ探検隊123

過日歯医者に行くために半休を取った。
で、ついでなので昼にしかやってない店へ再訪。

Photo

それが、館林の”まるなかうどん”。あまり知られていないが、館林はうどんの旨いところ。一応、群馬では三大うどんの地ではありますが。
そのなかで、私的には一番うどんの旨いのがこのお店。ま、家族でやっているので昼しか空かない、商売っ気がないのが玉に瑕。

Photo_2

さて、今回は日替わりでやっているサービスメニューで、今日は天もりうどんなのでそれを注文。
早速、うどんのそのままでいただく。讃岐うどんより歯ごたえはないけど、独特のぬめりを持っていてのど越しは最高。程よい歯ごたえとともに、すごいバランスの良いうどん。ま、好みの問題だけど、個人的には讃岐うどんよりこちらのほうが好みかな。

Photo_3

さて、つけ汁は甘目で自己主張してないけど、うどんのよきサポーターって感じ。前回は天ぷらの揚げ具合がよろしくなかったけど、今回はベリーグッド。量といい彩といいいい仕事です。
大変満足いく昼食でした。

Photo_4

館林にお立ち寄りの際は、ぜひご賞味を。定休日は木曜日となっております。(^.^)
場所は此処ね。

2014/06/24

秋葉原の新名所

先日、秋葉原に新たに出来た”mAAch ecute”へ行ってきましたよ。happy01

Maach

ここは、旧交通博物館。ま、その前は万世橋駅何だけどね。
で、その跡地にできたのが、mAAch ecute  てわけなんだけど、妙におしゃれで秋葉原に似合わないなと、個人的には思うんだけど。って、最近秋葉原お洒落になりすぎて居心地悪いんだけど。bleah

ま、そんななか、目的は旧万世橋のプラットホームに突き出した形でできた軽食屋から電車を見ること。

Cafen3331

入口は、別にこちらから入るようです。

Cafen3331_2

趣のある階段を上がると、"cafe&和酒N3331”に到着。happy01

で、コーヒーを注文して、くつろいでいると。


次々と中央線快速がスピード上げて通って行くのですよ。

鉄っちゃんにはたまらない場所でしょうね。

結構面白い処なので、おすすめします。


2014/06/22

B級グルメ探検隊122

さて、今回のB級グルメは。happy01
我が聖地、秋葉原に新しく出来た”肉めし岡むら屋”秋葉原店へ。

Photo

で、注文はぜんぶ乗せ(デラめし)を注文。

Jpgtmp

さて、早速食してみると、甘辛くにた豚のバラ肉が豚の角煮となって、ま~美味しい部類かな。特に大根と豆腐の煮物は結構いける。
作り方は、おでんのように材料を煮込んで、丼に乗せるので東京ちからめしよりペネトレーションはしやすいでしょうね。

Photo_2


でも、端的に言うと、味的に深みが無い。吉野家が隣りにあったら、吉野家に行くだろうね。
物珍しさで入るけど、町中にあふれたら飽きられるような気がする。基本的にかつての吉野家のように一歩足打法の経営だからな。
今後は、吉野家の様に、深みのある煮汁が出来るかにかかっている様な気がします。

2014/06/21

B級グルメ探検隊121

さて、何故はうどんづいている今日この頃。
今回もうどんを食いに、本郷三丁目まで出張りました。

Photo

此処は、立ち食い形式の讃岐うどんさんの”こくわがた”さん。
今日は大将が食中毒?でぶっ倒れたとのことでメニューがすくないとのこと。wink

Photo_2

Photo_3

で、注文は生醤油で食べる醤油玉うどんに、鶏天とちくわ天を追加。食券に付いてる番号を呼ばれるとセルフで取るシステム。要は揚げた順なので揚げたてが食べられます。
さて、うどんの方も冷水で冷やしたうどんに自分で生醤油を掛けて食べる至ってシンプルな物、その分うどんの善し悪しにかかってくる。で、そのうどん。その ままで食してみると、先週の丸香よりやや柔らかめであるが、やはり独特の歯ごたえ。喉ごしとの兼ね合いからするとこちらの方が食べやすいかな。

Photo_4

で、卵と生醤油を混ぜて食べると、シンプルイズベストな味わい。ま、この味のありがたみは日本人じゃ無くちゃ分かるまいって感じかな。ちくわ天も鶏天も揚げたてて温かく美味しかったですよ。
で、一寸残念なのは、温度が中途半端のような気がする。東京でうどんを冷やすとなると、水道水では限界がある。立ち食いでは氷を使うわけにも行かないだろ う。やはり此処は井戸水で冷やした方がより味が引き立つだろなと思った。でも、東京で味わう讃岐うどんとしては十分美味しいと思います。

で、恒例の場所は此処ね。

2014/06/17

ラーメン放浪記376

最近は暑さに負けて、冷やうどんに浮気をしておりましたが、本命はやっぱりラーメン。happy01

って、ことで。今回は久喜市にある”栄えラーメン”さんへお邪魔しました。wobbly

Photo

久喜市の郊外の一軒家。小ざっぱりした佇まいは好感持てます。
店内も清潔感があって良いですね。

Photo_2

Photo_3

さて、注文はネギラーメンに餃子としました。
早速スープをいただくと。基本的な味は佐野ラーメンなのですが、それにプラスして独特の風味があるスープに仕上がっています。昆布系が多いのかな鶏ベースの出汁に更なる深みが増しています。佐野ラーメンを更に美味しくした感じ。麺は佐野ラーメン固有の一寸柔らかめの手打ち麺。喉ごしが良くて、歯ごたえも残した良い仕事をしている麺です。このスープとは絶妙なバランス。餃子も美味しいんですが、一寸小ぶりかな。ラーメンと食べると、ラーメンの個性が勝っちゃう感じで味が楽しめないのが惜しいかな。もう一寸大きくした方が良いかも。
で、総合的には断然お勧めします。わざわざ行く価値ありですね。
で、恒例の場所は此処ね。

2014/06/14

B級グルメ探検隊120

う~ん、連続更新。(^^ゞ
さて、今日はお茶の水へうどんを食べに出かけました。

Photo

そのお店は、”うどん 丸香”さん。
結構並んでいる。(^^ゞ、20人ぐらいかな。それでも回転が良いから十数分で入店。

此処は、讃岐うどんの名店”山越”さんで修行された人の店だそうです。で、讃岐うどんなら釜玉なんでしょうが、流石に熱いので注文はかけの冷たい”冷やかけ”としました。トッピングとして、海老のすり身天麩羅”赤天”とちくわ天をトッピング。

Photo_2

Photo_3

早速うどんをうどんをいただくと、これが独特な歯ごたえ、凄い弾力があるのに適度ところでかみ切れる。流石日本3大うどんと納得。いりこだしの風味豊かな 出汁と相まって絶品な味わい。この出汁はシンプルにして芳醇、日本人にしか出せない味でしょうね。こねくり回せば良い味だ出ってもんではありません。い や、日本人に生まれて良かったなと実感する味。エビ天の”赤天”も独特の風合いが出て美味しいけど、ちくわ天が非常に美味しかった。自家製でしょうね。こ れはトッピングとしてお勧めです。

Photo_4

で、完食しました。(^^)v今度は寒くなったら釜玉食べに行こっと。(^^)v
此処はお勧めしておきます。

で、恒例に場所は此処ね。

2014/06/13

B級グルメ探検隊119

さて、歯医者へ行く関係で半休を取り早めの夕食と言う事で。
明日の健診もある事で健康的な外食を。(^_^;)\(・_・) オイオイ

亀戸にある”自家製うどん はんなりや”へ入店。

Photo

で、選んだのが、夏野菜10種うどん。

10

此処は、ずっと以前から独立系のうどん屋があったところで、セルフの讃岐うどん屋になったりして業態が安定しない店なんだけど、結構饂飩自体は美味しい。今回の夏野菜の饂飩も讃岐風の饂飩は歯ごたえがあって喉ごしも宜しい。一寸風味が欠けるのが難点かな。

10_2

でも、商品のコンセプト自体は秀逸だと思う。なすも素揚げしてるし、丁寧な作り。胡麻だれと相まって美味しかった。近くに寄ったら食べて良いでしょう。(^^)v

で、恒例の場所は此処ね。


2014/06/11

ラーメン放浪記375

おばんです。(^^ゞ
性懲りも無くお送りするラーメン放浪記。
今回は、群馬県で一大勢力を成す、景勝軒グループの”麺絆 景勝軒”へ行ってきました。

Photo

で、注文はお勧めって事で、ソルトバターつけ麺と焼き餃子を注文。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

まずは、恒例の麺を直接いただく。中太ストレートながら、純分な歯ごたえとのど越しを両立した逸品。大勝軒系で食した麺の中では一番おいしいかな。甘みも感じるし。

Photo_5

で、つけ汁につけて食すと、コクがあるのにさっぱりとしたつけ汁。結構うまい。バターが効いているんだろうか、濃度としては薄いけど、コクも感じられる。 ま、あんまり味的には奥行きは感じられないけど。この辺がチェーン店かな。ま、チェーン店にしてはいい味出していると思う。近くに寄ったら食べても損はな いけど、わざわざ行くほどでもないな。餃子は普通でした。

Photo_6

で、恒例の場所は、此処ね。

2014/06/04

B級グルメ探検隊118

季節外れの猛暑が続いております。こんな日は、やっぱりカレーね。(^^ゞ

Photo

で、館林市にあるタイ料理”キンジューヤンタイ”って店に行ってきました。此処は、タイ人の兄弟がやっている店。本格的なタイ料理が食べられるとのこと。

Photo_2

店に入ると、タイの市場に漂う、すえた酢っぽいような臭いが漂って懐かしかったね。

Photo_3

Photo_4

注文は、”ケンペットデーン”(レッドカレーの大辛)とデザートに”カルモーケン”と言う、焼き菓子。
さて、レッドカレーのスープを頂くと、まさに本場のタイ料理のカレー。辛くて酸っぱい刺激は懐かしくなってくる。凄い辛いのだが、後に引かない刺激。この 辺が特徴だよね。洗練されていないけど、次々と食したくなる独特の風味は逸品。タイ米との相性も抜群で美味しく頂きました。デザートのカルモーケンもしっ とりしたカステラ風味のスイーツ。タイのスイーツは甘いだけの物が多いけど、これって結構いける。

Photo_5

タイは鶏が美味しいから、今度は鶏の唐揚げと麺でも食べに行こうっと。(^^ゞ

で、恒例の場所は此処ね。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »