最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記357 | トップページ | ラーメン放浪記359 »

2014/01/14

ラーメン放浪記358

う~、寒い。shock
ま、冬生まれな私には活動しやすいけど。(^^ゞ

さて、性懲りもなくお送りするラーメン放浪記。
今回は佐野にある”佐野ラーメン くにや”さんへ行ってきました。happy01

Photo

去年の9月に出来たばかりのようです。外観&内装はほとんど一般家庭に厨房+客席を付けたような作り。lovely

Photo_2

口上によれば、割烹(自宅)を改造したとか?一寸期待。(^.^)

さて、注文はネギラーな私はネギラーメンとサイドメニューに珍しさも手伝って”ぷるぷる豚足”を注文。heart04

Photo_3

初めに”ぷるぷる豚足”が供されたので、早速頂くことに。
味付けにゆずポン酢がかかっていて、ゆずの良い香りが鼻腔を擽る。

Photo_4

箸でほぐすと、ほろりと取れるほど柔らかい。そのゼラチン質を食すと心配していた臭みが無く、油のほのかな甘みとゆずポン酢の酸味が重なってさっぱりした中にこくのある良い味が出ている。若干ゆずポン酢の味が勝ちすぎているような気もするけど割と豚足が淡泊だからこの辺のバランスで良いのかな。でも、結構豚足って敬遠してたけど、煮方も上手いんだろうけど美味しかったよ。

Photo_5

そうこうするうちに、ネギラーメンの到着です。lovely

Photo_6

ラーメンにしては珍しいトッピングとろろ昆布が彩りを添えています。shine
さて、早速スープをいただくと、う~ん、旨い。今までの佐野ラーメンとも一線を画す出来映え。
より出汁が効いていて深みが増している。高級料亭の吸物風味のスープに仕上がっています。いや、これはなかなか無かった味ですよ。で、とろろ昆布をしみこませて飲んでみると良い案配にとろみが増して更に美味しさアップ。

Photo_7

麺の方も、佐野ラーメンの伝統が生かされている手打ちの麺は腰があって歯ごたえと喉ごしを両立させた珠玉の麺ですよ。

いやいや、これは良い店を見つけました。佐野ラーメンの地平線を広げた、ある意味醤油ラーメンの完成型かもしれません。

最近のこねくり回したラーメンの対極をなすラーメンといえるでしょう。

お勧めします。

で、恒例の場所は此処ね。

« ラーメン放浪記357 | トップページ | ラーメン放浪記359 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/58946190

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記358:

« ラーメン放浪記357 | トップページ | ラーメン放浪記359 »