最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« B級グルメ探検隊113&秋葉原グルメマップ22 | トップページ | ラーメン放浪記348 »

2013/11/12

ラーメン放浪記347

いかん、食い物ネタで埋め尽くされている。って、これしか無いか。(^^ゞ
で、性懲りも無くお送りするのが、ラーメン放浪記。

Photo

佐野ラーメンも食べていくうちにいろいろな麺がじゃなくて面が見えてきて奥の深い物を感じます。さて、今夜はどんなラーメンでしょう。
今回お邪魔したのは、佐野市にある”木挽亭”さん。
瀟洒な佇まいが良いですね。

Photo_2

内装も清潔感があってベリーグッド。やっぱりラーメン屋さんはこうでなくては。happy01

Photo_4

Photo_5

注文は何時ものように、サイドメニューに餃子、ラーメンはネギラーな私はネギラーメン。happy01
さて、最初に餃子の方が運ばれましたので、餃子をいただくことに。お酢のみで食してみると。うん、ここも旨い。なんで佐野ラーメンの店は餃子が旨いのでしょう。小ぶりだけど、野菜の甘みが出ていてさっぱりしているけど、しっかり味わいのある秀逸な餃子ね。lovely
さて、そうこうするうちにラーメンが運ばれてきました。
早速スープをいただくと。う~ん、これは旨い。今まで食した佐野ラーメンの中でも最も洗練された味わい。野菜の甘みと動物系の出汁が良いバランスで融合している。若干酸味が感じされるがそれがまた良いアクセントになっている。品の良い、コンソメスープを飲んでいるような淡い味わいが印象的。これも佐野ラーメンの一断面、進化形なのでしょうね。いや面白い。ラーメンの奥深さを感じさせてくれる一杯であります。

Photo_6

で、麺もまた秀逸。佐野ラーメン伝統の青竹打ちの手打ちのラーメンではありますが、全粒粉でも使っているのでしょうか?やや黒みがかった麺に、つぶつぶが見受けられます。これが独特の食感となってスープと相まって小宇宙を形成しているのであります。heart04
店主の実家が蕎麦屋さんだそうなので、ある意味納得。
いや美味しい一杯でした。お勧めしておきます。

で、恒例の場所は此処ね。

« B級グルメ探検隊113&秋葉原グルメマップ22 | トップページ | ラーメン放浪記348 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/58563593

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記347:

« B級グルメ探検隊113&秋葉原グルメマップ22 | トップページ | ラーメン放浪記348 »