最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/30

ラーメン放浪記351

朝夕の寒暖差が激しいためか、ちょいと風邪気味な今日この頃。
そんなときは、ラーメンね。って、何時でもラーメンなんだが。(..;)""""> ポリポリ

Photo

今日は、上野で”ターナー展”嫁さんと見るために途中下車して浅草橋にある”らーめん福籠”(これでふくろうと読むらしい)を訪問。
名店すみれ京都の出身とのことで期待値が上がります。

Photo_2

で、当然注文は味噌ラーメンに味玉をトッピング。happy01
早速スープをいただくと。う~ん、ラードが皮膜となって熱々のスープは冷えた体に効きますね。滋養強壮によさそう。味は、味噌ラーメンにしては繊細な仕上がりながら、出汁の味が効いた滋味がある秀逸な仕上がりのスープとなっていますね。
流石、名店すみれ出身と感嘆しますよ。

Photo_3

それと、ショウガがアクセントとなり、ぴりっと引き締まった味仕上がっているのがまたまた魅力的。
麺は、札幌ラーメン風では無く、浅草の開化楼製の細麺を使用。ま、こちらは脇役的かな。

個人的には、味噌ラーメンにはワイルドな味を期待するんだけど、それとは別のベクトルの都会的な味噌ラーメンになっていてお勧め出来ますね。
お近くにお寄りの際はご来店を。お勧めします。

で、場所は此処ね。

2013/11/29

ラーメン放浪記350

お寒~ございます。
ラーメンの美味しい季節になりました。(..;)""""> ポリポリ

20131129_2

で、またまためん小町に寄ってしまった。happy01

Photo

今日はタイタイ麺のラーメン味を注文。
早速スープをいただくと、ま~いつものように平均的な醤油味のスープ。しかし、館林にありながらどちらかというと東京ラーメンに近い味わいなんだな。我が道を行くって感じで結構好きだけど。bleah

で、タイタイ麺は相変わらず良い歯ごたえとぷりっとした食感は秀逸。ただし、ラーメンにはやっぱり合わないかもね。ラーメンの麺の命は第一に喉ごしでしょう。個人的な見解だけど。その点、やはり麺の幅がありすぎるのは減点対象かな。

やはり、この麺には、ほうとう味のスープの方がお似合いだと思うけど。

Photo_2

でも、このお店。500円のラーメンでも、こんな付け合わせがついて、更にご飯&お新香が食べ放題?な店だから好きよ。happy01

B級グルメの王道を行っている店よね。お勧めするは。

2013/11/19

B級グルメ探検隊114

おばんです。
なんか、寒暖の差が激しくて体調管理が上手くいきませんね。happy01
そんな夜は、暖かい物などを食べるかと、伺ったのが”めん小町”さん。

131119

今回の目的は、新商品”タイタイ麺”を食すること。

Photo

所謂形状は甲府のほうとうの様な幅広の麺で、”タイタイ麺”の商標で売っている。
で、お店ではラーメンとほうとう味を出しているけど、やっぱりほうとう味でしょって事で注文。
早速スープを食してみると。う~ん、懐かしい味。ほうとうって言うより、けんちん汁って感じのつゆ。ほうとうほど(カボチャから出る)甘みは無いけど、ほっとする味。でも、けんちん汁って感じでも無い不思議な味。ラーメンの風味もするしとらえどころが無いけどシンプルで美味しいのであります。lovely

Photo_2

で、この”タイタイ麺”。口上によると中心を厚く、端を薄く整形してるとか。この効果は絶大で、ほうとうの様なもっちりとした食感と、ラーメンの様の喉ごしを兼ね備えた秀逸な麺。こりゃ凄い。野菜もたっぷりあって栄養価満点で、しかも1杯500円とはリーズナブル。一杯でお腹が一杯になります。なんちゃって。
しかも、このお店は、ご飯と漬け物取り放題の無料。これぞ、B級グルメの手本のようなお店です。

Photo_3

是非、”タイタイ麺”をご賞味ください。

で、恒例の場所は此処ね

2013/11/18

ラーメン放浪記349&秋葉原グルメマップ23

さて、このネタしか無いのかという、ラーメン放浪記。happy01
昨日は、秋葉原へ1TBのHDDを買いに行ったついでに秋葉原で昼食でもと思ったが、表通りは何処も並んでいる。ので、裏道を歩いていると、見慣れない店が。

Photo

それが、”魚らん坂 末広町店”。
チェーン店ぽい(ま、チェーン店だったけど)のであまり期待しないけど、空腹には勝てず入店。
店内はチェーン店ぽくそつない作り、と言うか安普請だけど。coldsweats01

Photo_2

Photo_3

味噌ラーメンがメインな様だが、普通の味噌ラーメンにはちょいと期待が持てないので、辛味噌ラーメンに。サイドメニューには餃子としてみました。
さて、早速スープをいただくと。あれ、結構いけてる。味噌ラーメンにしては結構軽めの設定。その軽さと、辛みが良い感じでバランスを取っている。チェーン店の味としては良い線行っている思いますね。最後まで飽きないで食べられる味に仕上がっている。
麺の方は、ま、普通の味噌ラーメン用の黄みがかった縮れ麺でそこそこ旨いよ。
ま、辛味噌ラーメンにしたのは正解かな。ノーマルの味噌ラーメンだと一寸インパクト不足の様な気がする。ま、それでもチェーン店のラーメンとしては上出来な部類に入っていると思います。
餃子の方も、皮の厚さ、堅さ、ジューシーさはレベルの高い物だと思います。ただし、お酢だけでいただくと味が無い。(^^ゞ醤油を付けて食べれば結構美味しいと思いますね。

総合的には、秋葉原昼飯の選択肢に入れても良いと思いますよ。バランスも良いしね。期待しなければですけど。happy02

で、恒例の場所は此処ね。

P.S.そういえば、ラーメン”むつみ屋”つぶれたんだよね。チェーン店の中では好きだったんだけど。変に味にこだわってコスト競争に負けたのかね。一応、事業は継続しているみたいだけど。ま、何処の業界も厳しいね。

2013/11/17

スヌーピー展に寄せて。

今日は嫁さんの付き合いで”スヌーピー展”へ森アーツセンターギャラリーへ行ってきましたよ。happy01
流石、スヌーピー展。女性ばっかり。(^^ゞ
ま、私自身はスヌーピーには全く興味は無いのですが、最初のコーナーで作者のシュルツ氏の生い立ちや、愛用品。それと、シュルツ氏が影響を受けた作者の作品を見られたのが収穫かな。
シュルツ氏やその先達達の作品を見れば、明らかに日本の漫画とは違う、文化を感じる。たとえ、漫画・コミックといえどもその国の文化とは切っても切れないもなのだと感じましたね。

日本の漫画も、やはり面々と受け継がれている日本の文化を色濃く反映してるのでは、鳥獣戯画図わ言うに及ばず、洛中洛外図に描かれている人なんて漫画そのもの。
日本画の曾我蕭白 なんてのは構図が漫画チックだと思うけど。

そういえば、マイクロソフトの元社長、成毛さんが漫画を読むような奴は知的では無いと言って物議を読んだけど、成毛さん、日本の美術とか鑑賞してないんじゃ無いの?

どんな表現物だって、その国の文化と無関係って無いんだからさ、自分が興味が無いからってさげすんじゃいけないよね。それってその国の文化に対する冒涜だと思うけど。

ま、そんな感じ。

P1010756

2013/11/15

ラーメン放浪記348

ハードな仕事が続いたので、ちょいと有休をとってゆっくりしております。
さて、そんな状況でもこりもせずお送りするのがラーメン放浪記。

Photo

で、今回お邪魔したのは、加須市にある”熊本ラーメン みち丸”さん。
いや~、今のような状況で無くて行けないようなお店。happy01
なんせ、昼の11:00~14:00しか開かないんだもんね。lovely
で、気合いを入れて行ったら、開店の20分前に来てしまった。それにしてもネットで書いてあったとおり、アパートの一部で開業してるし、駐車場らしい駐車場ないし、駅から遠いから地元民以外一寸手を出しにくい店だよね。だから今なんだけど。(^^ゞ
さて、店内はカウンター5席に、テーブル1卓のホントにこぢんまりとしたお店で、女将さん1人で切り盛りして居るみたい。だから、昼間のみなんだろうけど。(^.^)

Photo_2

Photo_3

で、注文は、豚骨ラーメン大盛りに、明太おにぎり。明太ご飯では無くおにぎりってのが妙にそそられるね。
さて、早速スープをいただくと。う~ん、旨いね。所謂博多ラーメン・久留米ラーメンとはちょいと雰囲気の変わった豚骨ラーメン。博多ラーメンが男性的と言うならば、こちらは女性的。臭みが無く、パンチ力は弱めながらも、マイルドさが一歩図抜けている感じ。香ばしい香りとともに心穏やかになるスープですね。lovely
女将さんの愛嬌のある接客とともに、親戚のうちでラーメン食っているみたいな家庭的な味わいがあってベリーグッド。

Photo_4

本場より取り寄せていると言う、麺も固めに茹でてもらって、良い感じ。やっぱり豚骨ラーメンには細麺のばりかたですよね。
店の地場(北川辺地区)で取れたコシヒカリで握ったおにぎりも新米で美味しかったね。

総合的に見て、雰囲気込みでとても良い店ですよ。ほんと、ほっとするラーメンでした。難食なのが痛いけど、機会があったら是非お寄りください。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/11/12

ラーメン放浪記347

いかん、食い物ネタで埋め尽くされている。って、これしか無いか。(^^ゞ
で、性懲りも無くお送りするのが、ラーメン放浪記。

Photo

佐野ラーメンも食べていくうちにいろいろな麺がじゃなくて面が見えてきて奥の深い物を感じます。さて、今夜はどんなラーメンでしょう。
今回お邪魔したのは、佐野市にある”木挽亭”さん。
瀟洒な佇まいが良いですね。

Photo_2

内装も清潔感があってベリーグッド。やっぱりラーメン屋さんはこうでなくては。happy01

Photo_4

Photo_5

注文は何時ものように、サイドメニューに餃子、ラーメンはネギラーな私はネギラーメン。happy01
さて、最初に餃子の方が運ばれましたので、餃子をいただくことに。お酢のみで食してみると。うん、ここも旨い。なんで佐野ラーメンの店は餃子が旨いのでしょう。小ぶりだけど、野菜の甘みが出ていてさっぱりしているけど、しっかり味わいのある秀逸な餃子ね。lovely
さて、そうこうするうちにラーメンが運ばれてきました。
早速スープをいただくと。う~ん、これは旨い。今まで食した佐野ラーメンの中でも最も洗練された味わい。野菜の甘みと動物系の出汁が良いバランスで融合している。若干酸味が感じされるがそれがまた良いアクセントになっている。品の良い、コンソメスープを飲んでいるような淡い味わいが印象的。これも佐野ラーメンの一断面、進化形なのでしょうね。いや面白い。ラーメンの奥深さを感じさせてくれる一杯であります。

Photo_6

で、麺もまた秀逸。佐野ラーメン伝統の青竹打ちの手打ちのラーメンではありますが、全粒粉でも使っているのでしょうか?やや黒みがかった麺に、つぶつぶが見受けられます。これが独特の食感となってスープと相まって小宇宙を形成しているのであります。heart04
店主の実家が蕎麦屋さんだそうなので、ある意味納得。
いや美味しい一杯でした。お勧めしておきます。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/11/10

B級グルメ探検隊113&秋葉原グルメマップ22

昨日は、3.5inchのカードリーダーを買って、PCに付けるため5inchマンウンターを買いに秋葉原へ。

秋葉原には既にめぼしいラーメン屋も行ってしまったのでどこで昼飯食うかぅてんで選んだのが。
”カレーの市民アルバ”

Photo

で、注文したのが、モツ煮カレー。happy01

Photo_2

結構此処のカレー好きですね。所謂キャベツの千切りののった金沢カレーなんですが。
世の中では、”ゴーゴーカレー”の方が幅をきかせていますが。
味的にはこちらの方が、私の好み。ゴーゴーカレーって店舗急拡大で店員の教育が思わしくないところも見てますので。
で、味的には、それほど辛くないけど、香ばし、割とコクのあるカレーで食べやすい。すげー旨いとは言わないけど、ちょいと昼飯食うなら好都合って感じかな。店舗の雰囲気も良いし。
って、事で秋葉原で昼飯迷ったら、選択しに入れて良いと思いますよ。

ではでは。

2013/11/07

ラーメン放浪記346

今日は立冬。暦の上では既に冬。
って、事で?ラーメン放浪記を。何でとは言わないで。happy01
で、今日お邪魔したのは、羽生市にある、”ラーメン 大雅”さん。

Photo

やっぱり寒い冬は味噌ラーメンでしょう。lovely
此処の店主は、味噌ラーメンでは泣く子も黙る”すみれ”で修行され、東京の店長も任された方とか。
店は郊外のドライブイン風。

Photo_2

店内は、カウンター7席ほど?にテーブル4席ほど?に小上がりの構成。如何にもらーめん屋さん然として良いですね。
で、注文はやっぱり味噌ラーメン。で、サイドメニューに餃子としました。

Photo_3

Photo_4

ラーメンの前に餃子が到着。お姿はやや小ぶり。ちょいと焼きすぎのような気もするけど。
で食してみると。皮が柔らかくてジューシー。結構旨い。良いサイドメニューだと思いますね。

Photo_5

そうこうするうちに、味噌ラーメンが運ばれてきました。で、早速スープをいただくと。う~ん、旨い。久しぶりに美味しい味噌ラーメンに出会えました。最もあんまり味噌ラーメンは食べないんですけどね。かつて新横浜ラーメン博物館に出ていた札幌ラーメン”欅”以外は感動しなかったし。って、事でそれ以来の感動の味噌ラーメンです。流石名店”すみれ”の店長を任された人だけの良い味が出ています。
野暮ったくなりがちなみそらーめんではない、洗練されているきれのある味。それでいて味噌ラーメン特有のこくと骨太なしっかりとした味になっている。これはなかなか出せない味ではないでしょうか。
麺も手製の自家製麺で、中太ストレートで歯ごたえと喉ごしを両立した秀逸な麺。決してスープに負けないだけど力がある秀逸な麺です。
このスープだと知らないうちに完飲しそうになってしまいました。流石にカロリー的に遠慮しましたが。lovely
総合的に見れば、車をぶっ飛ばしても行くだけの価値はあると思います。
お勧めします。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/11/04

ラーメン放浪記345

おばんです。
昨日は、引っ越しの後片付けで忙殺さてしまいました。
で、TVの設定でBSと地デジのアンテナ分配器を買いに秋葉原へ。またクラシックのCD買ってしまった。happy01
で、引き返しがてらラーメン放浪記を実施。

Photo

やってきたのは、亀有。lovely
で、この方がお出迎え。heart04やっぱりこの人でしょう。(^.^)

Photo_2

さて、お目当てのお店は駅からほど近い商店街にある”つけ麺 道”さん。
12時過ぎに到着したから既に20人ほど並んでいる。で、待つこと2時間。やっと入店。我ながら良くやるよ。それにしても開店悪すぎのような気もするけど。

Photo_3

基本的には、こちらはつけ麺オンリー(日にち限定で塩ラーメンの時もなるようですが)。トッピングが付くか付かないか、トッピングが豪華になるかの3通りに、めんの量をチョイスします。
私は、普通のトッピングに50g追加の中盛り、それにデザートしてブリュレを頼みました。

Photo_4

Photo_5

早速、麺から何も付けずに食してみると。う~ん、旨い。極太麺の程よい食感と噛み応え、それでいて喉ごしの良さも併せ持つ絶品の麺でしょう。やはり、つけ麺は麺が命。

Photo_6

さて、此処のつけ麺は完全に具が別盛り。麺と付け汁のみの”素つけ麺”ってメニューもある。それだけ自信があるんでしょう。
で、麺を素の付け汁に付けて食してみると。お~これは旨い。基本的には豚骨魚介のスタンダードな付け汁なんだけど、こくがあるのにさっぱりしている。魚介系の味はバランスを取るだけに押さえられていて豚骨が主体。醤油が特殊なのか、ほのかに苦み&香ばしさが感じられる独特の風味。これは新たなベクトルを行く斬新な付け汁ですよ。
魚介系が強いと確かにこくが出て良いんだけど、舌触りが悪くなるのが難点だけど、此処のつけ麺はそんなことを感じさせないすばらしいバランスを持った新感覚のつけ麺だと思いますね。

Photo_7

Photo_8

トッピングのつくねや、チャーシューも旨いしね。ってか、つけ麺って付け汁の中にチャーシューとか入れておく必然性無いような気がしていたんだよね。この辺も新感覚。”素つけ麺”って選択肢は有りだと思う。
で、日替わりで”味変”の為に薬味が日により変わるのも面白い。
今日は”ニンニク辛み醤油”だったかな。中程で加えてみたけど、辛みが加わって良い感じ。

Photo_9

口上にもあるとおり、テーブルの上にいろんな調味料もあるので”味変”に使えます。
私はフルーツ酢を加えてみましたが、入れすぎて酸っぱくなりすぎましたが、爽やかさがまして面白かったですよ。
ブリュレは普通かな。happy01
さて、総合的に見ると、私が今までに食したつけ麺でも五指に入るでしょう。
此処に比肩できるのは大崎に有った頃の”六厘舎”、東陽町の”麺屋 吉左右”、亀戸の”がっつ”ぐらいかな。って、事は今食えるのは”吉左右”のみか。それだけ美味しいって事でお勧めします。happy01

で、恒例の場所は此処ね。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »