最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記339 | トップページ | 日本科学未来館のプラネタリュウム »

2013/10/12

ラーメン放浪記340

いや~季節はずれの厚さでへばりますね。happy01
そんな中、性懲りも無く続けるのがらーめん放浪記。
さて、今回は巷で評判の東十条にある”麺処 ほん田”さんへ伺いました。

Photo

開店11:30の30分前に到着するも既に5人ほど並んでいる。う~ん、流石有名店。

Photo_2

Photo_3

此処は所謂”池袋 大勝軒”系の店ですね。
で、当然つけ麺が選択肢に入るわけですが、此処は目先を変えて濃厚豚骨魚介特製ラーメン大盛りを注文。う~ん、少しは年齢考えろよとね。lovely
さて、出されたラーメンのスープをいただくと、慣れ親しんだ大勝軒系の豚骨魚介系の味。でも、その中でも洗練されたものを感じる。味のインパクトは濃厚強烈だけど、その中にさっぱり感があって変に味が残らない。その点では秀逸で巷で評判になるのが窺える。
良い材料を丹念に仕込んで仕上げたんだろうと想像できる。この店主の腕の良さが垣間見えるね。happy01
トッピングのチャーシュー類も歯ごたえと言い、味と言い逸品だと感じる。
麺は普通かな。可もなく不可もなしな感じ。

総評としては、大勝軒系では今まで食べた中では1番だと思いますね。大勝軒系が好きな方はお勧め出来ます。
ただ、個人的には大勝軒系の評価が低いので全体としては電車賃払ってまで行くかと言うと多少疑問かな。個人的には端麗系が好きなもので。lovely

ま、それにしても何故に巷では大勝軒系と二郎系が増殖するのかが不思議。smile
どちらもインパクトありすぎて自分らしさを出しちゃうと範疇超えちゃうよな。振り幅が狭いと思うんだけど。それとも、最近の若い人に多いと言われる舌の鈍化が濃い味で無いと訴求力を持たないのかなと一寸心配。

で、恒例の場所は此処ね。


« ラーメン放浪記339 | トップページ | 日本科学未来館のプラネタリュウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/58369439

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記340:

« ラーメン放浪記339 | トップページ | 日本科学未来館のプラネタリュウム »