最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ポートフォワーディング | トップページ | ラーメン放浪記332 »

2013/09/08

「風立ちぬ」を見直して。

昨日はレイトショウーで「風立ちぬ」を嫁さんと再度見てきました。
やっぱり宮崎さん最後の長編アニメを目に焼き付けないとね。sign03

この映画で感じたメッセージ性は過日の記事に譲るとして、今回は登場人物の生き様で感じたことを書きたいかなと。

登場人物は当時のインテリ・上流階級が主だったのだが、立ち居振舞いが美しい。
特に二郎と菜穂子の結婚のシーンなんてのは古き日本人の凛とした雰囲気は虚飾を廃した一本筋が通ったもので、今はこんな行動は出来ないよな。

そう、だれもが一本筋が通っている。何ででしょう、生きる事への覚悟でしょうか。
特に二郎は夢にかける覚悟が有るから美しく振る舞えるのかな。
ま、その夢が戦争に使われるのは不本意だろうが。

そう、わたしなんか覚悟なんてのはみじんも無いから恥ずかしい。sad

宮崎さんは、生きる事への覚悟、夢への覚悟を持つことの大事さを言いたかったのかなと。
宮崎さんは覚悟を持ってアニメを作っていたと思うよ。

ガッチャマンみたいな覚悟のかけらもない商業主義に毒された映画人は爪の垢を煎じて飲むがよろしい。lovely

一本筋が通った日本人が少なくなっていることへの警鐘が含んでいるのかなと感じて見てきました。

« ポートフォワーディング | トップページ | ラーメン放浪記332 »

コメント

川崎野郎さん、コメントありがとうございます。(^.^)

この映画は名匠宮崎さん作品でも最高傑作と思います。
そして、宮崎さんが日本人への遺言として世の中に問うた問題作とも。

日本人は肝に銘じなければならないと感じました。

ろうたんさん

初めまして。
いつも「いいね」ありがとうございます。
実はこの映画昨日見てきました。

宮崎映画はこれまで見たことが無かった(TVで子供がみているのをちら見程度)のですが、初めて通しで見て感動しました。

ゼロ戦=戦犯的な象徴として扱われやすい素材を、見事に古き良き日本人気質の象徴として覆してくれました。
後世に残すべき名作ですね。
自分も再度見てみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/58150392

この記事へのトラックバック一覧です: 「風立ちぬ」を見直して。:

« ポートフォワーディング | トップページ | ラーメン放浪記332 »