最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/25

ラーメン放浪記330

お暑うございます。
そんな暑い日には、スタミナのつくラーメンでもと思い、こんなところへ行きました。happy01

Photo

”岡田製麺店太田店”です。群馬で一大勢力の”景勝軒”グループみたいですね。
所謂、大勝軒系の様ですが。ははは、最近二郎系と大勝軒系が二大潮流だよな。個人的には頑固系が好きなんだけど。lovely
ま、時たまこの系統が食いたくなることがあるので、訪問。店内はカンター10席ほどのこじんまりとしたたたずまい。

Photo_2

Photo_3

で、オーダーしたのが、特ジャイ麺にチーズのトッピング。オーダーの時ましましで頼んだんだけど、これって大勝軒系の中の次郎インスパイヤーって、立ち位置かしら。ま、見た目は二郎ラーメンだけど。
さて、スープを食すると、豚骨の濃厚な出汁と強力な醤油味。でも、二郎系にしてはさっぱり目かな。味的にはう~ん、亀戸の二郎、神田の二郎の方が美味しいような気がする。

Photo_4

麺はどっちかというと、大勝軒系なのかな。もっちりとした食感は良いけど、やっぱり年のせいで食べ進むうちにきつくなってきた。bleah

ま、二郎インスパイヤー系なんだろうけど、本筋の系列を超えるインスパイヤー系にあったことが無いので、再確認してしまったって店かしらね。
ま、若い人ががっつり食うには良いけど、個人的には端麗系の方が好きなのでお勧めしておきません。(^^ゞ

で、場所は此処ね。

2013/08/24

ラーメン放浪記329

お暑うございます。
仕事の都合で帰省は諦め館林在住です。
って、事でこの機会を捉えて昼間しか営業しない店でラーメン放浪記を実施。

2013824

今回は、つけ麺”弥七”さんへ伺いました。
此処は、つけ麺が売り(店名がそうなんで)なのですが、気まぐれメニューと言うのが存在し、今日は中華そばだそうです。
で、中華そばの塩とチャーシュー丼をオーダーしました。

Photo

Photo_2

早速中華そばのスープをいただくと、お~久しぶりのヒット。鳥の出汁の効いた中にほのかに甘ささえ感じる独特の味わい。塩味もしっかり付いているのに出しゃばらない。下味を支える油の味も程よく出てて力強さも兼ね備えている。端麗に感じてそれでいて複雑さを兼ね備えた奥行きのある味わい。
麺の方も喉ごしさっぱりの後味の良い物になっている。どちらかというとスープを楽しませるためにあえて黒子役に徹している感じ。
私の食した塩味のラーメンでベスト5に入るではと思える良いラーメンに出会った感じ。happy01
チャーシュー丼も美味しく。満足行くラーメン放浪記でした。

で、場所は此処ね

2013/08/20

ラーメン放浪記328

お暑うございます。
そんな暑さに関わらず、ラーメンを食べる私。happy01

20130819

今回は、館林の中心地に鎮座します。”麺や万福”さんを再訪。
前回は少々インパクト不足でしたが、今回は如何に?

Photo

 

で、注文したのが20食限定の冷やしトマトラーメン。
見た目は、トマトピューレが乗っかっているだけの様な気がするのですが。happy01
早速トマトピューレを混ぜないでベースのスープをいただくと、う~ん、端正&端麗なスープ。相変わらず多少インパクト不足の感はあるけど、美味しいスープです。
で、たぶん、出来合のトマトピューレを混ぜると。当然トマト味になるんだが、だから何?って感じがするんだけど。確かにトマト独特の酸味が加わって美味しいスープにはなるけど、予想の範囲内な感じ。
ま、とりあえず、麺もいただくと、もっちりしていて喉ごしの良い佐野の麺が美味しい。happy01
でも、残念なのはチャーシューだね。なんの工夫も無く普段使っているチャーシューを切っただけでしょう。冷えたチャーシューの油をそのまま食って美味しいとは思えない。バターをそのまま舐めている様なもんでしょう。油って溶け出して初めて甘く美味しくなるのでは?
その辺の一工夫が無いんだよな。ま、冷やし中華でも時々あるけどね。
私なら、鳥のささみでもボイルしてチャーシューの代わりにするよな。その方がよほど涼しく感じるのでは。
それと、色合いとしてバクチーなんかの香草を入れて色合いを華やかにして、味的にもより清涼感出した方が良くないか?
なんか、この店ベースは良いんだけど、詰めが甘いと言うか、ラーメンに対する情熱が薄いような気がする。惜しいな、素材は良いのに。

おっと、評論家みたいな文面になってしまった。いかん、ラーメン食い過ぎたかな。単純に食って感動する方が幸せだよな。(^^ゞ

で、一応、場所は此処ね。

2013/08/19

B級グルメ探検隊113

多少は暑さがピークを越えた感がありますが、未だ熱暑ですね。

20130819

そんな中、館林の洋食屋さん”美延”さんへ伺いました。

Photo

で、今回は、暑いときにはカレーでしょって事で。カレーを注文。
早速食してみると。う~ん、洋食屋さんのカレーど真ん中って感じ。それでもなんでしょう、甘みを感じる中に、スパイスのとげとげしさが無いけどほんのり程度の言い辛さが出ている珠玉のカレーって感じですね。日本風のカレーの良い典型みたいな味で、安心して食べられるあじです。良い味が出ていて美味しいのでお勧めできます。

で、場所は此処ね

2013/08/18

B級グルメ探検隊112

Ts3o0104

やっと、私の好きな焼き鳥つくね丼が吉野家に帰って参りました。happy01
さらに、今回は新メニューとして鳥マヨつくね丼と言う、兄弟まで連れての復活です。
なので、今回はその鳥マヨつくね丼に半熟卵をつけて食べてみました。

Ts3o0107

早速食してみると。一寸前回よりたれが甘めかな?この甘めのタレで焼かれた鶏肉とマヨネーズのコラボは明らかにB級な味。でも好きよ私、そういうB級な味が。happy01
やっぱり、吉野家の方が味的には他の牛丼屋より勝ってるのにね~。何で苦戦するんだろう。やっぱり値段かしらね、外食は。bleah
あ、それと、私的には半熟卵はこのメニューでは是非入れてほしいなと。つゆだく好きな私としてはノーマルのままだと一寸ぱさつき感ある物で。つゆだくにするとくどいだろうからね。で、つゆだくってオプションあるのかしら。delicious

って、事で復活万歳。

2013/08/15

ラーメン放浪記327

何も無いけど、ラーメン食いに外出たのでついでにラーメン放浪記などを。ヾ(^^ )

Photo_3

ラーメンデーターベースとかだと案外評判が良かったので、両国にある家系ラーメン屋である”大和家”さんへ訪問。
外観は如何にもチェーン店ぽい作り、で、やっぱり店内もチェーン店ぽい作りで、実際チェーン店でした。happy01

Photo_4

注文はネギラーな私は、ネギラーメンを注文。家系独特の注文様式は堅め・多め・濃いめを選択。happy01カロリーが!(^^ゞ
さて、早速スープをいただくと、う~ん、割と甘めの出汁でそれほど濃厚では無いな。ってか、いわゆるチェーン店に共通した最初はインパクト有るけど、奥行きが無い万人受けする無個性なスープなんだけど。bleah
麺も至って普通。ま、要はチェーン店ど真んなかなラーメンでした。
げに、人の評価は当てにはならぬと言う見本。bleah
で、一応場所は此処ね。

B級グルメ探検隊111&秋葉原グルメマップ21

Photo

と、言うこと事で。昼飯を食いに秋葉原へ。
最初は、牛かつ屋に行くつもりだったけど、並んでいるので定番&鉄板の雁川さんへ。
秋葉原では知る人ぞ知る中華屋さんね。
で、入るといや~一杯。相席で着席して注文したのは。

Photo_2

牛すじチャーハン。あれ旨そう。早速食べてみると。牛すじがとろっと溶けて良い食感と甘辛な味が良いバランス。それがチャーハンのご飯とコラボして良い感じ。
あたりかもしれない。happy01
ごちそうさまでした。

で、場所は言わずもがなですが、此処ね。

やっぱり寄ってしまう、ダイバーシティー

え〜、日本科学未来館でサンダーバード展を後にして、昼飯でもと思ったが、さすがにこの近くに食べるところが少ないので、お隣のダイバーシティーへ行くことに。

ま、目的の半分は大理石製ガンダムのオブジェを見に行くのも有りますが。happy01

で、行ってみるとけっこう近い、7〜8分かな。

到着すると、ちょうど原寸大ガンダムのパフォーマンス?をやっていたのでつい撮っちゃった。

で、大理石製のガンダムはこんな感じ。

P1010526

P1010527

う〜ん、芸術の対象になるのね、ガンダムって。原寸大ガンダムは現代の大仏と言う人も居るけどね。lovely

さて、ダイバーシティーは人でごっちゃごっちゃなので昼飯は諦めて秋葉原へ。やっぱり予想通りな展開。happy01

で、ゆりかもめに乗ったら、先頭だったので動画を撮っちゃった。

2013/08/14

サンダーバード博へ行ってきました。

P1010522

今日は、日本科学未来館へ”サンダーバード博”を見に行ってきました。happy01
いい年したじいさんが良く行くよと思うけど。

P1010483

この人が制作者のジェリー・アンダーソン氏。歴史に残る名作をありがとうございました。(・_・)(._.)

P1010486

たぶんこれが唯一のオリジナル。他の展示物はいわゆるレプリカ。ま、なんと申しましょうか。残ってないのかもしれないけど感動が薄れるような気がする。

P1010485

P1010487

面白いのは、人形の口パクが音声の電子信号と連動してるって革新的な技術だったんですね。う~ん、凄いこだわり。爆発シーンといい、妥協を許さない作りが名作を生んだんだなと再認識しました。

ついでに動きのある展示物の動画を貼り付けておきます。
でも、総じて小ぶりであんまりも白くなかったかな。最初の3D化したオリジナルの映像は秀逸で技術的にも優れていて見応えがあったけど、それで予算使っちゃった感じがするんだけど。bleah

さて、ついでなので、常設展示の方も見てきたけど。こちらも展示の仕方が見にくいような気がした。その点はやはり上野の科学博物館の方が上手いなと。で、やたらと係員がいるのも気になるんだけど。(^^ゞ
で、この博物館の売りのジオアースの動画も貼り付けておきます。

流石にこの展示は圧巻。小さな有機ELディスプレイを多数貼り付けて表示してるとのこと。

でも、やっぱり此処の売りは3Dのプラネタリュウムみたいだから、今度機会があったら見に行こうと思いました。

ま、こんな所かな。(^^ゞ

2013/08/13

ラーメン放浪記326

う~ん、このブログに似つかわしくないジャンルの投稿が続いてしまった。happy01
軌道修正を兼ねてラーメン放浪記を実施。(^^ゞ

Photo

今回は、両国にある味噌ラーメンの”ときせい”さんへ伺いました。
ま、外観は街のラーメン屋然として飾り気が無いけど。ラーメン屋はこの方が良いよね。
さて、店内はカウンターのみで15席ほどかな。

Photo_2

注文したのは、”特味噌ラーメン”。ま、味噌ラーメンが売りのようなので。
さて、早速スープをいただくと。う~ん、割と軽め。味噌特有の鈍くさい&野暮ったさが無い洗練された味噌味。ブレンドのなせる技だろうけど、それに出汁の効きが良いような気がする。何の出汁だかはっきりしないけどね。
麺は味噌ラーメン特有の黄色みを帯びた麺では無く、割とノーマルな中太ストレート。ま、味噌の軽やかな味にはマッチしてると思う。特に美味しいとは思わなかったけど。coldsweats02
さて、どう評価するか難しいな。近場が活動範囲なら週一ぐらいでもかよって良い熟れた味のラーメン屋として評価できるけど、わざわざ行くほどの味とは思えなかったな。ま、ラーメン屋は本来そうしたものなんですがね。lovely
ま、そんなところです。
一応、場所は此処ね。

2013/08/12

宮崎駿氏の最高傑作かもしれない。

今日は、宮崎駿氏の”風立ちぬ”を見て参りました。

一言で言えば、宮崎さんの最高傑作かもしれません。個人的にはそう見ました。
なぜ、今までにない実在の人物(堀越二郎氏と堀辰雄氏)をモチーフに原作を書いたのか。

それほどに、現状がせっぱ詰まった状態だと認識してるのでは。
改憲反対を公言しなければならないほどにね。

零戦の設計士である堀越氏を持ってきたのは、設計士・エンジニアは良いものを作るのが命題であり、夢である。その成果物をどう使うかは国をコントロールする政治家・政府の命題。
それを誤ればどうなるかは明々白々。主人公を純粋に描けば描くほどそれは際だつよな。

また、主人公と奥さんとの純愛を描き、周りの人がどれもいい人に描いて悲恋にしてるのは、市井の人たちは賢明に誠実に生きているが、時勢により一気に不幸になる。1万人戦死すれば、1万の家族、それ以上の人が不幸になることを政府は肝に銘じるべき。

威勢の良いことを言うやつはどれほどの覚悟があるのか。何万の人の幸・不幸を賭に出来る資格が有るのか肝に銘じるべきだと言っている様な気がする。
”愛国者が一番はじめに国を売る”と言う、格言が有るよ。

ま、コナンや風の谷のナウシカ以来一貫してそうだけど、それをより一層踏み込んで、それでいてエンターテーメントとして美しくまとめているのは歴史に残る名監督だと再認識できた映画でした。

そう、この映画は宮崎氏の遺言のような気がする。

そうとは言わず、ずっと良い映画を作って欲しいと思います。

浮世絵展第2期展へ行ってきました。

いや~この暑いのに昨日はくそ暑いのにトリフォニーホール探訪の後、三菱一号美術館へ浮世絵展だい2期 へ嫁さんと浮世絵を見て参りました。

Photo

Photo_2

今回は、北斎・広重等の浮世絵中心の展示でした。
やっぱり、この2枚でしょう。後は、月に雁かな。でも、今回も私的には肉筆浮世絵
かな。浮世絵のような日本画のような独特な画風が面白いよね。
ま、相変わらず良い美術館で良い場所ね。

あ~、それにしても暑かった。happy01

2013/08/11

すみだトリフォニーホールのホール探訪に行ってきました。

Photo_2

すみだトリフォニーホールからホールの舞台裏を探訪できるツアーのお誘いがありましたので応募したところ、見事?当選しましたので今日の午前中行ってきました。
まずは受付で青いシールと資料を受け取りホールへ入場。そこには四色の立て看板があるので、四チームに分かれて探訪するようです。各々20名ほどでしょうか。
程なく係の方が2名来て手順を説明、探訪が始まりました。

Photo_3

で、舞台に上がるとこんな感じ。舞台も結構広いですね。

Photo_4

Photo_5

早速、最初は客席に向かって右手に向かうと、此処が舞台の下手になるそうです。割と広めに空間が取ってあります。(ちなみに、上手は狭かった)此処にあるのが私でも知っている横尾忠則氏の壁画。神聖な空間でアーティストの浄化をするとか。凡人には分からないけど。happy01

Photo_6

また、此処には舞台の調整装置などが置いてありました。

F

今度は2Fに上がり、個室の控え室へ。7つあって、201号室から指揮者等上位者が入るようです。(ちなみに、ソリストは優先的に201号室だって)

F_2

控え室の取っ手は、墨田区の職人(マイスター)と芸術家のコラボ制作品が飾られています。

F_3

こちらも2F控え室ロビーにある墨田区の職人(マイスター)の組紐と芸術家のコラボ聖作品。この辺が良いよね。地元に根付こうとする精神が。

P1010453

2Fから6Fに上がる廊下に出演者の色紙が。あこがれのロストロポーヴィチの色紙を思わず写真に撮ってしまった。happy01芸術家としても人としても尊敬できる私の大好きな人。うれし~。

6f

で、6Fに上がり、防音完備の練習室を見学。この部屋を含め3室。一般にも公開しているそうです。で、結構埋まってるそうで、このホール稼働率良いんだよね。地元にとっては良いことです。

F_4

更に上がって、7Fのピンライト制御室から舞台を見ました。

F_5

F_6

で、このピンライト用の照明器具(どこがピンライトなんじゃって大きな装置)を弄らせてもらいました。いや~、サービス良すぎ。happy01

Photo_8

そこから、再度2Fに降りてきました。ま、この辺は他のチームとの段取りでしょう。で、そこかしこに芸術作品をちりばめられているホールなんだな。普段は気にしないけどね。

F_7

2Fには音調(録音)室がありまして、別にクラシックのみやっている訳では無いので音エフェクトを実際やってもらいました。クラシックの場合は主に録音でマイクはその都度組み立てて吊すそうです。

F_8

2Fには珍しいワグナーホルンが飾って有りましたね。今日は珍しく4台そろっているそうです。普段は他の楽団へ貸し出しているそうで。ワグナーが自分の曲専用に設計させてホルンなんだって。知らなかった。happy01

F_12

1f_3

F_13

その後いろいろなオブジェの説明をうけ、小ホールのエントランスへ。此処は私でも知っている版画家の山本容子さんの作品ですね。
で、小ホールを通って、大ホールのステージ下へ移動。

F_14

F_15

F_16

で、大ホールから奈落を下ろしてもらって、奈落の上に乗り、ホールへ上がって行くところです。で、やっぱりこういう光景を見ると男は、”サンダーバード”の音楽が頭に巡るんですよねって言ったら受けてた。happy01もしくはウルトラセブンのウルトラホーク発進の音楽でしょう。何時までも子供。(^^ゞ

F_17

F_18

で、気になる傷&変色。この傷はコントラバス&チャロのストップピン?の傷だそうです。ホールによってはゴムを付けさせる所もあるそうだけど、音的に落ちるので此処ではやらないとか。で、変色の方は金管の水蒸気の処理後だそうで、これもホールによるとバケツを用意するとか。これも絵的に優れないのでやらないとか。で、張り替えないのかと聞くと、この板は天然の檜で普通は5cm程度だけど、それ以上のものを使っている(確かに7~8cmは有ったな)ので今では入手できないとか。で、そのままだそうです。ちなみに、客席に向かって縦にしてるのも音的にこちらの方が良いからとか(普通は横にするとか)。日本で3本の指に入る良い音のホールであると自慢してましたが。ま、芸術に対する真摯な態度を見ると納得するかな。happy01

F_19

F_20

舞台から見たパイプオルガン。上の風車見たいのものから音が出るとか。前に突き出ているのはトランペット調の音を出すパイプで、計66類の音色が出るパイプオルガンだそうです。

で、此処でホール探訪は終了。
その後は、小ホールに全員集まって、新日本フィルの楽団員さんが演奏する室内楽のコンサートを聴くという、至れり尽くせりなツアーでした。
ちなみに、演奏曲目は、
バッハ 管弦楽組曲第3番よりアリア「G線上アリア」 
ハイドン弦楽四重奏曲台67番 「ヒバリ」
チョスタコーヴィチ 弦楽四重奏のための2つの小品より第2曲「ポルカ」
でした。
でも、第一バイオリンの人の説明は面白かったな。芸術家も口が達者じゃなきゃいけないのかと思ったりして。

ま、ともあれ、面白くも充実した2時間でした。暑い中行ったかいが有りました。
トリフォニーホールへの愛着が湧いたのは良いことです。芸術を根付かせるにはこういう地道な活動が必要なのでしょう。

2013/08/10

またまた新クラシックの扉へ行ってきました。

お暑うございます。
こんな暑い日なのにお出かけしました。一人で。嫁さんは三谷文楽の其礼成心中へ。

私は、またまた安価にクラシックが堪能できる新日本フィルの”新クラシックの扉”へ出かけてきました。

今回は、バイオリンソロに、新鋭の郷古廉さんを迎え、指揮者は初代音楽監督の小泉和裕にて

ベートーベンバイオリン協奏曲
ブラームス交響曲第1番
アンコールに
シューベルト 「ロザムンデ」間奏曲第3番
を聞きました。

郷古廉さんってイケメン。happy01人気出るだろうな。上手いし。良い演奏でした。
ブラームスはやっぱり骨太ですね。好きですよ。古典派の流れを汲む音楽は。ワグナーはちょっと世間受け狙っているようで個人的にはあんまり好かないので。sad

って、事でやっぱり生の演奏は良いよね。精神的にばてていたのが回復しました。

また10月にチャイコフスキーの交響曲第4番聞きに行きます。楽しみ。coldsweats01

ラーメン放浪記325

いや~、待ちに待った夏休み。でも東京在住な私。(^^ゞ
で、東京へ帰りしなお土産に毛色の変わったものをと思い。佐野ラーメン”麺龍”さんへ冷凍餃子を買いに。此処の餃子は旨い。宇都宮の餃子より旨いと思う。happy01

130809

ついでなので麺龍さんで出している、”冷やしラーメン”を食してみることに。

Photo

お姿は、ごまだれの冷やし中華ですが、早速食してみると。う~ん、普通の冷やし中華。happy01
なんで、冷やし中華ってお酢の味をこうも前面に出すんでしょうね。暑い時期だから酸味が有効なのは分かるけど、猫も杓子も同じ味。多様性のあるのが求められているのに不思議でなりません。はっきり言って、うなるほど旨い冷やし中華にお目に掛かったことがありません。
この冷やしラーメンもお酢の味を引っ込めて、ごまだれの味を全面に出した方が美味しくなると思いますね。麺は佐野ラーメン固有の手打ちで旨いんだから。
惜しい一杯でした。味的には冷やし中華にしてはいけてるので余計残念。

で、一応場所は此処ね。

2013/08/09

B級グルメ探検隊110

130806

お暑うございます。こう暑いと食欲を無くしますね。私は幸い食欲は落ちませんが。happy01
で、そんなときは、さっぱりとした麺類などは如何でしょうか?館林は饂飩の美味しいところ。

で、夏にぴったりな饂飩を食しに、”めん小町”さんへ伺いました。bleah

Photo

それがこのキュウリ饂飩。う~ん、涼しげ。heart04

Photo_2

ま、有り体に言えばキュウリの千切りが乗っかっているだけだけどね。ま、姿が涼しげで、冷水で引き締まった饂飩を堪能するものでしょう。

Photo_3

冷たいごまだれに付けて食べると結構いけます。ま、元々の饂飩のおいしさに負うところ大ですがね。でも、ごまだれより普通のつけだれの方がさっぱりしたかな。今度はそっちを食べてみよっと。でも、ここの麺は結構いけてます。お土産用のパックもありますので、一度試してみては如何でしょうか?

Photo_4

で、いつものようにサイドメニューに天麩羅セット(300円)を付けて、お腹いっぱいになりました。
ごちそうさま!full

で、場所は此処ね。

2013/08/03

B級グルメ探検隊109

Photo

今日は確か土用の丑の日?最近お仕事が忙しくてちょ~ばて気味。
って、事で。細君のお誕生日も近いと言う事で、奮発してウナギを二人で食べに来ました。happy01
もちろん、私のおごりね。heart04

で、伺ったのが、神田きくかわの神田店。外観、内装はビジネス街の小料理屋風でそこそこの風格が漂う店ですね。創業は古く、自前の養殖場も持っているので新鮮みたいですが。(^.^)

Photo_2

注文は、私は鰻重の(ハ)、細君は遠慮して?(イ)を注文。サイドメニュー?として、ウナギの骨の唐揚げとう巻きを注文。
で、さっと出てきたのが骨の唐揚げ。ま、出来合でしょうからね。happy01
これを食べながら鰻重を待つことに。う~ん、それにしても、骨を唐揚げにするって発想は日本人の殺生をした生き物を余すところなくいただくという精神の発露だろと感じるね。お味はこりこりしておせんべいの様な食感と仄かな塩味でビールに合いそう。あいにく二人は下戸だけど。(^^ゞ

Photo_3

Photo_4

Photo_6


そうこうするうちに、鰻重セットが来ました。う~ん、壮観。肝吸いもついてボリューミー。heart02
ちなみに、一番安い(イ)と言ってもお重のサイズが一回り小さくなるだけでウナギはご飯が見えないほど覆ってるので貧相では無いよ。かえって女子にはちょうど良いボリュームかも。それほど、デフォルトのお重のサイズはビック。

さて、早速いただくと。う~ん、割と歯ごたえのある焼き加減。歯ごたえはあるけど中身はふわっとした仕上がり。タレは甘めであまりかかって無いのでつゆだくがお好みの方はテーブルの上にタレの容器がありますので事前に追加されることをお勧めします。
どちらかというと、ウナギ自体を楽しむ感じかな。
で、ウナギ自体が良質なのでボリュウムがあってもぱくぱくいける。(^.^)
美味しゅうございます。
う巻きも卵がほんのり甘くおいしかったです。

総合すると、立地条件を考えるとCPが非常に高いと言える。個人的にはもう一寸ふわっとした食感のウナギが好きなんだけど、味的にも良いウナギを使って手際の良い職人技で仕上げた一品だと思います。お勧めします。

で、恒例の場所は此処ね。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »