最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/28

スイーツ探訪記72

Jun_honma

う~ん、食い物ネタが多すぎ。ま、しょうがない性癖なんだから。
と、言うことで、久しぶりにお送りする?スイーツ探訪記。
今回は錦糸町のマンスリースイーツに出ていた、吉祥寺の”JUN HONMA”さんでマンダリンなるカラフルなケーキを購入。見た目重視?細君と谷中コーヒーを入れていただきました。

Jun_honma_2

外側はマンダリンオレンジの爽やかな酸味が効いた味と中のしっとりした紅茶ムーズの甘みが絶妙なハーモーニーを醸し出しています。結構おいしい。あたりですね、このケーキ。happy01

御馳走でした。lovely満足満足。heart04

CHABARA(ちゃばら)に行ってきました。

P1010363

久しぶりの週末東京。やはりここは秋葉原詣でをしなくちゃね。happy01
と、言う事で、先日オープンした”CHABARA(ちゃばら)”を覗いてきました。bleah
やっちゃばと秋葉原の造語だって言うけど、今時の人がこの辺がやっちゃばだったなんて知る人いないだろうに。(^^ゞ
さて、入った第一印象は、何でこのコンセプトなんだろうって感じ。要は駅のコンコースでやっている地方物産展を常設にしただけでしょう。アキオカ のコンセプトの方が数段良いと思うけど。ま、商売的にはガード下の土地の有効利用で資金をかけずに出来る点は優れているし、客の方も一寸立ち寄って、物珍しい品を土産に出来る点は面白みはあるけど、それ以上でもそれ以下でも無いよな。
ま、そんなところかな。一度行けばいいやってところでしょう。凄い商品があるでもないし。

2013/07/27

東京都交響楽団Jointconcertへ行って参りました。

今日は、姪っ子が出演すると言うので、東京都交響楽団と学生がジョイントするJointConcertへ東京文化会館へ行ってきましたよ。
東京文化会館は久しぶり。(^^ゞ
ジョイント演奏部分は、
小中学生参加の
チャイコフスキー
白鳥の湖から「情景」「ワルツ」「四羽の白鳥」「乾杯の踊り」
ここに、姪っ子がティンパニーで参加。
高校生参加で、
チャイコフスキー
祝典序曲「1812」

演奏は、過半数がプロなので破綻無く上手くいったのがよかったですね。特に小学生のトランペットがソロをやったけど上手かったね。将来プロになってほしいもの。
それにしても、良い経験の機会を与えられて幸せですね。
これからも、参加した子供たちには音楽で豊かな人生を送ってほしいものです。

2013/07/23

B級グルメ探検隊108

Photo

さて、仕事を頑張るには体力が必要と言うことで、鰻に続いて精の付く食べ物を食べに伺ったのが”とんかつ 堀越”さん。
此処は、館林の名店”福よし”さんで修行したご主人が経営しているところ。

Photo_2

福よしさんは高級店でそれなりの値段ですのでおいそれとは行けませんがこちらはリーズナブル。ほんとに街のとんかつ屋さんって雰囲気で好きですね。

Photo_3

今回頼んだのは、精をつける為?にニンニクロースカツ定食を注文しました。happy01

Photo_4

なんと、ロース肉の間にニンニクを挟むという、これぞスタミナ食の王道と言って良いメニューです。heart04
早速食すると、相変わらずさくっとした揚がり具合に柔らかなロース肉がジューシーな肉汁を出して良いお味。ニンニクの臭みを感じさせない調理は流石です。
絶対値の味は福よしに軍配は上がるけど、値段を考慮すれば絶対お得なとんかつですね。
私がお勧めします。
是非お立ち寄りを。で、場所は此処ね。

2013/07/21

B級グルメ探検隊107

Photo

最近は、暑さが小康状態ですが、これからが夏本番。夏と言えば”鰻”(本当は冬の方が旨いらしいが)。食えなくなる前に食してみようと、今日は”町田鰻店”さんの暖簾をくぐりました。happy01

Photo_2

館林でも数店鰻を食しましたが、此処が味・量・値段ともダントツ一番でしょうね。店の雰囲気も良いし。

Photo_3

値段も今時にしては驚異の2200円で鰻重が食べられるとは感謝感激です。heart04
此処は、鯉の洗いも美味しいけど、今回は鰻重と肝吸いとしました。

Photo_4

Photo_5

う~ん、壮観です。(^^ゞ
早速鰻重を食してみると、若干前回より厚みが薄いような気がしますが、食感は相変わらずふわっとして上質なもの。たれも甘からず、濃からずの絶妙な案配。焼きの具合も良くて絶品と言って良いのでは無いでしょうか。これで2200円は超お得。鰻のランク上げて3000円で特上作っても私払います。それだけ、鰻の処理・調理の仕方は上手いですね。

肝吸いも、出汁が良く効いた書湯ベースの味で良いお味。happy01これで、500円はやっぱりお値打ち。lovely

この鰻不漁のなか、良心的な値段で鰻を提供してくれるこの店は貴重です。お勧めしておきます。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/07/20

B級グルメ探検隊106

Photo_8

さて、引き続きB級グルメ探検隊を行うことに。
近場の太田は焼きそばで有名。それを深く掘り下げるかと言うことで、2件目を検索。
それが、今回伺った”田舎家”さん。
いや~、その名に恥じぬと言うか、そのままな外観。coldsweats01

Photo_9

開店前に到着、一番手で入店。店内はこんな感じ。happy01
少々商売っ気の無い女将さんに焼きそば大ともつ煮込みを注文。焼きまんじゅうは個人的に触手が動かないんで。(^^ゞ

Photo_10

先に運ばれたもつ煮込みをいただくと、これは旨い。食べた中では一番かもしれない。この近辺では定番だけどその中でも秀逸の1つに数えられるだけのできだと思います。ゴボウと蒟蒻とのバランスもベリーグッド。この店に来たときは是非オーダーを。(^.^)

Photo_11

そうこうするうちに、運ばれた焼きそば。見た目は至ってシンプル&ノーマル。早速麺をいただくと、お~、これほどの太麺に出会ったことが無い。lovely
まるでうどんのような食感。此処まで来ると焼きうどんとの境界線が曖昧に。(^^ゞ
でも、うどんとは違う食感でこれまた良い感じな歯ごたえ。ソースも甘みが確実に付いているのにソース独特のしょっぱさが感じられないマイルドな味わい。この風味も独特ですね。普通の屋台焼きそばのつゆだく状態では無いので食べやすい。これはいけてる焼きそばですね。
大きめのキャベツの食感も良いし、お勧めできるかな。lovely
個人的には、堅めの食感の富士宮やきそばも良いけど、双璧をなすかもね。

で、好例の場所は此処ね。

B級グルメ探検隊105

Photo

さて、2週続けてお仕事が入り、館林在住。ま、仕事自体はサンプルの出し入れだけだから休みみたいなもんですが。

って、事でたまったネタを整理。happy01
先日は、館林にある”台湾料理 王府”さんへ伺いました。
ここって、結構店の入れ替えが激しいところなんだよね。いつまであるかってのも興味があったので入店。で、台湾料理の定義ってあるのかな?happy01

Photo_2

店内の雰囲気は、微妙ですね。高級感を出そうとしてるんだろうけど、作りのちゃっしさはごまかせない。ま、バーミヤンと同じ客層狙ってるんだろうけど。やっぱりバーミヤンの方が入りやすいですよね。

Photo_3

Photo_4

さて、今回はアラカルトで行くのも面倒なのでセットメニューにして、エビマヨ定食としました。
なお、麺は複数から選択可。私はやっぱり台湾ラーメンを選択しました。

Photo_5

早速台湾ラーメンを食してみると。スープは八角でも入っているんでしょうか?一寸ピリ辛な独特の風味ですね。悪くないスープだと思います。及第点はつけられるでしょう。

Photo_6

麺の方もいわゆるオーソドックスな、中華麺。総合的見ると60~70点レベルかな。

Photo_7

メインのエビマヨは、エビのフリッター風の揚げ物。それをこれでもかって感じでマヨネーズとケチャップ味で仕上げている。ま、悪くは無いけど、高級な味では無いよね。sad

総合的に見ると、CP自体は悪くない。お昼にちょいと奮発して食するには良いけどね、おなかもいっぱいになるし。でも、あえて此処を目的に行くほどでも無いのでは。バーミヤンで事足りるし、実際はす向かいにあるので、此処も厳しいのではと感じた。

で、好例の場所は此処ね。

2013/07/15

ラーメン放浪記324

130714

さて、性懲りも無くラーメン放浪記を実施。
今回は、久しぶりに”手打ちラーメン創房 舌笑家”さんへ伺いました。
それにしてもこの文字は変換できないよね。”ごちや”と読みます。happy01
ま、それにしても相変わらずしゃれた店だよね。東京にあってもおかしくないほど。

Photo

Photo_2

今回は、焼バラ海苔ラーメンに豚バラ唐揚げをサイドメニューに頼みました。此処の餃子あんまり美味しく無いのでね。wobbly
最初に豚バラ唐揚げが来たので食してみると。う~ん、食感が重い。豚の脂と揚げに使用した油がダブルで効いてくる感じ。味的には美味しいんだけど、年代を選ぶな。ま、この店のメインターゲットは若夫婦+子供、出来上がったカップル、若いグループあたりだろうからこの程度の重さで良いんだろうけど、上の年代には重いな。これなら鶏の唐揚げの方が良いね。それにしても、鶏の唐揚げのって秀逸な料理だよね。
さて、そうこうしてるうちに、ラーメンが来たので早速スープをいただくと。う~ん、佐野・館林ラーメンの本筋を押さえたシンプルな鳥の出汁に、焼いた海苔の味移って良い案配になっている。

Photo_3

麺の方も佐野・館林ラーメンの伝統、手打ち麺でいけてます。この店が改めて館林ラーメンの店であることが再確認できました。結構、トリッキーで奇抜なラーメン出すんですけど。
焼き海苔をトッピングした新感覚のラーメンとして評価でいます。
ただ、個人的な感想としては、この店やっぱり味に奥行きが無いような気がする。ラーメン単体を見るともっと美味しい店はあるので、やっぱりシチュエーションで選択する店かな。デートに使うとかの。ま、目新しいラーメンがある店なのでのぞいてみる価値はあると思います。

で、好例の場所は此処ね。

2013/07/14

B級グルメ探検隊104

Photo

怒濤の更新?暇なもので。(..;)""""> ポリポリ
さて、今回のB級グルメ探訪記は隣町の大泉にある”レストラン ブラジル”さんへ伺いました。
結構この地で仕事してる割には訪れる機会がないもので。ま、完全アウェーな感じになるのがわかるので避けてたってのもあるけど、食における知見を広めるためにもと一番歴史のある店をチョイスしてみました。
店内は割とこじんまりとしている感じ。装飾もブラジル感があまりないのは拍子抜けかな。さすがにお客さんは日系の方が過半数みたいだけど。

Photo_2

代表的なブラジル料理”シュラスコ”を食べたいのはやまやまなれど、この年で食い切れないので断念。今日はセットメニューのプラトデ カサなるものにしました。メインはブラジル風フランクフルトと豚のソテーそれに、これまたブラジルのお袋の味?フェイジョンが付いてるやつ。

Photo_4

サラダはサラダバー方式で自分で取ってくるので料理が出てくるまでこれで時間つなぎ。結構新鮮で美味しいですね。

Photo_5

Photo_7

次に出てきたのが、フェイジョン(金時豆の塩ゆで?)ときゃさばいもの粉末(ファロッファ)と野菜のマリネ( ビナグレッテソース)が付いたライス。これもブラジル料理の定番だそうで、フェイジョンをライスかけてファロッファやビナグレッテソースを混ぜて食べるようです。
最初、フェイジョンのみをいただくと、ほんとに塩ゆで。金時豆のみの味。素朴でほんの少し甘みがあるけどね。日本で言うお味噌汁感覚かな。で、これをライスにかけて食してみると、ま~ほんとにシンプルな味わい。味噌汁ぶっかけご飯を旨いかどうか評価するみたいに難しいな~と感じる。その民族のソウルフードだからな。私的には味噌汁ぶっかけご飯的に美味しいと思いますね。でもね、分からないのがきゃさばいもの粉末を足す事。味的には変化しないし、かえってねっとりして後味が悪くなるような気がする。どちらかというと栄養素的なものなんだろうな。野菜のマリネを足した方がピリ辛味が足されて美味しくなったね。

Photo_8

さて、メインディッシュの豚のソテーとブラジル風フランクフルトを食してみると。

Photo_9

Photo_10

フランクフルトの方は、結構濃厚な味付けになっていて歯ごたえ十分。ご飯のおかずに十分になる良い味を出してますね。美味しいですよ。豚のソテーも味的にはシンプルな塩+胡椒のみでしょう。肉本来の味を楽しませてくれる美味しい味付けになってます。ワイルドに味わいたい人にはうってつけ。肉好きにはたまらないでしょうね。美味しくいただけました。happy01

そうじて、ブラジル料理と言うとけばいイメージあるけど、シンプルイズベストな素朴な味わいの良質なものですね。ワイルドに肉を大量に味わうのが本筋なんでしょう。

今度は、無理してでもシュラスコ食べてみたいな。機会があったら再訪して挑戦してみます。

で、好例の場所は此処ね。


 

2013/07/13

B級グルメ探検隊103

Photo_5

自分へのご褒美?で夜も出かけることに。選んだのが今日開店のタイの食材と料理を提供するという、"シャム”さんへ伺いました。

Photo_6

店内はごくごくこじんまりとしたたたずまい。奥に食材を商っているようです。

Photo_7

メニュー自体はセットものしか無いよう。で、とりあえずグリーンカレーセットを注文。

Photo_8

米は日本米とタイ米を選択可能なので、やはりタイ米を選択。
早速、グリーンカレーをいただくと、タイカレー独特の酸味が全面に出てくる味が強烈。辛みはほどほどね。ま、美味しい方かな。タイ米との相性はさすがに良いですね。
付け合わせのスープの酸味のきいた味とパクチーが独特の味を出してる。

でも、どっちかというと家庭料理的な色彩が強いかな。総じて味に奥行きが無い。ま、セットで980円は悪くないからランチとしていただく入門編としては良い選択かもしれないけど、タイ料理の奥義は味わえないと思うね。そんなところかな。

今度はランチで、タイ風焼きそば食べに行こうかな。タイの焼きそばって美味しいんですよ。

場所は此処ね。

ラーメン放浪記323

Photo_2

休日出勤後、暇なのでまたまたラーメン放浪記を実行。
今回は佐野ラーメンの”ラーメン 太七”さんへ伺いました。

此処は、一部で?有名な青ネギラーメン発祥の店。
で、当然注文は、青ネギラーメンと佐野ラーメンでは恒例の餃子をサイドメニューで注文。

Photo_3

Photo_4

青ネギラーメンが先に登場!
聞きしに勝る青ネギの量。happy01ネギ嫌いの方は食えないよね。sadま、私はネギラーでもあるのでうれしいお姿ではありますが。(^.^)

2

ま、なんと言っても、レンゲが2っ付いてくるのが自信のほどを伺わますね。lovelyネギを食えって事ね。(..;)""""> ポリポリ
さて、では早速スープをいただくと。う~ん、外連味の無いシンプルな醤油味。まるでとんがったところが無い爽やかなスープに仕上がっている。品の良いコンソメ飲んでいる様。少々インパクト不足な感はあるけど、ネギの味を邪魔しないのが良いね。さて、肝心のネギを穴付きレンゲですくっていただくと、ネギ独特の刺激が無くて甘さを感じる良いかげんな味わい。ネギラーにはお勧めできるね。麺の方は佐野ラーメンにしては堅めなゆで加減。個人的には好みな堅さ。手打ちの風味と合わさって良い感じ。

餃子の方も、佐野ラーメンのサイドメニューにふさわしい美味しいものでした。

総合的には、インパクト不足な感は否めないけど、毎日食べても飽きの来ない庶民のラーメンって感じ。ま、これがラーメンの本来の姿ではあるけど。

お勧めしておきます。お近くにおいでの際は是非ご賞味ください。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/07/06

ラーメン放浪記322

0706

関東は例年より早く梅雨が明けたそうで、この暑さで気象庁が判断したんじゃないっかって気もしますが。で、遠出する気も失せたので近場でラーメン放浪記を。
で、やっぱりお気に入りの”なが田”さんへ訪問。happy01

Photo

Photo_2

注文は、新顔の濃厚鶏出汁たんめんとサイドにチャーシューネギマヨ丼としました。

Photo_3

早速スープをいただくと、う~ん、鳥の出汁が効いた甘みのある絶品のスープに仕上がっている。上品なクリームシチューを食しているみたい。happy01コクがあるのに、くどくなくさっぱりとした口当たりはなかなか出せるものでは無いと感じる。麺の方も細麺のストレートにしては歯ごたえと小麦の風味が感じられる良い麺を使用している。いやいや、この店には外れが無いのが凄いと思うね。チャーシューネギマヨ丼も相変わらず、チャーシューがねっとりした甘さとマヨネーズが絶妙な味わいを出してるし。happy01もう一寸のりを足した方が良いとは思うけど。(^.^)

Photo_4

ごちそうさまでした。お勧め出来る店ですね、私的には。あまり有名では無いけど。happy01

で、恒例の場所は此処ね。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »