最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/30

B級グルメ探検隊102

さて、浮世絵展 を出てお昼でもって事で、KITTEに入りました。

前回の訪問時にあたりをつけておいた店を探し、入店。それが比内地鶏を使用する店。”本家あべや”さんです。

Photo_2

注文は、比内地鶏を使ったプリンに誘惑されて”親子丼御前”としました。

Photo_3

まずはジュンサイ酢をいただくと、淡い味わいとジュンサイ独特の粘りが旨い。

Photo_4

秋田名物いぶりがっこをいただく。独特の歯ごたえは美味しいけど、一寸東京風にアレンジしてるのか薄味ですね。この手のものは味が濃い方が良いと思うだけど。変に迎合して欲しくないな。happy01

Photo_5

さて、肝心の親子丼の方はと言うと、とろっとした卵と案配の良い出汁が効いていて結構美味しい親子丼に仕上がっていると思いますよ。難点は肉が少ないところかな。ま、貴重な比内地鶏をそうそう使えないよね安い値段では。

Photo_6

さて、もう一つの目玉、比内地鶏を使ったプリンは。堅めに仕上げた食べ応えのあるプリン。でも、少々淡泊かな、思ったほどコクが出ていない感じ。値段相応なのかな。
ま、総評としてはこの手の施設に入っている店としては味と値段のコスパは良いと思いますね。絶対的な旨さは無いにしても。無難な選択肢としてお勧め出来ると思います。

浮世絵floating World-珠玉の斎藤コレクションへ行ってきました。

Photo

今日は、三菱一号美術館へ”浮世絵Floating World-珠玉の斎藤コレクション”へ細君と行ってまいりました。
いやこれがまたいい展示会でしたね。個人所有でこれほどの収集ができるのかと感激しました。機会があれば、収蔵先である”川崎・砂子の里資料館”へも行ってみたいものです。
特に感銘を受けたのが、上の写真のようないわゆる浮世絵とは異なる色彩の”肉筆浮世絵”が見られたことかな。一品注文で掛け軸などに表装されたもので、構成は浮世絵、色彩は日本画って感じで新鮮でしたね。
これは、見ごたえがありました。是非皆様もお暇がありましたらご来場を。ほとんど有名どころが網羅されてますし。今度第2期も行くことにしました。

130630

それにしも、この三菱一号館美術館自体が一見の価値ありですよね。上の写真のように古い建物がうまく再現されてるし。

02130630

中庭も綺麗だし。住みたいほど。happy01
良いものが出来たと感激しております。
では、また第2期の感想などを書きたいと思います。



2013/06/29

ラーメン放浪記321

Photo

今日は、先日のリベンジとして再度幡ヶ谷の”そばはうす不如帰”へ行ってきました。
開店15分前にも関わらず既に7人ほど並んでいる。やはり噂に違わぬ有名店。(^.^)
さて、開店と同時に入店。店内は黒で統一された小洒落た店内。席数は7~8席のカウンターのみのこじんまりとした店。店主と女の子の二人で切り盛りしてます。

Photo_2

さて、注文は煮豚そばとしました。
さて、早速スープを食してみると。う~ん、独特の風味。看板通りハマグリの風味が際立つ節妙なスープに仕上がっている。ハマグリのさっぱりとした味わいと豚の出汁が力強さが加味されている感じ。これまでに味わったことの無い独特なものになってますね。流石有名になる訳ですね。
麺の方は細麺のストレート。全粒粉なのかな独特の茶色麺で小麦の風味と喉ごしを併せ持ったこれまた絶品な麺となっております。このスープには絶妙な組み合わせでしょうね。
煮豚も厚みと柔らかさを併せ持つ味わい深いものだし、なかなかの一品ですね。電車賃使っても行くだけの価値はあると思いますよ。お勧めしておきます。
今度は塩ラーメンかつけ麺食べに行こうかな。happy01

恒例の場所は此処ね。

2013/06/19

ラーメン放浪記320

Photo_2

今日のラーメン放浪記はメインを餃子としました。happy01
”所さんの目が点”で餃子はお酢オンリーで食した方が美味しいとの事で、美味しい餃子を提供してくれる邑楽町の”麺龍”さんへ訪問。lovely
相変わらず、堂々としたお姿。heart04

Photo_3

早速、お酢のみで食してみると。う~ん、言われるとおり餃子本来のうま味のみが味わえる感じはするね。でも、これって痛し痒しの様な気もするけど。不味い餃子では不幸になるよね。lovely
ま、麺龍さんの餃子は美味しいから味わえるけど。で、酢の効果でさっぱりとした味わいになるのは良いけど、ニンニクなどで味付けしてないと一寸インパクト不足になるような気が。
麺龍さんの餃子も野菜中心なので、さっぱりしすぎの傾向が。そこで、ラー油を足してみたらインパクトが強くなって香ばしくさらに美味しくなりました。めでたしめでたし?
いずれにしても、酢で餃子は有りと思います。それにしても、麺龍さんの餃子は宇都宮の餃子より旨いね。
で、忘れていけないのが、メインのラーメン。

Photo_4

何時ものように、肩ロースとバラ肉のチャーシュー2種類が入ったダブルを注文。
さて、スープを初めに頂くと。う~ん、相変わらず鳥の出汁がきいたシンプルでいて味わいのある外連味のない旨いスープだ。ラーメンの王道を行っているシンプルイズベストないっぱいは健在なりを再確認しました。何時もありがとう。ごちそうさまでした。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/06/16

スイーツ探訪記71

Photo

今日は、おみやに錦糸町のロッテシティホテル内で焼いているコアラのマーチ焼きを勝ってきました。

Photo_2

今回はイチゴミルク味を選択。わ~い可愛すぎるぞ。happy01
早速食してみると。今川焼きとの触れ込みだけど、今川焼きよりもっときめが細かくてしっとりしていて美味しい皮だね。高級なパウンドケーキ並みだね。イチゴミルクの餡は割と甘さ控えめ。さっぱりした味で幾つでも食べられる感じ。今度は違う味を食べてみたいね。

2013/06/15

スイーツ探訪記70

Styles_cakesco


Styles_cakesco_2

さて、神保町の古本屋街を散策してると裏道に小洒落たケーキ屋を発見。
それが、”STYLE'S CAKES & CO.”と言う、タルトとキッシュ専門店。神保町界隈にしっくりなじんだ、小粋な店ですね。気に入りました。happy01

Styles_cajes_co

買ってきたのは、ブルーベリータルト。細君の帰宅を待ってモカを入れて食べてみると。
う~ん、美味しい。しっとりしたタルト生地と酸味のきいた甘さ控えめなクリームは絶品ですね。隠れた名店を発見して嬉しく思いますね。

是非お勧めしておきます。

恒例の場所は此処ね。


B級グルメ探検隊101

今日は、八幡まで出張って”そばはうす不如帰”へラーメン食べようと出かけて見たものの、あえなく撃沈。イベントで休みだとさ。happy02
しょうがないので、神田神保町へとって返して、久しぶりに古書店巡り。行きつけの”原書房”で史記の春秋戦国時代を集めた本を購入。
昼飯は久しぶりにスマトラカレーの”共栄堂”へ取ることに。

Photo_5

神田はカレーの激戦区だけど、私は此処のカレーが好きですね。一押しです。

Photo_6

Photo_7

今日は、ビーフカレーにしてみました。早速食してみると。う~ん、相変わらず香ばしい味わい、病みつきになる味ですね。辛さはさほどでも無いんだけど、この香ばしさと奥行きのある味わいは本場インドのカレーでも無く、日本のカレーでも無い独特の立ち位置を確立してると思いますね。また、ビーフが味が染みて美味しいんだな。注文の時はルーを多めに注文することをお勧めします。いや、旨かった。
今度は名物焼きリンゴが出る10月以降に再訪しよっと。

で、恒例の場所は此処ね。

B級グルメ探検隊100

Photo

梅雨と言っても空梅雨、でも蒸し暑い。って、事でこんな陽気の日はカレーでしょって事で、先日群馬県太田市にある”ダージリン”さんへ伺いました。

Photo_2

外観は黄色一色で目立つので迷わないでしょう。内装も清潔感が有って良い印象。

Photo_3

Photo_4

で、注文したのはランチセット。カレー一品にサラダ・ドリンクのセット。ナン・ご飯はおかわり自由。カレーはスタンダードなキーマカレーを選択。辛さは大辛にしてみました。
インパクトがでかいのはナンの大きさかな。焼きたててふっくらしていて、食してみると香ばしい小麦の香りと甘さは仄かに香る美味しいものでした。これは秀逸。lovely
さて、キーマカレーに付けて食してみると。大辛だけに結構ぴりっとした刺激。でも、後に残らない絶妙な味付け。汗をかきながらも食が進む味。一寸味的には奥行きが無い感じもするけど、結構いけてる味だと思いますね。CP的には高いのでは。キーマカレーが残ったのでご飯のおかわりをして、カレーを食べたけどやっぱり日本人はこちらの方が落ち着くね。bleah
美味しかった。ディナーで一品料理を食べればもっと美味しいのかなと期待できます。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/06/11

ラーメン放浪記319

今回のラーメン放浪記は、通い慣れた?館林の"田村家”へ伺うと、新メニューが出ていたので早速いただくことに。

Photo

Photo_2

それが、上の写真”激辛デビルラーメン”なるもの。ついでにサイドメニューは何時も頼んでいる"俺のやさい”としました。健康には気をつけないとね。ヾ(^^ )

さて、何故”デビルラーメン”なんだかは不明だけど、中身は味噌湯麺に麻婆豆腐をトッピングしたもの。早速食してみると、う~ん、結構な辛さ。ちなみに、激辛ではないデビルラーメンもあるのだか、やっぱり激辛に挑戦しないとね。でも、辛みは絡みつくようなやな辛さではなく食べやすい。そぼろの肉が良い食感になっていて結構いける。
麺の方は通常使っている麺と同じかな。縮らせるとか平麺にするとかの工夫がほしいかな。
一寸残念なのは辛さの案配は良いのだけど、辛さに深みがない点かな。単純な辛さなので食していくと飽きが出てくる感じがする。もう一寸工夫すればさらに美味しくなると思うので惜しまれるね。

総じて、美味しいことは美味しいでけど、何度でも食べたくなるほどでもないかな。

さて、恒例の場所はここね。

2013/06/08

新クラシックの扉を聞きに行きました。

今日は新日本フィルハーモニー管弦楽団の新クラックの扉を
聞きに行きました。気軽に行けて低料金で良い演奏が聴けるのは幸せ。

今回は指揮者に、金聖響氏、ピアノにアンナ・ヴィニツカヤ嬢を迎え、
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
ドヴォルジャーク 交響曲第9番 「新世界」
アンコールは、プロコフィエフピアノソナタ第2番第2楽章と、ドボルジャークスラブ舞曲でした。

ヴィニツカヤ嬢超絶技巧のラフマニノフは聴き応え十分。
それに、ホルンはじめ金管がいい音を出してたね。
かたや、「新世界」は私がもっとも愛する曲の1つ。この曲を聴くと涙が出るのよ。(#^.^#)
今回は、金管もよかったけど、イングリッシュホルンの音が特によかったね。

いや2000円ではもったいないほどの演奏でした。

で、7月に今度はブラームスの交響曲第1番を聞きに行く事にしました。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »