最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/28

ラーメン放浪記318

Photo

最近怒濤の更新になってる気がする。体重も怒濤になったらどうしよう?happy01
さて、今回も坂東太郎さんからの新店情報を頼りに、”月ヶ瀬 支店”さんへ伺いました。

Photo_2

外観・内装ともに、落ち着いた雰囲気でラーメン屋然としていいですね。happy01

Photo_3

Photo_4

注文は、館林ラーメンのデフォルト、ノーマルなラーメンと餃子としてみました。
早速、出されたラーメンのスープをいただくと、う~ん、旨い。鳥の出汁と野菜の甘さがいい具合にバランスをとっている。かえしは控えめで醤油の味は全面出でていないけど、三位一体の味に仕上がっている。なんだろ、旨い不味いの領域を超えた不思議な風味を感じるな。
なんか、美味しい水を飲んでるような感じで、どこにもくどさを感じさせない。
そう、”上善水のごとし”って感じかな。
麺の方は、館林ラーメンにしては、細身かな。独特の手打ちの食感はノーマルって感じ。でもこのスープには細麺の方がベストマッチでしょう。
で、餃子の方は、ま~普通かな。lovely

それにしても、この独特な風味を持つスープは特筆すべきもの。本店より美味しいと感じましたね。お勧めしておきます。
今度は塩味食べに行こうかな。

で、恒例の場所はここね。

2013/05/25

スイーツ探訪記69

Photo_5

車をディーラーへ車検のために持っていた帰り、久しぶりに”フラガリア×アナナッサ”へ寄ってきました。
ここは、イチゴのスイーツ専門店。店内も小洒落た作りで、女の子が好きそうなメルヘンチックな作りの内装なんだな。ま、私の方は質実剛健?旨きゃ良いんですが。lovely

Photo_6

さて、買ってきたのは定番なイチゴのロールケーキ。谷中コーヒーのキリマンジャロを入れて、嫁さんと食しました。
う~ん、イチゴの香るが仄かに漂う甘みの押さえたクリームは上品で美味しいね。全体的にさっぱりした軽めの仕上がりであっさりいただきました。happy01
大変美味しゅうございました。
お近くにおいでの際は是非ご賞味ください。イートインも出来ますので、女の子にはうってつけのお店だと思います。

で、その場所はこちら。


ラーメン放浪記317

Photo

今回のラーメン放浪記は、錦糸町にある”一途”さんへ伺いました。
店の来歴をみて、京都にある有名店”ますたに”の日本橋店で修行されたとか。

う~ん、上野にますたにが有ったとき食べたけど、如何にもチェーン店の味だったのでどんなもんか期待と不安を胸に入店。

Photo_2

Photo_3

さて、注文はノーマルなラーメンと、京都なので九条ネギめしをオーダー。
先に、九条ネギめしが来たので食してみると。旨い!九条ネギの上から塩味の効いた油がまんべんなくかかっており、九条ネギの香りと相まって独特の風味が感じられる。これだけど一品料理として成立するぐらい。若干塩味がきつい気がするけど美味しい丼に仕上がっていると思います。
さて、肝心のラーメンは背脂多め、麺堅めで注文しました。
早速スープをいただくと、醤油の香りと味が際立った鳥ベースの美味しいスープ、これに背脂の甘みが加わってインパクトが強い美味しいスープに仕上がってますね。上野で食したますたにラーメンとは明らかに違いを感じます。

Photo_4

麺の方は、細身の中太ストレート。喉ごし重視かな。スープの相性的には細麺ストレートは合っている気がする。でも風味が一寸弱い様な個人的にはするかな。happy01

ま、結構いけてるラーメンと思います。ただし、年のせいか後半背脂多めはきつくなってきた。味的には背脂多い方が美味しいとは思うけど、背脂少なめの方が食べやすいかも。
今度はつけ麺でも食べようと思います。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/05/21

ラーメン放浪記316

Photo

”板東太郎のラーメン探訪記”さんの情報を元に館林の新店へ出撃。
いつもお世話になります。happy01
それが今回お邪魔した”佐野手打ちラーメン 麺や万福”さん。

Photo_2

館林の中心地に割と広めでウッディーで雰囲気のよい店ができたのはいいけど、6時過ぎに入店しても先客がいないのがちょいと心配。wobbly

Photo_3

Photo_4

で、やはりここはオーソドックスなノーマルなラーメンと佐野ラーメンのデフォルト餃子を注文。
さて、出されたラーメンを見ると、琥珀色に輝く、透明なスープが印象的。佐野ラーメンでもここまで透明なのは珍しかな。さて、早速スープをいただくと。温度が熱め、味的にはシンプルで端麗なバランスのとれた味わい。コンソメスープのような風味があるね。醤油味も鳥の出汁もバランスが非常に良いのはわかるけど、かえって無個性になっているきらいがあるな。惜しいことに。麺の方は佐野ラーメンのデフォルトなできかな。

Photo_5

餃子の方もレベルは高いんだけど、いまいち個性が足りない気がする。
総じてまとまりが良すぎてインパクト不足のきらいがあるのが惜しい。佐野・館林ラーメンでもっと美味しい&個性的な店があるだけに、もう一歩のがんばりを期待したい。それだけの潜在能力はあると思います。
今度は塩バターラーメンを食べようかな。バター入れた方がインパクトありそうだから。

で、恒例の場所はここね。

2013/05/18

ラーメン放浪記315

Photo

今週も懲りずにラーメン放浪記を実施。ほんに懲りないね~。(^^ゞ
さて、今回は神田駅のそば”自家製麺 ほうきぼし”さんへお邪魔しました。

Photo_2

担々麺が売りみたいですが今回は特製ラーメンとしました。
早速スープをいただくと、う~ん、鳥の出汁が良い具合に効いていて凄い上品な醤油味のスープに仕上がっていますね。す~と喉を通る感じ。
麺も細麺のストレートで喉ごし重視の麺に仕上がっています。チャーシューにしてもライトな感覚。総評すると大変上品でまとまりのあるラーメンでセンスの良さがうかがわれるんだけど。なんだろう、いまいちインパクト不足な感が否めない。もう一歩奥深さが足りないのかな、もう一寸背脂でも効かせてワイルドな方に振っても良いんじゃないかと。個人的にはおとなしすぎるような気がしますね。筋が良いだけに惜しい気がします。
それにしても、はんつう氏、石神氏、石山氏のラーメン評論家三巨頭の色紙がそろい踏みしてるのが一寸センスを疑うんだけど個人的には。happy01有名人頼りはいただけないよな。happy01

ま、私の通説を踏襲してるような気がするけど。(^^ゞ

一応場所は此処ね。

2013/05/13

ラーメン放浪記314

Siam_celadon

六本木ヒルズの帰り、お茶の水に出て昼飯を取ることに。
で、地下鉄千代田線から直通で出てきたのが、新しく出来た日立御社ビルの跡地の”お茶の水ソラシティ”。その地下一階が飲食になっている。その中で物珍しさから”サイアム セラドンお茶の水ソラシティ店”を選択。珍しいタイの麺を食することに。

Siam_celadon_2

選んだのが、チキンカレーヌードルのセットにしました。
早速いただくと、う~ん、結構美味しい。タイカレー独特の酸味のきいたスパイシーなカレー味が美味しいね。たぶん日本人に合わせたであろうマイルドさが感じられる。個人的にはもっとスパイシーでも良いと思うけど。せっかくタイカレーを味わうんだから。
で、アクセントとしの揚げた麺も美味しいね。

Siam_celadon_3

麺はは、タイの麺だろうね、平麺の麺なんだけど可もなく不可もなしかな。
で、総評的には、美味しい事は美味しいけど、変に日本人に迎合してる感じがする。この様な施設に入るにはこの選択は正解なのだろうけど、惜しい気がする。CP的にも低いしね。
この施設に来たなら選択肢として入れても良いと思うけど、わざわざ行くほどでも無いかな。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/05/12

聖おにいさん

Toho_cinemas

今日は、朝一番で映画”聖☆おにいさん”を見に六本木の”TOHO シネマズ六本木”へ行きました。流石に一寸マイナーな映画だから近くで公開してないのよ。happy01
それにしてもTOHOシネマズ六本木も奥まったところにあるから分かりずらかったす。coldsweats01
でも結構穴場かも。土日で六本木に映画見に行こうって人は少ないでしょうね。たぶんメインが平日のレイトショーでしょう。会社帰りに。

Photo

で、予想通り?”聖☆おにいさん”も10名ほどしか入らなかったし。sad

さて、肝心の映画は。いや面白い。多分にこんな漫画は日本人にしか書けないね。八百万の神を信じる日本人ならではの宗教観(狂信的にならず、不遜にならず)で無いとこの味は出ないよ。二人の聖人のキャラも立っているし、ペーソスあふれるギャグは秀逸で、各聖人の逸話がちりばめられて感心するね。立川って場所の設定の良いしね。
良くも悪くもぬるい雰囲気は平和を感じますよ。

ほんに、良い意味で日本人的宗教観が世界で浸透すれば世の中の係争は半分は無くなるだろうに。世に争いごとを起こすために天は聖人を使わしたわけでもあるまいにね。

って、事でお勧め出来るアニメだけど、1800円払う価値があるかは微妙かな。DVDになったらレンタルでもして見てください。(^_^;)\(・_・) オイオイ

2013/05/06

ラーメン放浪記313

Photo

さて、秋葉原のジャンク漁りの前に腹ごしらえって事で、ラーメン放浪記を実施。happy01
今回は神田にある”「   」無銘”さんへ。

カギ括弧のみで無銘と読ませるようです。coldsweats01
看板がまえの店のままの様で一瞬うどん屋と間違えたかと思いましたが、意を決して入店。happy01
店はこじんまりとしたカンターのみ6席程度の店。ま、こざっぱりしていて居心地は良いです。

Photo_2

Photo_3

注文は熟成練り醤油ラーメンとチャーシュー飯としました。
早速、スープをいただくと。鳥ベースの塩味なんですが、よくぞ此処まで鳥で出汁を取りましたって程クリーミーなこくのある出汁に仕上がってます。コーンポタージュを飲んでいるようなふくよかな味わいです。これだけでも十分美味しいのですが、味変で練り味噌の様になっている醤油味の玉を溶かすと、更にコクが加味されます。でも、どっちかというと味噌ぽい味にはなりますが。

Photo_4

麺のほうも中太ストレートで歯ごたえ重視の美味しい麺ですね。味自体は美味しい麺ですが、どうなんでしょう?細麺の方がこのスープに合っているような気もしますが。
で、特筆すべきは店主の細やかで丁寧な応対が好印象ですね。紙ナプキンの案内や、出る時のいちいち開けてくれるなど丁寧すぎるほどです。lovely
さて、総じてお勧めできる店なのですが、個人的にはもう1つ突き抜けて欲しいなとも思いましたね。練り味噌状の醤油玉が味的に中途半端なような気がします。ま、あまり強すぎてもベースの鳥の出汁が相殺される恐れがありますが、この辺の味のバランスを見なせば凄い美味しいラーメンに変身する可能性を感じるラーメンでした。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/05/04

本は不滅です。

ラファエロ展の帰り、上野公園で”上野の森親子フェスタ”なるイベントがあったので寄ってきました。
ま、各出版社が本を持ち寄っての露天市なんですが、ふと思うのは電子図書がもてはやされているけど、私的には懐疑的だな。
確かに電子図書の方が便利だけど、本って単純に情報を得るための媒体でしか無いのかな。図書館とか大きな本屋に行ったときのわくわく感って大事だと思うけど。
それに電子図書が普及するとかえってメジャーな本しか売れなくなるんじゃ無いかな。
それって文化の廃退だよね。
で、ぐるぐる回ってみて面白い本を見つけました。全国農村教育協会と言う聞いたことが無い出版社が出している”外来動物ミニ図鑑”って本。
そのなかにウシガエルって外来種なんだって。私の小さい頃から既にいたからぴんとこないけど、こんな発見が本の醍醐味だよね。
便利なだけがすべてではないよ。

B級グルメ探検隊99

Photo_4

さて、”ラファエロ展”の帰り、昼食に選んだのが”ぽん多 本家”としました。
上野とんかつ御三家と言われる名店です。先日はのれん分け(この顛末はいろいろあるらしいけど)の店”蘭亭 ぽん多”でしたが本家は如何に?
でも、ぽん多さんはタンシチューとかもやっているから正確には洋食屋ですけどね。

Photo_5

で、やっぱり選択したのはカツレツ定食。とんかつでは無くこの店はカツレツと称します。洋食屋ですから?
さて、容姿は蘭亭ぽん多さんより色が濃いめ。普通のとんかつですが、食してみるとやはり名店。厚い肉なのにさっくり歯ごたえがありながら柔らかくジューシーな仕上がり。旨いね~。happy01
それに特筆すべきは赤だしの味噌汁。う~ん、絶品。やはりとんかつには赤だしの味噌汁ですよね。キャベツの千切りもおしゃれに盛りつけられてるし、食感も最高。どれを取っても老舗の風格がありますよ。

Photo_6

それに、女将さんの風情も良いよね。凜とした品格と下町の気っぷの良さがにじみ出てる。そんな雰囲気も含めて名店の味を堪能しました。
お勧めします。
で、恒例の場所は此処ね。

ラファエロ展に行ってきました。

Photo

今日は細君と”ラファエロ展”へ上野の西洋美術館へ行ってきましたよ。happy01
連休中なので穴場と思ったけど結構な混み具合。ちょいと予想が外れました。sad
ま、本格的にラファエロにフォーカスをあてた美術展はこれが初めてでは無いかな?それにラファエロって如何にも日本人が好きな画家ですからね。
早速入ってすぐにラファエロの自画像が出迎えてくれます。う~ん、イケメン。このあたりも日本好み?夭折しているし人間的にも破綻してないしね。(^.^)
展示を見てくるとやはりルネッサンス期の絵画は安心感があるし、特にラファエロって均整とれているから見入ってしまいましよね。

Photo_2

特に気に入ったのが、聖セバスティアヌスの絵かな。それとポストカードに無かったけど、大きなタペストリーは見物ですね。思わず、見入ってしましました。lovely

Photo_3

でも、目玉はやはり”大公の聖母”でしょうか?
バックの黒色が後から塗られたってのは新しい発見。現代科学の進歩とも言えるけど、大きなお世話とも?
ま、一寸きになるは貴重な美術品が集まっているのはわかるけど、展示品が少ないかなってとことでしょうか?ルネッサンス期の作者は壁画とか彫刻も手がけるからおいそれとは持ってこられないからね。それでも貴重な美術品をこの目で見られて有意義な日でした。heart04

興味のある方は是非行って見てください。

2013/05/02

ラーメン放浪記312

Photo_2

国立博物館の”大神社展”の帰り、恒例?のラーメン放浪記を実施。happy01
今回は、御徒町ある”富白”さんへ伺いました。
カウンター7席程とテーブル席1席のこぢんまりとしたみせ。
此処は鳥塩が売りだそうです。

Photo_3

で、注文は鳥塩湯麺としました。lovely
さて、早速スープをいただくと、う~ん、クリーミー。鳥の出汁が十分に出ていて塩加減もほどよく。ポタージュを飲んでいるかと思うほどクリーミーで奥行きのあるスープに仕上がっていると思います。なかなか湯麺でこれほどのこくのある味を味わうのは珍しいかと。

Photo_4

で、麺の方は浅草開花楼の麺を使用してるようですね。中太の若干縮れた麺は歯ごたえ重視の美味しい麺です。クリーミーなスープとは相性抜群でしょう。若干堅すぎる気もしますが。

Photo_5

トッピングは、鳥のつくね団子がかわいいですね。
総じて、大変美味しい湯麺をいただけました。大満足。お勧めできる店だと思います・
今度は豚肉のトッピングが追加された鳥豚塩ラーメンがあるので是非食したい物です。

恒例の場所は此処ね。
で、ついでにAKIOKA ARTISAN谷中コーヒーに寄って、

P1010188

珍しサダントラジャって豆を入手。これから賞味してみようと思います。楽しみ。happy01

大神社展は渋すぎる!?(^^ゞ

Photo

PCの設定も終わったことなので、ふらりと上野の国立博物館でやっている。
大神社展を覗いてきましたよ。happy01
第一章の古神宝の螺鈿蒔絵の箱なんかは状態が良くて今見てもとれも綺麗。日本人の高度な技とそれを脈々と受け継ぐ精神性には感動する物がありますね。
あと、第五章で教科書でしかお目にかかれない”七支刀”とか”海獣葡萄鏡”の現物を見られるのは感動物です。
後は大きな御輿が秀逸ですね。良く運んできたものだと。

今東京は神在月となっております。happy01
このような展示会は貴重だと思いますよ。伊勢神宮の式年遷宮がきっかけだと聞きましたから、今度は20年後しか無いかも。その頃は私この世にいないかもしれませんからね。(^^ゞ

興味のある方はいらっしゃったら如何でしょうか。

2013/05/01

ラーメン放浪記311

Photo

さて、今回のラーメン放浪記は錦糸町駅前ロータリーの近く、”こってりらーめん なりたけ TOKYO”さんへお邪魔しました。happy01
そこそこ評価されていたのでどんまもんかと伺いましたが如何に?

Photo_2

Photo_3

注文は、辛旨特製ラーメンとランチセットとしました。
さて早速スープをいただくと、う~ん、どうなんでしょう。背脂ちゃっちゃ系を売りにしている割にあっさりしている。一応濃さは選べるのでノーマルを選択しけど、一寸パンチ不足かな。
スープ自体はまあまあ旨い方でしょうけど、さっぱりと言うより薄い感じも。bleah
辛味噌を混ぜてちょうど良いぐらいに。この辛味噌も辛いって感じじゃ無いんだな。
辛味噌があってやっと旨いかなってレベルかな。
麺の方も可も無く不可も無し。餃子も推して知るべしだな。sad
ま、万人受けするため&コストの為にこの味に収斂したんだろうけど、ラーメンを楽しむのでは無く食事のためのラーメンだと思いますね。そういう観点ではよくまとまっているともいけるけど、だったら吉野家の牛丼3回食べるよ、私。smile
ま、そんなところかな。

一応、場所は此処ね

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »