最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/23

ラーメン放浪記303

Photo_2

お~久しぶりに秋葉原を徘徊したよ。やっぱり私には秋葉原がよく似合う。(^^ゞ

と、言う事で?秋葉原でラーメン放浪記を。今回は昭和通り沿いの雑居ビル地下1階にある”らーめん 紬麦”さんへ伺いました。それにしても探すのに苦労しましたよ。coldsweats02B1にあるから看板わからないんだもん。happy02

店はすごいコンパクト。でも気の良い女将さんが良い雰囲気を出していて良いですね。

Photo_3

さて、注文は、名前を冠したつむぎラーメンに味玉をトッピングしてみました。
で、スープを先にいただくと、う~ん、独特な雰囲気を持った味ですね。鳥にげんこつ+魚介系の出汁だそうですが、げんこつの味は感じられないかな。どちらかというと魚介系の味が全面に出ていて鳥の出汁が支えてる感じ。第一印象としてはラーメンの出汁をそば・うどんの出汁に2・3歩近づけた感じですね。それほど節系の味が強く、醤油の味もたっている感じ。先のそばの出汁ベースのラーメンよりこちらの方が美味しいと想いますね。個人的にはもう一寸ラーメン寄りの方が好きですけど。でも、独特な立ち位置で独創的だと想いますよ。

Photo_4

更に、特筆すべきは麺の方でしょう。中太ストレート麺ですが、小麦が讃岐の”讃岐の夢”なるものを使いるためか、まるでうどんと中華麺の中間のような食感で、うどん特有のぬめりがあって独創的。これは一度食してみる価値があると想いますよ。

総評すると、すごい旨いとは言えないけど独特の雰囲気を持った一杯であることは確かです。はまる人ははまるだろうなと。一度食べてみる価値は十分あると想います。

今度は、つけ麺食べに行きたいと想います。

で、恒例の場所は此処ね。

2013/02/10

元ちとせ10thアニバーサリーライブに思うこと

元ちとせの10thアニバーサリーライブを聞きに昨日細君+パラの仲間でSHIBUYA-AXへ行ってきました。

ま〜なんていうかな?CDの歌声を期待するとちょっと残念なできですね。歌声にのびが無いことがしばしば。あの歌い方は相当喉に負担がかかるからライブには不向きかな。
それと、人柄なんだろうけど、120%で歌っちゃてるところがあるのが本当のプロではないような。ボイストレーニング等で80%の声量で歌える(聞かせる)ようにテクニックを磨かないと今後声をつぶすような気がする。あるいは、地元古老の諸先輩に年相応の歌い方を学ぶとか。

奄美に住んでパートタイムで仕事をするのは生き方としては好感が持てるし、欲のない人柄を表しているんだろうけど、プロなら良い意味で手抜きを覚えて聴衆騙すテクニックを覚えるのもある意味必要で、長持ちする秘訣だと思うけど。

ま、そんなところかな。元ちとせの歌声とキャラクターが好きな1ファンとしての感想でした。

2013/02/03

特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」を見に行きました。

Photo_2

今日は、細君と東京国立博物館140周年 特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」を見に行きました。

午後11時頃到着しましたが、割とすいていましたね。ラッキー

展示の場所が本館ってところも良いね。ほんと本館自体国宝だと思うけどね、私自身。

さて、展示自体はコンパクト。印象も地味だな。
でも、この仏像自体は日本人にしか作成できなと思いますね。
木を切り出して無骨に掘った仏像の素朴さは独特の雰囲気。
木に仏性を彫り込むのか、木にある仏性(神性)を明らかにするのか。その両方だろうな。自然にある仏性(神性)を感じるのは有史以来日本人の脈々と受け継がれた心性。それを感じさせる展示会でありました。

ま、そんな心性が薄くなっているのは悲しいことであります。この混乱期にある現代日本の真の原因はそのあたりにあるのかな。

自分の周りあるあらゆるものに仏性(神性)を感じ・認め、それに敬意表す心を再確認した展示会でした。

是非、皆様も行って見てください。おすすめします。

そうそう、帰りにピザ屋さん”ピッツェリア バル ファンダジスタ”さんへ伺いました。

上野って結構ランチに苦労するんですけど、ここは本格的なピザをリーズナブルな値段で食べられたので、お勧めします。

2013/02/02

ラーメン放浪記302

Photo

Photo_2

今回のラーメン放浪記は先日に引き続き、館林の”めん小町”さんへ。happy01
夜メニューでラーメンを出しているので、ものは試しと食してきました。
サイドメニューはお気に入りの天麩羅に。
さて、早速スープを食してみると。外連味のない王道の館林(佐野)ラーメンといった印象。鳥ベースのほのぼのとした出汁は好感が持てますね。ま、飛び抜けておいしい訳ではありませんが。スタンダードな印象。麺の方は、こちらもノーマルなやや柔らか目な平打ち麺ですね。館林(佐野)ラーメンとしたらスタンダードかな。特筆すべきは太めに切ったチャーシューが三枚も乗っていて600円ってのがCP高いと思います。このチャーシューが結構美味しい。
普段に食べるにはおすすめかな。そんな印象です。


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »