最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記294 | トップページ | 恒例年末ベートーベン交響曲第9を聞いてきました。 »

2012/12/15

JDREAMⅢ移行によせて。

Jst_2

昨日は、有給を取って、独立行政法人科学振興機構JSTへJDREAMⅡからJDREAMⅢへの移行説明会へ行ってきました。

やっぱり予想通り?来る人は会社として参加してる人がほとんどだよな。個人会員で来ている私はやっぱり異質?coldsweats01

さて、システムが更新されるのは良いのだけど、疑問点が国の外郭団体からサービスの主体が富士通の子会社G-SEARCHに移行するのが何故だろうと感じてたんですが。

アメリカでは情報収集とインデックス化を担当するプロディーサー(CASとかDERWETとかね)とエンドユーザーにサービスルするプロバイダー(DIALOG等)が当初から分離してたけど、日本ではJSTとか日本特許情報機構(JAPIO)が一貫してサービスしてたのに今更何故と思っていたけど、予想通り事業仕分けで官から民へって意向らしい。

う~ん、確かに天下り先を減らそうって目論みは同意できるけど、JSTにしろ、JAPIOにしろ仕事はちゃんとやってきたと思うけどね。あまたある仕事をしない幽霊財団とは違うと思いますよ。なんかこの辺が紋切り型の事業仕分けだよな。世界1ではだめなんですかと騒いだ某議員みたいに、科学を知らない文系が牛耳っている政界では日本の科学・技術は立ちゆかないよな。wobbly
ま、民間の方がサービスは良くなるとは思うけど。JSTさんにはプロディーサーとして今後もがんばって欲しい物です。

で、面白かったのが、質疑応答で日立の研究所の人が、アドバンスサーチ(所謂昔から有るコマンドを駆使して検索するモード)をもう一寸分かりやすい画面設定にして欲しいと要望が有ったな。
研究者が直接検索をかけるとき、コマンド表示では臆するとか?
う~ん、日立の研究所に入るくらいの人は、私の一万倍ぐらい頭が良いんだろうから、ちょちょっと調べりゃ要領がつかめるだろうと思うんだけど。それとも、自分の知識以外の領域には興味を示さないのかな?それって、単なる頭でっかちだろう。悪いけど、良い研究できないと思うな。ま、この分だと、日本の科学技術の行く末は暗澹たる物になるのでは。sad

出席していた日立の人曰く。googleに引っかからない情報は無いものと思っている節があるとか。おいおい、情けないから止めてくれ。googleがどうやって情報を収集しているかアウトライン位理解してよ。決して万能では無いんだよ。ほんと、大丈夫か?日本の科学技術と思ったね。

こえじゃ、Appleとかgoogleに打ち勝つ技術も商品も開発できず、サムソンに負けるのもうなずけると思ったね。

老人の独り言でした。

« ラーメン放浪記294 | トップページ | 恒例年末ベートーベン交響曲第9を聞いてきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/56322940

この記事へのトラックバック一覧です: JDREAMⅢ移行によせて。:

« ラーメン放浪記294 | トップページ | 恒例年末ベートーベン交響曲第9を聞いてきました。 »