最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石丸電気の消滅 | トップページ | スイーツ探訪記62 »

2012/09/01

墨田トリフォニーホールへクラシック聞きに行って参りました。

Photo_2

今日は細君と墨田トリフォニーホールへ、クラシック聞きに行ってきました。”新クラシックへの扉”って所謂入門編ね。安くてメジャーな曲やってくれるから気軽に行けるのがよいところ。

主催は新日本フィルハーモニー交響楽団で、指揮者は音楽監督でもある”クリスティアン・アルミック”です。

曲目はシューマンのピアノ協奏曲と、メインはベートーベンの交響曲第6”田園”。

ま~、久しぶりに生のオーケストラ聞いて迫力あって良かったは。一寸残響が少ないかなこのコンサートホール。でも、やっぱり生は良いね。心の洗濯ができましたよ。

私にとってやっぱりベートーベンの曲は特別な存在。ベートーベンの曲の中には人としての生きる糧”智・情・意”を感じるね。客観的に己を見つめられる智力、人に対する情の念、生きる意思の力があって初めて人は人たり得るのではと思うね。

って、ことで力が戻ってきましたよ。

« 石丸電気の消滅 | トップページ | スイーツ探訪記62 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/55556375

この記事へのトラックバック一覧です: 墨田トリフォニーホールへクラシック聞きに行って参りました。:

« 石丸電気の消滅 | トップページ | スイーツ探訪記62 »