最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/30

ラーメン放浪記283

Photo

Photo_2

さて、やっとこさ自宅PCを復旧してたので何処にも行けない週末。ま、これも私的にはおもしろいけどね。

って、事で手近な所でラーメン放浪記を敢行。場所は江東区亀戸2丁目にある団地の商店街にある”とうふ 高田”。所謂一杯飲み屋が出しているラーメンを食いに行った。

Photo_3

Photo_4

で、私が注文したのが左のとりそば。細君が右の白ごまラーメン。

で、早速食してみると。昆布系の出汁がきいていてさっぱりした味わい。割と良いと思うね。鳥の肉も美味しいし、細麺の割といける。一杯飲み屋のラーメンとしては上等だと思うね。ま、値段相応かな。でも、これを目的に行くほどでも無いけど。happy01

で、細君の白ごまの方は一寸ねって感じ。同じ麺を使っているのだが、白ごまのスープには合わないでしょう。ま、片手間にやっているだから麺は変えないよね。そこら辺も片手間感が出ているけど。ま、一杯飲み屋にはこれぐらいが適当かな。

で、恒例の場所は此処ね。

2012/09/28

やっぱり新しいイベントは必要ね。

お台場のガンダムフロントで新しいサービスが始まったようですね。
フリーダムのコックピットに乗れて写真が撮れるとか?
やっぱり新しいサービス始めないとリピーター来ないよね。happy01

ガンダムのコックピットに乗ってみた 東京・お台場で「3D写真」撮れる新サービス - 速報:@niftyニュース.

2012/09/27

何時か来た道?

森本氏が、維新橋本氏の雇用対策を批判している。 なんか、何でも自由化規制緩和すればバラ色になるって考え方の結論は小泉改革で実証済みだろう。 基本的には上記の政策をすれば強者と敗者が出るのは明々白々だろう。それで活性化はするだろうが、敗者に対する手当を怠ったのが今の日本では無いのか? 悪いけど、維新の会の政策は絵に描いた餅。実効性が乏しいと言わざるを得ないのでは。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20120927-145080/1.htm

2012/09/26

Winows xp再インストール

「itunes動かしながらatoのバージョンアップしてたら電源切れた。リカバーしようとしてもバックアップソフトでもって旨くいかない。デュアルブートでmbrとかが特殊なせいかな?ってことでWindowsxpの再インストールをじっし。tabletが有るから良いけど、私からPC取り上げたら脱け殻じゃん!でも、tabletってやっぱり使いにくいな。

B級グルメ探検隊93

Photo

Photo_2

さて、館林のラーメン屋もほぼ全て?制覇したので、は洋食屋に進出。

で、選んだのが”キッチン 麦畑”さんでした。

場所的には非常に目立たないところで、私が訪問したときも先客無し。(^^ゞ
雰囲気としては瀟洒な洋食屋さんって感じで良いんだけど、如何せん寂しかったな。happy01

さて、選んだ料理は定番の”チーズハンバーグセット”。ま、洋食屋の実力を計るにはハンバーグと言われるからね。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

さて、程なく出されたミネストローネをいただくも普通。happy01
次のサラダも普通。wobbly
悪くは無いけど、普通。テンション低くなっちゃった。
さて、メインのハンバーグが出てきたので食してみると。厚みが有り、ジューシーで程よい堅さ。ハンバーグの出来自体はクオリティーが高いが、ソースが平凡かな。値段相応の味で決して損は無いけどね。
う~ん、館林ってラーメンととんかつは旨いけど、洋食屋が弱いな。

2012/09/21

吉野家 牛焼肉丼を食べて

Photo

今日は、吉野家の”牛焼肉丼”を食してみた。ま~旨いんだけど、所謂牛丼との価格差を埋める程かというと疑問だ。
吉野家は価格競争から脱却するための戦略製品としたいみたいだけど、成果は如何に?

ま、価格競争をしてもスケール的にすき家のゼンショーにはかなわないだろうから賢明な判断だろうね。
すき家もどんどん新製品出しているけど、いずれもデフォルトの牛丼より旨い物は出てない。所詮目先の新しさで利益率の高い新製品に客を誘導する作戦だろけど、そろそろ限界だろうな。

そうすると、ベースの牛丼が旨い吉野家に勝機があると私は見てるけどね。

2012/09/20

質の良い情報

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/09/post-475.php 冷泉さんの情報は私的な感想ではあるが、大変ニュートラルだと思うね。自分の立ち位置を明確にして、左右どちらの意見も寸借してるのが大変好感を持てる。今般マスメディアの誰が書いたか分からない記事より、よっぽど役に立つ。

懐かしいぞ、MZシリーズ、SHARPの栄光は今どこに。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/retro/20120918_556262.html
懐かしいな、SHARPのMZシリーズ。アップルの影響が見られるけど、革新的なマイコンだったよな。言語(OS)をカセットで読み込むなんてのは斬新な作りだったし、デザインも格好良かった。そんな、すばらしい唯一無二のマイコンを作ったSHARPの栄光は今どこにって感じで悲しいね。ってか当時のマイコンでどれも個性的で選ぶのが楽しかったよ。FM-8、レベルマスター、パソピア、FP-1100とかね。一目で製品とメーカーが結びついた。今どこも同じだもん。無個性で面白くない。たから外国に追い抜かれ、アップルの後陣をはいするんだ。奮起を望むね日本のメーカに。

2012/09/17

ラーメン放浪記282

Photo

Photo_2

Photo_3

さて、今日も懲りずにラーメン放浪記を敢行。
今日のターゲットは巷で評判の松戸にある”中華蕎麦 とみ田”さんへ伺いました。

それが、開店時間に行ったにもかかわらず、既に30人ほど並んでいる。いやはや世間の評判とは恐ろしい。happy01

で。しょうがなく並んでいると、これから3時間待ちとのご託宣。う~ん、私の最長不倒距離?かもしれない。

で、やったの思いで入店。注文は特製つけそばとしました。
早速供された麺をいただくと、確かにしっかりした歯ごたえと喉ごしの良さを兼ね備えた絶品の麺である。で、付け汁に浸して食してみると。う~ん、悪いけど何処にでもあるつけ麺になっちゃうな。大勝軒系の味付けだろうけど、その辺の大勝軒系のラーメン屋と比較してそれほど傑出した物を感じないな。なんで、世間は評価するんだろう。ま、批判めいた事は食べログ等には書きづらいだろうな。特に世間的に評判とっている店には。

でも、悪いけど私的にはこの程度のつけ麺ならわざわざ千葉に出張らなくても食えると思うよ。
あ、一応焼き豚も一級品だから余計惜しいね。

同じつけめんでも、吉右左に比べると月とスッポンだと思うけど。

ま、一応場所は此処ね。

2012/09/16

秋刀魚は朝霧に限る?!

P1000672

P1000675

今日は20年来つきあっているパラの仲間と会うために久しぶりに朝霧に行ってきました。

その目的は恒例の”秋刀魚の会”に出席するため。happy01

いや~、連休の谷間を甘く見て遅く出たら朝霧に着くのに5時間かかっちゃった。sad

ま、それでも久しぶりに会う仲間と、秋刀魚の味は格別ですよ。ちなみ秋刀魚は大船渡出身の女医さんの手配。毎年お世話になっております。震災では身内にご不幸が有ったにもかかわらず、今年も手配して貰って感謝感激です。やっぱり秋刀魚は朝霧に限ります、って話かな。lovely

でも、やっぱパラは良いわ。近々復活したいけど、お仕事の関係で厳しそうなのがつらいな。って事で久しぶりに見上がる空は新鮮なのであった。

2012/09/15

スイーツ探訪記63

Photo_11

Photo_12

さて、”ラーメン 凪”の帰り、今日もお仕事の細君のお土産に伊勢丹へ寄って、”ジャン=ポール・エヴァン”へ行ってきました。

有名なパリのショコラティエだそうだけど、今回はケーキの”ショコラ・フランボワーズ”を買ってきました。

さて、細君が帰ってきたので頂くことに。で、食してみると名に違わぬ良いお味。さっぱりしてるのにコクのある上品なチョコレートの味とイチゴの酸味が三位一体?となって口の中に広がります。是非賞味して欲しいケーキですね。

また機会があったら別のケーキ買ってきたい物です。

こういう対応ありなの?姑息だと思うけど。

ユニクロの上海店が、ウインドウに下記のような張り紙をしてるそうな。happy01
ここの店の対応をとやかく言うつもりは無いけど、これ本社公認なの?
私的には姑息な手段だと思うけどね。ま、襲われたら身も蓋もないけど。despair
上海ユニクロ「尖閣中国固有領土」でカムフラ - 速報:@niftyニュース.

ラーメン放浪記281

Photo_6

Photo_7

最近は猛暑も一段落したようで、やっと出歩くのにも苦労しなくなりました。

って、事で懸案だったラーメンの放浪を本格的に再開。で、第1段として選んだのが、新宿ゴールデン街にある”ラーメン 凪 新宿煮干し 新宿ゴールデン街店”へお邪魔しました。

この店の関連店駒込にある”西尾中華そば”が非常に美味しかったので師匠筋当たる店には期待しました。いやはや、それにしても入り口からして雰囲気が良いよね。って、二階に上がっても雰囲気そのままの店構え。happy01期待しちゃうな。

Photo_8

Photo_9

で、選んだのが特製煮干しラーメン。早速スープを飲むと、う~ん、強力な煮干しの味ががつんときます。店の入り口にもあるとおり、煮干し(魚介系)の嫌いな人は卒倒するほどのインパクトがある味ですね(そんな人は来ないか)。
その煮干しのだしに負けない程強力な醤油味と相まって相当”ワイルドだぜ~”な味だな。麺もその強力なだしに負けないほど太麺で腰のある食べ応えのある麺でスープとの相性ばっちり。チャーシューも厚切りでこれまたワイルド。ピロピロの一反もんめん?も良いアクセント。いずれにしても近来まれに見る食べ応えある強力なラーメンであります。happy01ただ、このラーメン評価分かれるだろうな。このワイルドさを良しとするか、粗雑とみるかでね。私的には少々粗雑さを感じたけど。スープが香ばしさを通り越して焦げくさい感じがするんだよな。その辺西尾中華そばは洗練された味に仕上がっていたから力強さも相まって高評価出来たけど。

ま、一度は食べる価値ありですね。その上で個人の好みで評価すれば良いと思いますよ。

なんか二郎ラーメンと同じ指向を感じる店でした。

で、恒例の場所は此処ね。

2012/09/09

小選挙区制って日本に合わないでしょう。

やっぱり今般の政治の貧弱かは小選挙区制に帰すことが出来るじゃないかな? 日本人って白黒付けるより落としどころを探す方が性に合っているだろう。 中選挙区に戻して10年ごとに汚職を摘発した方が現実的なんでは? 筆談で語った与謝野馨の“政治的遺言” - 速報:@niftyニュース.

特撮博物館へ行ってきたよ。

Photo_2

P1000629

今日は、東京都現代美術館で開催されている”館長庵野秀明 特撮博物館”へパラの仲間と行ってきました。

既に開催時期の後半&夏休み明けと言うこともあって比較的空いていたので助かりました。

やっぱり元祖オタクとしては外せないでしょう。(^^ゞ
いや~、入ってすぐにモスラに壊された東京タワーの展示にはゴジラ世代ど真ん中な私にはつかみはOKでしょう。(^^ゞ
特撮と言えば、円谷英二、円谷英二と言えば、ゴジラにウルトラマンとなるのは当然の展開。その辺を押さえたこの展示会は私の心を鷲づかみ。ホホホ!(^O^)

Scan0001

Scan0002

で、展示会のラインナップはこんな感じ。どうです、40・50代の方はぐぅっと来るでしょう。(#^.^#)

こりゃー見逃す手は無いですよね。所謂特撮に関わった名人上手の人たちへスポット当てた展示もあって改めてこういう人たちが子供に夢を与えていたのかと思うと感動物ですよ。

極めつけは、短編映画の”巨神兵東京に現る”でしょう。現在の巨匠たちがCG無しで作り上げた映像は驚愕の逸品。アナログな特撮のすごさを体験できる。これだけでもお金を払う価値ありです。(^^ゞ

P1000636

で、止めは巨大ジオラマが見られます。まるで自分がゴジラになったよう。

いや~、見応えのある充実した展示会だったね。リピートしたいね。

それにしても入場者の傾向が同一ベクトルを示しているのもいかにもですが。happy01

いやいや、ホントにおすすめしておきます。

2012/09/08

ラーメン放浪記280

120908

Photo

今日は、パラの仲間と東京都現代美術館へ庵野さん監修”特撮博物館”へ行く前に、ラーメンフリークの私がご指名頂いたので名店を紹介することに。

やっぱり、このあたりでラーメンと言えば、"麺屋吉左右”さんでしょうって、事で案内して参りました。

開店前5分前ですでに20人ぐらいの行列。流石ラーメンフリークの間では知らぬ者が無い店であります。
30分ほど並んで、入店。結構暑くてへばった。(^^ゞ
注文は私はノーマルな味玉ラーメン、つけ麺も有名なので2名ほどオーダー。程なく供されたラーメンのスープを頂くと。う~ん、相変わらず旨い。所謂魚介系豚骨なのでは有るが、決して魚介系も豚骨も双方自己主張を前面に出さず、双方絶妙なるバランスをとって高め合っている。インパクトのある強烈な味では無いけど、こくのあるマイルドな味わいは絶妙の域達していると言って良いだろう。って、事で私的にはやはりつけ麺より普通のラーメンの方がおすすめですね。此処は。つけ麺って、スープがインパクト強い方が良いでしょう。
麺も自家製麺でするりとした喉ごしで適度な歯ごたえがあってスープの邪魔をしない。この場合脇役に徹している麺も評価できるね。

Photo_2

で、完食いたしました。やはり此処は一押しの店です。
さて、恒例の場所は此処ね。

溜まったHDDの廃棄

う~ん、長い間PC使っているから使い古したHDDがたまりに溜まっている。要らないHDDが8台転がっているのはうっとうしくなってきた。使っているのを合わせると18台か。(^^ゞ
って、事で使って無いやつを廃棄することに。流石にそのまま廃棄は出来ないので、物理フォーマットかけて廃棄しようって事で。まず物理フォーマットするツールをローレベルフォーマットの記事からbuffaloさんのツールをゲット。具体的なPCへの接続はいちいち内蔵するのは面倒なのでCENTURYの”裸族の頭”を買ってきて接続。
ただ今IBMのIDE HDDを物理フォーマット中。このHDD16Gしかないの、昔はこれでWindows動かしてたんだから、感慨深いね。今のHDD2.5Tだもの。
buffaloさんのツールはWindows上から動くので便利だけど、そのままでは受け付けなく、領域を開放する必要があるのでその点注意ね。

この頭の裸族はIDEでもSATAでもつながるので便利。HDDのコピーの時も使えるしね。

2012/09/05

Ubuntu12.04のデスクトップマネージャーをXfce4に。

UbuntuのファイルマネージャーをXfce4に変更してみた。
導入方法は、http://complete-concrete-concise.com/ubuntu-2/ubuntu-12-04/ubuntu-12-04-how-to-install-the-xfce-desktop通りにすれば問題なし。
デフォルトのUnityより軽い感じ。一寸使ってみて、どっちにするか考えよう。基本軽い方がいいけどね。

MFC-425CN再度撃沈、それでも回収する私。(^^ゞ

寮で使っているプリンターBrother MFC-425CNがインク詰まりで何度かクリーニングしていたら”クリーニング出来ません”とのエラーが出てうんともすんとも動かなくなった。過去にも経験済み。http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/blog-entry-261.htmlを参考にする。
ただし、MFC-425CNの場合は、メニューボタンでは無く、機能/確定ボタンを押すとメンテナンスモードに入るので、そこは注意が必要。で、上記の操作をするとエラーは解決します。

2012/09/02

日本の検事も落ちた物だ

小沢事件で証拠ねつ造した検事さんがfacebook始めたとさ。でもこんな事書いてるようじゃ、検事の信用回復しないよな。

出所早々…フェイスブックでスネている証拠改ざん 前田恒彦 元検事 - 速報:@niftyニュース.

スイーツ探訪記62

Photo_2

Photo_3

今日のスイーツ探訪記は雨が降って外出出来なかったので、近場の”伊太利亭”で購入。
今回は、新作の"ミルクレープ”としました。
さて、細君と食してみると。やっぱりこの店は何を食べてもおいしい。柔らかい食感にほどよい甘みが広がる。それでいてくどくならないさっぱりした味わいは流石の技を感じさせる。ごちそうさま。(#^.^#)

2012/09/01

墨田トリフォニーホールへクラシック聞きに行って参りました。

Photo_2

今日は細君と墨田トリフォニーホールへ、クラシック聞きに行ってきました。”新クラシックへの扉”って所謂入門編ね。安くてメジャーな曲やってくれるから気軽に行けるのがよいところ。

主催は新日本フィルハーモニー交響楽団で、指揮者は音楽監督でもある”クリスティアン・アルミック”です。

曲目はシューマンのピアノ協奏曲と、メインはベートーベンの交響曲第6”田園”。

ま~、久しぶりに生のオーケストラ聞いて迫力あって良かったは。一寸残響が少ないかなこのコンサートホール。でも、やっぱり生は良いね。心の洗濯ができましたよ。

私にとってやっぱりベートーベンの曲は特別な存在。ベートーベンの曲の中には人としての生きる糧”智・情・意”を感じるね。客観的に己を見つめられる智力、人に対する情の念、生きる意思の力があって初めて人は人たり得るのではと思うね。

って、ことで力が戻ってきましたよ。

石丸電気の消滅

秋葉原から石丸電気というブランドが消え、エディオンとなる。なんかもの悲しい。中学時代クラシックの輸入LPを買いに石丸電気へと通ったのが秋葉原デビューである。中坊相手に1枚のLPを押し頂いて手渡ししてくれた石丸電気の店員の丁寧な応対に感動してファンになったもので。その後お年玉を貯め、sonyのスカイセンサー5500を買ったものだ。やっぱり応対のすばらしさに感動して、耐久消費財は多少高くても石丸電気で買ってたのに。今般の安さに流れる物販ってのは結局消費を先細りさせるものではないのであろうか?通り一遍のマニュアル通りの接客なんてのはウンザリ。石丸電気のようなプロの接客に会うことはもう無いのかな。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »