最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記181 | トップページ | 秋葉原グルメマップ11&B級グルメ探検隊47 »

2009/08/11

ラーメン放浪記182

さて、身体の方もだいぶ戻ってきたので、ラーメン放浪記東京編を敢行せねばと考え、場所をまず選定。
知的生活に飢えているので、本の買い出しでもするかってんで神保町へ。
で神保町なら懸案だった”覆麺”へ行こうかと。前回は特異日で特別バージョンの油そばだった物で今回は普通の”覆麺(醤油ラーメン)”を食しに行って参りました。coldsweats01
Photo_4 それにしても、近くにある”ラーメン二郎神田神保町店”って相変わらず凄い行列ですね。coldsweats02
確かに二郎系では美味しい部類にはいるけど並んで喰うほどのラーメンとは思えない。ま、私的に二郎系は好みでは無いけどね。

さて、そんな”ラーメン二郎神田神保町店”を後に”覆麺”に向かうとお面がデストロイヤーから恵比寿さん?へ変わっている。相変わらずお茶目は総帥であります。happy01

先客4・5人が捌けるのを待って入店すると総帥のブラックさんと女店員さんが切り盛りして。
あれ?ホワイトさんは何処に?
Photo_5 Photo_6 ま、詮索してもしょうがないので、事前の方針通り”覆麺味玉”を注文。
見た目は、トッピングの(名物)揚げニンニクが燦然と輝いていてラーメン二郎に負けないほどインパクトの有るワイルドないでたち。happy01
で、早速食してみると。う~ん、相変わらず凄い濃いスープ。ガンコ時代はしょっぱさが目立ったけど、この店は醤油と出汁の味が濃いですね。鰹だし系の味を感じるけどベースの油はやっぱり伝統の牛ですかね。鳥の出汁では負けると思うけど。coldsweats01
いずれにしてもインパクトのある凄い濃い味なんだけど色々な出汁が効いているのか飲めてしまうんだよね。ホント総帥の腕の奥深さには感服するスープですよ。
麺の方も細丸麺でちょうど良い歯ごたえの茹で加減でするするとおなかの中に入って行きます。
ホント旨い・不味いの範疇を超えたイルージョンの様なラーメンでした。coldsweats01
総帥マジック健在を確認させられた一杯です。
ちなみに、スープを8割飲むと今後生卵がサービスしてもらえるそうですが、私は9割飲み干したと総帥に褒められました。coldsweats01
完食するとゴールドポイント貰えると後で知って残念。無理しなくても飲み干せるほど美味しかったのに。ホホホ!(^O^)

で、場所はここね。

さて、店を後にし、古本屋を回り。三省堂で、”ちくま文庫 思考の整理学””講談社現代新書 生物と無生物のあいだ””講談社現代新書 世界は分けてもわからい”を買って秋葉原へ。

ついでなので、石丸でライナー指揮”バルトーク 管弦楽のための協奏曲”買って帰ってまりました。

腹と頭を満足させた一日でした。lovely

« ラーメン放浪記181 | トップページ | 秋葉原グルメマップ11&B級グルメ探検隊47 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/45898755

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記182:

» 覆麺@神保町/覆麺(醤油)5段バージョン [麺好い(めんこい)ブログ]
今回のお店はこちら、神保町の覆麺です。 2008年7月オープンの、日本語が喋れず「アンガーラ」という謎の言葉しか発しないという、謎の覆麺レスラー(?)がラーメンを作る、超怪しいお店です(笑) 訪問日は、7月7日です。 オープン翌日に訪れて、その後2008年大晦日に来店して以来なので、7ヶ月ぶりです。 そういえば、店頭のオブジェ、以前はデストロイヤーの白覆面でしたが、いつのまにかえべっさんに変わったのですねー! ... [続きを読む]

» ラーメン屋のコンセプトを全力でスルー [じょん・どー スピンドクターからドクターへ(のはるかなる道の...]
せっかく久しぶりに水道橋に足を踏み入れたので(あ、こないだ深夜ベルギービール飲みに行ったけど)日本のソウルフード・ラーメンを食べることにする。神保町、水道橋あのあたりってラーメン屋多いよね。で、ふらふら歩いてて見つけたこの店。「覆麺」。外観からして怪し...... [続きを読む]

« ラーメン放浪記181 | トップページ | 秋葉原グルメマップ11&B級グルメ探検隊47 »