最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/25

スイーツ探訪記44

Photo Photo_2 Photo_3と、言うことで?
神田明神へお参りしたら、”天野屋”へ寄らないとね。bleah

で、注文は夫婦そろって新製品?の氷甘酒としました。heart01

さて、早速食してみると。う~んこれが旨い!
尖ったところが全くない自然な甘さ。甘酒の独特な甘さと氷のひんやり感が独特なコラボレーションを醸し出しているね。これは秀逸で。お近くにお越しの節は是非ご賞味ください。lovely

それにしてもやっぱり此処は良いわ。冷房装置がないそうだけど、日本家屋の独特のつくりと中庭の効果で十分涼しさを感じる。
自然との調和を計る日本の美意識は再認識すべきでしょう。
グローバルスタンダードと称する弱肉強食な二項対立的価値観は世界を平和にしないと思うけどね。私的には。bleah

ま、お勧めのスイーツを発見ってところでしょうか。


十数年ぶりで時計を新調した。

十数年使っていた(パラのために買ったからね)、CASIO PROTRECKのバンドが壊れてしまった。
これで2~3回目ですね。そのたびにバンドだけ買い換えて来たがそろそろ替え時だと思った。ボタンを押してもモード切替が出来ない様になってきたしね。

ま、それしても結構私って物持ち良い方ね。happy01

さて、そんなことで前から物色していた機種(PROTRECK PRW-1300YJ-1JF)を買いに細君とお出かけ。confident

で、お出かけ先は在庫有りを確認してあるヨドバシカメラ秋葉原店へ。

それにしても相変わらずの人混みです。不況知らずって感じですね。
さて、手空きの店員さんにこれ見せてと頼むとたどたどし日本語。へ~、店員さんも中国の方居るのね。そういえば、隣のお客さんも中国語を話してる。
う~ん、この辺にも中国経済の躍進が見て取れる。十数年にイタリアへ新婚旅行行ったときには寺院の前で物売りに日本語で呼び止められていたが、今は中国語で呼び込みしてんだろうなと。coldsweats01
Protreck_2 さて、少々たどたどしい応対に不安を抱きながら?無事購入。
う~ん、黒ずくめのこの時計結構格好良いと思うんだな。
で、実際私方位計使うんでやっぱりPROTRECKが手放せません。(^-^)/

その後店内を散策。疲れたのでお茶でもと思ったが4Fの丸福喫茶店は満席。店外出ても満席ばっかりなので、足を伸ばして”喫茶 伊万里”でアイスコーヒーを頂いた。
相変わらずこの店は秋葉原の異空間です。bleah
それにしても、古伊万里の大皿と言い、元禄年間の古伊万里の湯飲みとか総計いくらぐらいのお宝なのだろうと素人目にも気になる店ですよね。
ま、落ち着いた店でお勧めできます。(^-^)/

で、この後神田明神前足を伸ばし、お参りして帰ってまいりました。


2009/07/19

良い音楽は心のビタミンです。

さて、最近お疲れな私。coldsweats01
私的には、心の養生にはやはりクラシック。

こちらに持ってきたCDでセレクトしたのがベートーベンの”ミサ曲 ハ長調 作品86”。”荘厳ミサ曲(ミサ・ソレニムス)では有りませんよ。ま、ミサ・ソレニムスの方が有名で名曲ですが、こちらの方も良い曲です。
ちなみに、私はベートーベンに始まりベートーベンに終わるってクラシックファンです。
説教くさいと言われても、人類愛を高らかに詠える作曲家はいないでしょう。どの曲聞いても力が沸きますよ。

で、手持ちのCDはカール・リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団・合唱団(POCA-2061)
ね。
やっぱり宗教音楽はカール・リヒターだよね。happy01

スピーカーのLS21も調子が出てきたのか、安い割に?いい音が出て癒されました。coldsweats01

さて、これで今週も乗り切れるかな。

ではでは。

B級グルメ探検隊45

さて、先日寮の部屋の蛍光灯が切れた。
ま、蛍光灯の換えは買ってあったので交換したが、切れた蛍光灯の処分をどうした物かと?happy01

所謂ロードサイドの電気屋(ヤマダ電機・コジマ等々)で引き取っているのかとネットで調べたらヤマダ電機は有料だそうだ(それで文句言っている人もいるけど)。で、処分できるところが有るかと昼間一回りしてきた。
最初は、コジマへ。回収している様子なし。次に、ケーズデンキの館林店へ行ったら店頭に市と協力して蛍光灯の回収してるでは有りませんか。や~感心感心。回収にはもちろん人件費等かかるからヤマダ電機はやらないのだと(その分価格に反映するって事だろう)との説は分かるけど、社会的存在である会社としてはこれぐらいのことはやってしかるべきだと思うけどね、私的には。
Photo_6 Photo_7 さて、その帰り普段はいることが出来ない(時間的な問題で)”正田や”さんへ寄ってみた。

此処は、地場(館林)が誇る”正田醤油”さんが出されている店だそうだ。
やはりアンテナショップの役割も担っているようで瀟洒な外観とおしゃれな内装。ついでに店員さんも若くて小綺麗な制服姿。うどんやらしからぬ空間です。happy01

Photo_8 Photo_9 Photo_10 注文は肉汁うどんにしてみました。
うどんの外観は白く光沢のある絹のようですね。独特のぬめりが有るよう。
で、一本そのまま食べてみると、歯ごたえはそれほど感じませんが、独特の甘みが感じられて良いですね。喉越しのぬめりが効いていてするっていけます。
冷えたうどんに暖かい付け汁の組み合わせでラーメンのつけ麺みたい。で、付け汁につけて食してみると旨いですね。鰹の効いた出汁と流石醤油屋さんの店だけに醤油味がほどよく主張しています。一寸甘めで濃いめのつゆと一体となったうどんは美味しかったですよ。lovely

だだし、おしゃれな店だから量的に少ないのと値段が860円ってのが引っかかるかな。coldsweats01
イベントとしてならお勧めできるけど、食事として考えると二の足を踏むってところでしょうか。
ま、食事会・接待等にはお勧めできるかな。ただし、夜終わるのはやいけど。(^.^)

で、場所はここね。

B級グルメ探検隊44

さて、時間が取れる週末にまとめて更新を。happy01

Photo 暑い日が続いております。すっかり食欲もなくなり、冷たい物でもと思い仕事が早めに終わった日に”丸木屋”さんへ冷たいうどんでもと思い伺いました。

此処は、以前にも1・2回伺っておりますが、蕎麦もうどんもなかなかの出来です。
町中にあるので利用するには便利ですね。ただし、この辺の店共通の終業時間が短いのが痛いですが。coldsweats01

Photo_2 Photo_3 注文は冷やしたぬきうどんにしてみました。田舎うどんと都会?だったかな?2種類有るのですが、田舎の方にしてみました。
注文してから時間がかかるのが一寸難点ですがね。coldsweats02

さて、早速うどんを食してみると。太めのうどんで弾力があって歯ごたえ十分。喉越しもあって堪能できるうどんです。汁の方も甘めですがさっぱりしていて美味しい。トマトなどの野菜も良い物を使っているのがよく分かる。大根サラダもごま風味のドレッシングでこれが秀逸。

で、味的には大変美味しいうどんで満足なのですが、値段が850円ってのはこの辺では少々高いのではと。これが評価の分かれ目のような気がしますが。

ま、美味しいそば・うどんを食したいときにはお勧めします。場所はここね

2009/07/18

ラーメン放浪記178

う~ん、連日の残業&肉体労働で肉体的にも精神的にもへろへろです。sad
ちなみに、今日も休日出勤でした。ハイ!wobbly

と、言うことで更新をさぼっておりました。って言っても誰も期待してないか?!ヾ(℃゜)々
ま、これもストレス発散の手段として更新することにしましょう。(#^.^#)

さて、それでもラーメン放浪記を行う私って奇特?
Photo で、今回は月曜日に伺った、”ことぶき”さんへ出向きました。

佇まい、内装&店のご主人も地場の大衆食堂の王道を行っている感じですね。

広さは20席程度に先客が2人酒盛りしておりましたが。

ま、それが吉と出るか凶と出るかお楽しみ。(^_^;)\(・_・) オイオイ

Photo_2 Photo_3 で、注文はいつものように?ラーメンと餃子にしてみました。

さて、早速ラーメンのスープを食してみると?あれ?薄いな?

鶏ガラベースなのは分かるけど、だし汁もかえしも醤油味も全体的に薄い。これで旨味が出ていれば芸術的な技なんだけど旨味もこれまた薄い。不味くはないけど印象薄いな。有り体に言って単純に手抜きか原材料けちっているとしか思えない。チェーン店みたいな小技(化調どばっととか)で印象強くするって気もない感じ。despair

麺もやる気のない様な(それでも手打ちだけどね)仕上がり。

で、トドメは餃子が水っぽいときたもんだ。

悪いけど、店主のラーメンに対する情熱がそのままでているような味でした。

他の料理も推して知るべしの様な気がするのは私だけかな?(^.^)

ま、行ってはいけない店かな。ヾ(℃゜)々

とりあえず、場所はここね。怖い物見たさで行ってみては?( ・o・)ハッ( ・o・)ハッ( ・o・)ハッ

2009/07/11

B級グルメ探検隊43

Photo_3 さて、先月地元に”餃子の王将”がやって参りました。happy01

この不況下、外食産業が軒並み売り上げを落としている時に一人勝ち(ま、マクドも勝っているけどね。そのマクドも売り上げ落ちたとか)の秘密?を探るべく細君と連れだって夕食をと出かけてきました。

それにしても凄い人気?!coldsweats01店の外に10人ほど並んでいる。って事で予約表に記入して待つこと30分、ようやく着席できることに。それにしても両隣がラーメン屋なんだけど、特に左隣の新規開店の店が被害被っているようで2人しか客が入ってなかったね。強力なライバル出現ってところでしょうか?
Photo_6 Photo_7 注文は、餃子二皿に酢豚+野菜炒めとライスにしてみました。
さて、早速売りの餃子を食してみると。食べた瞬間に肉汁が飛び出してジューシーで鮮度の良さが伺えるね。これで一皿6個入りで231円はやっぱりCPが高いと思いますね。評判を取るのは納得できる。さて、酢豚+野菜炒めの方はと言うと、ま~可もなく不可もなしってところでしょうか?値段相応の味であると思います。
総評すると、味・接客態度・店の雰囲気を値段で換算するとCPは高いと思います。この不況下一人勝ちするのは分かる気がする。ただし、この不況が長引けば今よりもっと内食化が進むだろうから業績はどうなるかなと!?
で、味を絶対値で評価すると、売りの餃子にしても鮮度の良さは分かるけど、後味が無いと言うか、味が無いように感じられる。意図的な味付けなのか、材料費を節約しているのかは判断できないけど、イベントとして食べに行きたいかと言うと疑問符が付くね、個人的には。やっぱり亀戸で餃子と言えば”亀戸餃子”には勝てないよね。

出先で腹減って、目の前に有れば入って損はないけど、あえてわざわざ行くほどの店ではないと思いますよ。coldsweats01

ま、外食のチェーン店なんて何処でもその程度だろうけどね。
そういう意味では、やっぱりラーメン屋の方がギャンブル的要素が有って面白いよ。coldsweats01

さて、このシリーズも何処まで続きますか?!

2009/07/07

ラーメン放浪記177

さて、性懲りもなくお送りするはラーメン放浪記館林編。
Photo_2 Photo_9   今回は、赤土町にある所謂お食事所の”恵びす”さんへ伺いました。

ちょくちょく店の前は通っていたので気になっていたのですが、ラーメン屋のネタも少々枯渇してきましたので、入って見ることに。

外観&内装は至って小綺麗で好感が持てますが、お味の方が如何に?happy01
Photo_6Photo_10 で、いつものように注文は、”ラーメン”+”餃子”としてみました。

さて、早速スープを飲んでみると、う~ん、普通。coldsweats01
ベースは鶏ガラで取ってあるんだろうけど、化調が上手く効き過ぎて出汁を殺しているような。決して不味くは無いんだけど、無個性な味になってしまっているのは惜しまれる。麺もかん水が効いている黄色い中太麺。ま、出来合い麺でしょうね。
総合評価は、そこそこ出来は良いけど無個性な醤油ラーメンって感じかな。
餃子の方も同様に可もなく不可もなしって感じ。

食事をする場所としては、小綺麗な店って店も考慮して悪い店ではないけど、イベントとして行くには不向きかな。

ま、一応場所はここね。

でも、そろそろラーメン放浪記館林編も終了かな?めぼしい店も無くなった感じもするし。coldsweats01

2009/07/04

スイーツ探訪記43

東京駅を後にして、やはり秋葉原で降りるのであった。coldsweats01
Photo_9 Photo_10 で、一通りみて、土曜日なので久しぶりに”甘味処 竹むら”へ寄ってみることに。

やっぱりこの店は風情があるよ。happy01
店内は満員。しばらくして着席。
それにしても、店内の造作も手が込んでいて昔の職人の腕の良さが分かるね。
さて、注文はやっぱり”揚げまんじゅう”にしました。夏のかき氷も魅力的ですが。

程なく出された揚げまんじゅうを食してみると、相変わらず表はさくっと、中はもっちりとした食感は絶品だす。あんこの甘みと皮のバランスも絶妙だしね。

ほんと、此処の”揚げまんじゅう”は美味しいね。お茶も良いお茶を使っててまた良しです。happy01

ほんとお勧めします。

で、場所はここね。

ラーメン放浪記176

さて、今日は久しぶりに土日東京に居られるので、早速ラーメン放浪記東京編を敢行すべく細君と連れだって行ってきました。
Photo_5 Photo_6 その場所は、6月17日に出来た東京駅一番街”東京ラーメンストリート”ってところ。

場所的には、東京駅八重洲口中央を地下に降りて、右手に曲がればどんつきに4店舗並んでおります。ラインナップは、”六厘舎 TOKYO”・”二代目けいすけ 海老そば外伝”・”塩専門 ひるがお”・”らーめん むつみ屋”。チェーン店のむつみ屋以外は良く揃えたって感じですね。
さて、一番の目的は”六舎里 TOKYO”が本店の味と同一かを調べるためであった。
なんせ、本店の場所が不便な物で。happy01
で、行ってみたらやっぱり此処が上の写真のように一番行列しておりました。coldsweats01
案内の人によると1時間40分程並ぶとのこと。で、ラー博方式を採用し、私が並び細君が他の店”二代目けいすけ 海老そば外伝”へ喰いに。なんて手慣れた夫婦。ヾ(℃゜)々
ま、実際は1時間ほどで入店できるようになりまして、私は他店を喰いはぐれましたが。(^^ゞ
ちなみに、”二代目けいすけ 海老そば外伝”は美味しいそうです。ただし、器が香りを逃がさないためにワイングラス様に湾曲して食べにくいとのこと。
Photo_8 さて、注文は私は”つけ麺 大盛り”。細君は”つけ麺 味玉”としました。
で、早速食してみると。麺は”浅草 開化楼”製の極太麺のもっちりした歯ごたえ十分で旨いのだが、如何せん漬け汁がいただけない。shock
中途半端な温度、出汁の効き方も本店にはとうてい及ばない薄い旨み。
本店で味わったインパクトがまるでない。本店はどろっとしたこれでもかって言うぐらいの濃い味でありそれでいてコクがあったのに、此処はお世辞にもそんな面影がない。この程度なら、そこらのラーメン屋のつけ麺となんの変わりがないではないか。pout
よくこれで本店の店主が許すよな。店の看板に泥を塗る事になると思うけど、私的には。

って、事で、東京ラーメンストリートに行ってもこの店は入っては行けません。
並ばなくて食べたいならチェーン店の”らーめん むつみ屋”の方が安心です。
一寸極評かな。ま、真実だからしょうがない。

って、事で、ラーメン店は支店を出すと凋落するって典型ですね。

ラーメン放浪記175

Photo_2 Photo_3 Photo_4っと、言うことで?!先週のくそ忙しい中でも間隙を縫ってラーメンを食いに行く私。何がそんなり駆り立てるのか?それは永遠の謎?!ヾ(℃゜)々

さて、今回は”富久屋食堂”さんへ伺ってみました。
佇まい・店内の様子はこの辺のデフォルトな大衆食堂風。地元の人が多数おりましてにぎわっておりました。
注文は店外の案内板にあったタンメンと餃子にしてみました。

さて、タンメンを早速食してみると。う~ん、それなりに?普通に美味しいスープですね。多少化調が効いているが野菜の甘みの出ていていますがあんまりインパクト無し。
麺は平麺でない中太麺の手打ち。ゆで加減はこの辺では堅めの部類でしょう。切れ端がどうどうと入っているのはご愛敬ですが、結構確りした腰がありタンメンには有っていると思いますね。総じて値段相応のタンメンってところでしょうか。
で、餃子の方が、難があるね。なんか水っぽいんだよな。肉汁とかじゃなくて水が出てきたみたいでなんかなって感じ。

ま、近場に有ったら寄っても良いかなって程度の店かな?

で、場所はここ。

スピーカーを新調しました。

う~ん、残業どっぷりでお疲れモード。拘束12時間は辛い。ホホホ!(^O^)
って、事で更新が滞ってしまいました。(^^ゞ

Photo さて、長らく使っておりましたYAMAHAのスピーカーの調子がおかしくなってきました。coldsweats01

ま、このスピーカー自体は長長持ちで、現存するパーツの最古参であります。なんせ、初めて買ったIBM PCコンパチ(って今時死語ですね)ショップブランドと同時に購入した物ですからね。優に15年以上は使っている。ちなみにその前に使っていたのはNEC PC-9801コンパチのエプソンのパソコンね。
流石に寄る年波に勝てないのか、経年劣化だろうけど雑音が左のスピーカーから出るようになった。時々出るのでだましだまし使っていたのだが出現頻度の期間が短くなってきたので更新することに。長らくご苦労さまでした。合掌?!coldsweats01
Ls21 Ls21_2 で、購入したのがlogicool LS21ってスピーカー。coldsweats02

ま、私的には音に拘りを持っているほうでも無し、実際かけられる金額もさほど多くもないので、3000円程度を考えてましたので、そのなかでも一応店頭で聞いてまあまあいい音出してたの購入してみました。

ま、実際は2.1chにしてはウーハーの効果が薄いかな?あんまり大きな音を立てると割れるような気がするし。下手すると自宅で使っているSONYの2chスピーカーの方がいい音出してるな。やっぱりブランドで選んだ方が正解かな?

う~ん、でもPC用のスピーカーでも何万円ってするやつあるけどそんなの買う人はサウンドボードの拘ってるんだろうけど、拘ってどの程度の音出るんだろうと私的には疑問が有るな。そんなに拘るんなら本格的なステレオシステムに拘った方が良いと思うんだけど。

さて、このスピーカーも壊れるまで使うか。coldsweats01


« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »