最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記65 | トップページ | 湯島聖堂 »

2008/03/08

ラーメン放浪記66

う~ん、最近ラーメン放浪記全開モードですね。さて、何時まで続くのでしょうか?ヾ(℃゜)々
で、今回は、東京レストランガイドラーメン部門 で現在1位にランクされている”どっと屋”に行って参りました。
ま、この店は2チャンネルでスレが立つほどの噂の多い店。coldsweats01
半ば怖い物見たさで出かけたりして。
Photo_4  店は、西武池袋線江古田駅から近い商業地区の中にあるのだが、入り組んでるので見つけるのに一苦労した。情報によると二郎堀切店で修行した所謂”二郎系”の様だ。好みとしては私二郎系好きじゃないんだけどね。happy02
さて、お昼の12時過ぎに着くと先客が5人ほど並んでいる。そのうち4人は学生風の連れ。日大芸術学部も近いから、二郎系はうけるだろうけどね。

Photo_5 注文、普通のラーメン(券売機にはつけ麺がなかったな)と味玉。で、二郎のしきたりに従い出来る前にニンニク+タマネギ多めで注文。

で、出てきたのがいかにも二郎系のお姿。heart04早速食してみると汁は甘みのある二郎独特の背脂ちゃっちゃ系なのだが亀二郎よりライト感覚。で、麺は茶褐色の独特な太麺。もっちりして一寸堅めで人によっては”ごわごわ”してるって表現を用いるけど、確かにその感覚。でも、食べ応えがあって美味しいよ。でも、確かに美味しい醤油ラーメンには違いないがこれで中毒になるかというと私はならないな。東京で醤油ラーメンなら成増の”道頓堀”を進める。ま、人それぞれ感性が違うんだからなんとも言えないけど電車賃払ってまで食べる価値を私は見いだせない。

それに、2チャンネルでも話題になっているけど、店主の応対が店の雰囲気を悪くしているような気がする。気のせいだろうが私が写真を撮ろうとしたらぎらっとこちらに目を向けた。その凄みは気の小さい人なら怯むほどの迫力があったな。悪意が無くてもあの目つきを客に向けるのは如何な物か?自分のポリシー(写真を撮るな等)に反する行為が有るならその旨口にして伝えるべきであろう。お互い選ぶ権利があるんだから。

ま、総評としては再訪は無いだろう。二郎系が喰いたくなったら亀二郎で十分。

で、参考までに場所はここ

« ラーメン放浪記65 | トップページ | 湯島聖堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/40429834

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記66:

« ラーメン放浪記65 | トップページ | 湯島聖堂 »