最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

スイーツ探訪記12

と、言うことでいつものようにお茶の水から秋葉原へと移動の途中、せっかくウイークデーなので久しぶりに近江屋洋菓子店へ寄ることに。

Oumiya_mise う~ん、相変わらず落ち着いた店構え。早速入ると品のよさげな老紳士が相手をしてくれます。

で、やっぱり店の実力を見るにはショートケーキでしょって事で買い求める事に。落ち着いた応対でやはり歴史の長さを感じる店ですね。(#^.^#)


Oumiya で、早速食べてみると、う~ん、なんて素直な味。今流行の手の込んで複雑重層化しているケーキと比べるとオールドタイプになるんだろうけど奇をてらわず本道を行っているという感じの味ですね。素材の良さを生かしてよけいな手を加えないケーキらしいケーキって事ですごく好感持てる物です。流石に歴史の長さを感じさせます。近くに行くことが有ったら是非お求め下さい。

タイムスリップ

今日は法事にてお休み。

所用が有ってお茶の水に出てきた。いつものように周辺をぶらついていると、おや見慣れない家が。
Minka2 う~ん、何十年も付近を通っていたが、気がつかなかった。
昭和モダンを感じる良い家構え。タイムスリップするようだ。

石垣も立派でたいそうな家だけど、維持するの大変だろうな。相続とかで売りに出されて取り壊しなんて無いように祈りたい物です。(#^.^#)

2006/08/27

屁理屈

過日のTV報道で、作家の板東眞砂子の日経コラムに対して2ちゃんを中心に非難が集中していると知らされるまでとんと気づきませんでした。ネットワーカーを自認している私としては恥ずかしい?!(^_^;)\(・_・) オイオイ

今更私がこの件に関して感想書いても時期を逸しているけど、ちょいと思ったことなど書いてみると。世の中自分の(屁)理屈がまかり通ればこんな愉快なことはない。だだし、人間が2人いれば2人の(屁)理屈がぶつかり、一方の(屁)理屈を押し通せないのならどこかで次善解を求めるか妥協するしかない。これがより多く集まった物を理屈と言い、常識と言うに過ぎないんだろう。そこに幾ばくかの真実なり真理なりが含まれていると思うのは妄想なのかもしれない。

そう考えればかの女流作家のコラムも1つの屁理屈でしかないのだからあんまり騒ぎすぎるのも敵の術中に嵌るってもんでしょう。
だいたい論理が破綻してるんだからさ(猫飼っている時点で野生云々するのが可笑しな話)。
無辜の民を空爆する某集団に対して猫殺しの怒り程度(いろんなところで荒しが起こっているそうで)は向けるべきだと思うけど。ホホホ!(^O^)
やっぱり人間って自分の(屁)理屈から逃れられないのかな。

閑話休題
この件に関していろいろ巡回してたら面白いブログに当たりました。
それは、ボーガスニュースってところ。
で、今回の件でパロっているページなんて爆笑物。これほどの文才が有ればさぞかし面白いでしょうね。いや、羨ましい。(#^.^#)


ラーメン放浪記39

やっぱりやってしまう、ラーメンネタ。
今回は、”ジロリアン”なる言葉を生み出した、ラーメン二郎の内、近場の亀戸店を訪問。
Jirou_mae
12時半に伺うと、結構な列。ずいぶん前にも来たけど、相変わらずコンスタントな人気。ちなみにこの写真は機種変更した携帯で取った物。やっぱり携帯の写真ってどことなく、甘い感じがするんだけど。(#^.^#)



Jirou 注文は、食券で買うシステム。二郎恒例の呪文は親爺さんが聞いてきますのでそのときに言ってね。ホホホ!(^O^)

さて、豚大を注文して後から気がついた。ここのボリューム半端じゃないんだよな。さて、完食できますか。で、早速スープを食してみると、甘みのきいた、こってりした独特な醤油味。甘みの効き具合は亀戸店が強いとのことだが、さすがにインパクトが強い。面自体も中~太麺でありボリュームたっぷり。有る意味最近流行のお洒落なラーメンの対局をなすオールドタイプのラーメンであることを確認した思い。
ここまで個性的だと好き嫌いがはっきりするだろうな。個人的には量を間違えたことを差し引いてもちょっとこってりしすぎかな。ま、味自体は悪くないので、がつんと食べたいときには良いけどね。

2006/08/21

人の振り見て我が振り直せ!?

たまには、食い物ネタを離れねばね。(^_^;)\(・_・) オイオイ

って、事で、おもしろいブログを見つけたので紹介しようかと。
今般非正規雇用が増えて、格差が広がったのと言われているが。ま、実際そうなんだけどね。
派遣社員も増えておりますが、そんな派遣会社所長さんのブログを覗いてみてください。
爆笑の後、なんかもの悲しい物を感じ、考えさせられる物が有るので是非見てください。

う~ん、やっぱり日本って滅びの道を歩んでいるのであろうか?!

2006/08/20

スイーツ探訪記11

久しぶりのスイーツ探訪記。ま、よくよく食い物ネタが続きます。(#^.^#)
さて、今回は”粋な一生”の帰りに寄った”竹隆庵岡埜”の支店である秋葉原店”こごめ大福(ヨモギ)”をゲット。
Kokome ”竹隆庵岡埜”は根岸が本店で、落語家の林家御用達でもある名店。その中でも名物なのが”こごめ大福”。

そのこごめ大福は塩味の米粒の食感を残した薄皮に包まれた、甘さを抑えた小豆の風味を堪能できる餡がぎっしり詰まっている一品。少々ボリュウムが有りそうだけど、す~と口の中に入ってしまう絶妙な味。当世絶品の大福ですね。(#^.^#)

2006/08/19

ラーメン放浪記38

続けざまにまたもラーメンネタ。
今日はついに携帯電話をtukaからauへと変更することにした。
tuka使っているのが如何にもマイナー好みであるが、時勢には抗しきれないという所かな。
ま、ついでなので変更は秋葉原のヨドバシカメラで済ませ、2時間ほど間が出来たので石丸の高級オーディオショップ”レフィーノ&アネーロ”へ寄って、そこから神田明神湯島聖堂を回って久しぶりの秋葉原・神田大回りを行った。
さて、時間もちょうどお昼なので、近場のラーメン屋でも行こうかとセレクトしたのが、最近の出物”粋な一生”に決定。

Iki_enrei 過日は、”塩ラーメン”をセレクトしたが、今回は期間限定の”塩冷製麺”を注文。
出てきたのは、トマトをあしらい如何にも夏らしい涼やかな装い。
さて、早速食してみると。これが何とも涼やかな塩味。ほのかに梅の味が口の中に広がり、塩味が出しゃばらない程度に自己主張している絶妙なバランス。あっさり系の好きな私には大変好感の持てる味でした。醤油の煮こごり?もアクセントとして効いていて大変おしゃれなラーメンでした。流石に塩ラーメンで売っている店の会心作では無いでしょうか?是非機会が有りましたら、皆様も食してみることをお勧めします。


2006/08/18

ラーメン放浪記37

やっぱりラーメンネタしかないのか?(^_^;)\(・_・) オイオイ
って事で、ラーメン放浪記を書くのであった。
Kiwami
過日、秋葉原(って行くとないのか?(#^.^#))をぶらついてたら、UDXビルの隣に新しいラーメン屋が出現!。
で、早速訪問することに。その店は、”麺屋 きわみ”。店自体の作りは少々安普請ぽいので少々不安だったが、ラーメン+卵の食券を買って待つこと数分。出てきたのは、いわゆる豚骨ラーメン。早速食してみると、あっさり目で少々インパクト不足かな。さりとて旨みが薄いわけでもないし、結構いけてると思う。良いバランスで軽めに仕上げてる感じ。最後まで飽きないでスープが飲み干せた。
話によると、”末廣”のセカンドブランドとのことで、やっぱり手慣れているのであろう。秋葉原に出かけたときにちょっと寄るには良い店だと思う。お勧めしておきます。

2006/08/13

秋葉原名所の消失?!(; ;)

秋葉原の名所が新たに出現する中、1つの名所が消えていったのを感じてしまった。
それは、”とんかつ丸五”。古い店舗を取り壊して、新しくしていたのは知っていたが新店舗がこれほど酷い物とは思わなかった。
Ato これは、当世流行のパネル工法だろうが、如何にも味気ない。もそっとお金かけて味わい深い店舗にしてほしかった。結構賑わっていたんだからそれなりに資金は有るだろうに。

↓の旧店舗が味わい深かっただけに残念で仕方がない。
Mae
味もそこそこ美味しいけど、店舗の雰囲気と合わせて評価してたのに。
味だけなら、上野の”双葉”の方が美味しいよね。

あ~、なんだか、双葉のとんかつ食いたくなってきたな。(#^.^#)


ラーメン放浪記36

う~ん、久しぶりの更新。
一応死んではいませんでした。ホホホ!(^O^)
ま、個人的ごたごた&何勘違いしたか通信教育で資格でも取ろうかと思ったら時間が取れなくて。

さて、再開するにはやはりラーメンネタかなと思い、古いネタを引っ張り出してきた。

過日関係者のビルが新築されて、そのテナントとして新しいラーメン屋が入ったってんで早速調査へ。

そこは、”梟 亀戸店”。なんでも、すき家(ゼンショー)傘下だとか。最初はなか卯を出すつもりだったらしいが、もっと駅よりに既に出店してたので差し替えたらしい。ちなみになか卯はゼンショーに買われて子会社になっているとの事。結構、内部情報が聞けておもしろかったね。

で、梟自体出店数(銀座には有るようで)が少なく、今回もアンテナ店の意味合いもあり、ノウハウの蓄積等も目的とか。いやはや、飲食って思わぬところで資本が繋がっているだよね、居酒屋とか。

さて、本題のラーメンのお味は如何に?(#^.^#)

Fukurou 店自体は、今流行の小綺麗な和風な内装。ま、ありきたり。で、謳い文句は、関東風豚骨ラーメンだって。で、注文したのはいつものように塩味の豚骨+鮭ご飯(カロリー考えろってか)。

で、早速食してみると、なんか拍子抜けするほど薄い。これが味が濃い薄いでは無く、旨みが薄い。おいおい、いくら何でも手抜きだろう。味を薄めにするのは東京人に合わせるってコンセプト(これが関東風か?)としては分かるけど、旨みまで薄いのは頂けない。こんな無味乾燥なラーメン食ったのは久しぶりだ。原料代&時間を惜しんでるとしか思えない。チェーン店の味としても失格だろう。店員の応対がぎこちないのは分かるけど、このままじゃ人は入らんぞ。テナント撤収って事態になったら、私の関係者が被害を被るので?味の改善を望みます。ホホホ!(^O^)

ま、それでもちゃんと原価計算等して維持するのがチェーン店なんだろうけど。ラーメンフリークとしてはそれでは悲しい物がある。(゜。)シクシク..

って、事で。辛口になってしまった。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »