最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 古き良き時代?を懐かしむ。 | トップページ | レーザー治療その後final? »

2005/04/03

PC換装顛末記

一部の人に書き込みが止まっているのは何故かと言われたが、何のことはないPCの換装に手間取っていてまともにPCが動かない状態が続いてだけの話でありました。(..;)""""> ポリポリ

ま、何故遅れたかってのは総括すると、あまりにも古いchip setからいきなり最新のship setへと世代間の違いがありすぎて、それに伴う私の勘違いが主原因であり、前のPCでもだましだましでとりあえず動くので差し迫ってなかったのが主な理由ですね。

さて、現状のPCの構成は下記の通り。

マザーボード   :GIGABYTE GA-81915P Pro ver2.0
             (915chip set)
CPU        :CeleronD 340 (2.9G Hz)
メモリー      :DDR 400 512M×2
グラフィックカード :NVIDIA GeForce6600 256MB
             (PCI Express×16)
ハードディスク  :SATA 80M (maxtor6Y080M0)
LANカードおよびサウンドカードは今のところマザーボードにつて
いる物を使用。参考までに書くと。
LANカード     :Marvell Yukon Gigabit Ethernet
サウンドカード  :C-Media High Definition Audio Device


さて、ここまで来るまでの顛末などを。ホホホ!(^O^)

事の始まりは、我が愛するPCちゃんが使っていてほんの数分キー入力およびマウス入力などをしないと頻繁にフリーズする現象を起こすようになりまともに使えない状態に。これがFreeBSDの方でも起こるのでOSの不具合ではないことは推察できる状態。

で、バックグランドで音楽を聴いてネットサーフィンもしくは、メール書いているとその現象が起こる確率が低くなることを考えると熱暴走等CPUの不具合ではなさそう(ある程度負荷をかけておくと動くんだから)。ハードディスクもスキャンデスク等検査してもとりあえず異常なし(WindowsとFreeBSDは別のハードディスクに入れてあるので、同時にお釈迦になるのは確率上低いし)。

って事で、マザーボードが逝かれたと判断。

で、今更815EPなんてマザーボードを中古で探すのも酔狂そのものなので全面換装を決意。大蔵省(古い言い方。(^.^))の許可も下りていざ選定に。

まずは、マザーボードの選定に。長く使うことを考えて現行最新の915もしくは925chip setって考えました。で、ハイエンドなんてのは必要ないし、予算を抑えることを考えて915chip setにすることに。

で、具体的に機種の選定に。基本姿勢として、現状のハードディスク2台とATAPI接続のCD-R/DVDドライブおよびMOドライブを流用したい。OSもWindows98をとりあえず使って落ち着いたらWindowsXPに乗り換えを検討しようと。そこで問題になるのは、915chip setって基的にはIDEが1つしかない。今後の傾向としてIDEからSATAって事に。そこで、IDE RAIDシステムを持っているマザーボードでRAIDを無効にすればIDEを増やせるかと思いその辺の機種数点を選定。

具体的には、秋葉原のツクモにいってGIGABYTE GA-81915P Proなどを物色。ハードディスクを6台?使えるってのを確認。若い店員にもつかいたい構成を説明して、”RAIDを切ればIDE2の方でもハードディスク使えますよね?!”って確認して上記マザーボードを購入。その他、CPU、メモリー、グラフィックカード、OS(WindowsXP)を購入。

ま、実際に換装に動いたのも1週間後ってのも切迫感がない証拠ですが、いざ換装すると問題点続出。
(^_^;)\(・_・) オイオイ

さて、実際に買ってきた各パーツをケースに組み込み最初はIDEハードディスク2台をIDE1に接続、CD-R/DVDドライブ等をBIOSでRAIDを切っておきIDE2の方に接続。立ち上げるとハードディスクを2台認識するもCD-R/DVDドライブは認識でず。そこで、逆の接続を試みる(ハードディスクをIDE2に方に)。それではCD-R/DVDドライブ等は認識するも今度はハードディスクが認識せず。マザーボードのマニュアルを読むとハードディスク以外のデバイスはIDE1のみ認識するようなので今度はSATA等BIOSの設定をいろいろと弄るも認識せず。
はてさて困った。(..;)""""> ポリポリ

しょうがないので最小構成で動かすかってんで、ハードディスク1台をマスターに、CD-R/DVDドライブをスレーブにしてIDE1に接続するも今度は全部認識せず。もっともネット上の情報では、この構成は認識しないとのこと。どうもらちがあかないので前のパーツをまた組み直して頭を冷やすことに。

翌週、別なツクモの店に行っても答えは似たような物。マザーボード自体の故障も確率的には低いけどあり得るとは言ってたけど。もっとも、上記マザーボードおよびグラフィックカードってWindows98は動作補償対象OSには入っていないことなど気がついたりして。
ま、マザーボードがハード的に動かないんじゃなくてツール等がWindows98用が無いって事でしょうけど)。ま、この辺も誤算かな。

最悪当初の構想では動かないことを想定して、SATAハードディスクを購入。新規にWindowsXPをインストールする事も考慮することに。

翌週、購入したツクモの店に行き、同じ若い店員に上記現象を説明して見解を求めるも、具体的な回答を得ず(”う~ん、BIOSの設定ですかねって?!”って回答)。あんまりスキルが無いなこの兄ちゃん。(..;)""""> ポリポリ

ま、動作保証のお金を付加して置いたので同じマザーボードの新品に変えてもらう事に。ほかのマザーボードに変えても動く保証もないしね。それなら購入したマザーボード自体の故障と考え、同じマザーボードにした方が良いと考えてね。

さて、これで3週間使ってしまったが、変えてもらったマザーボードで組み立てていると今度はCPUクーラーの固定器具が少々おかしくなってちゃんとCPUに密着せずふらつく様に。無理矢理はめ込むのも危険性を感じて、ツクモのサポート部門に持ち込んだりして。
(‥ゞ

サポート部門の人は結構強引に固定器具を直したりして。この辺の案配は数をこなしてないと怖くて出来ませんね。その人曰く”結構この固定器具は使いにくいですよね。”って言ったりして。

って、事で。どんどん換装は遅れるのであった。ヾ(℃゜)々

ま、ここまでくると早々にまともに動くPCを作ることが命題になってきたので必要なデーターをCD-Rに焼き、SATAハードディスクを使ってWindowsXPを新規インストールすることにしました。これを2週前に実行して、先週は環境整備に費やしたって事。

これが今回のPC換装騒動の顛末でありました。

ちなみに、ハードディスクを複数使えるかって件は、RAIDコントローラーの設定の方で、単純にハードディスクを使うモードがあるのをマニュアルを見直したら有ったのでした。この辺が真相のようで。いくらBIOSの方を弄っても認識しないはず。(‥ゞ
それがほんとかは確認してませんが、そのうち確認するつもりです。

それにしても、その辺の情報を持っていない店員ってのも頼りないな。ま、店および店員にも色々レベル有るだろうし、RAIDって物を理解してない私も悪いんだけど。(^.^)

いやはや、あんまりひとっ飛びに最新な物にすると色々なファクターが交錯して原因追及を困難にする典型的な例でした。

ま、これで多少経験値が上がったかな?ドラゴンクエストではないっての?!(・-・)

« 古き良き時代?を懐かしむ。 | トップページ | レーザー治療その後final? »

コメント

CDは認識してHDが認識しないトラブル。私もいま同じ症状がでました。それで解決したのでコメント書きました。
HDによってMaster・Slaveの他に15Hards・16Hards・CLIP32GB・AUTO SPIN DISABLEなどの種類がありその種類が合ってないことによって発生してました。私のマザーボードはPC/AT互換機のASUSのP5AでCLIP32GBの種類でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/3546971

この記事へのトラックバック一覧です: PC換装顛末記:

« 古き良き時代?を懐かしむ。 | トップページ | レーザー治療その後final? »