最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラーメン放浪記7 | トップページ | ラーメン放浪記8 »

2005/01/30

ラーメン放浪記(番外編)

最近仕事が忙しいのと、野暮用でパソコンに向かう時間がそちらに取られていたので更新をさぼってしまいました。_(._.)_

そんなことので少々時間が経ってしまいましたがラーメン放浪記の番外編を。
先週の日曜日朝霧へ行って参りましたが、あいにくの北風びゅーびゅー!(゜。)シクシク..
最も、強風注意予報が出ていたのは知ってましたが。(^_^;)\(・_・) オイオイ

ま、そんな日にでも先々週行ってないのでドライブがてら行ってみたのは良いけれど、やはり昼近くになっても風が収まらないので、引き上がることに。只単に引き上げるのも勿体ないので旨いラーメンでも食べるかって事になり、隠国とかも候補になりましたが、車のナビ君詳細な地図が出ないのでキャンセル。(^^;ゞポリポリ

で、DUNKさんご推薦の支那そば”けん”に私ら夫婦とぞうさん、W辺社長と共に行くことに。
河口湖の近くだってんで行ってみたけど、少々迷ってやっと入店。

私は、にらそば+半チャーハンを注文。

出されたラーメンは見栄えは至ってシンプル。食してみると、塩味が効いた美味しいラーメンである。が、所謂古式ゆかしいオールドタイプのラーメンではある。これをどう評価するかはその人によって違ってくると思いますね。

東京あたりで今はやっている店は良くも悪くも手の込んだラーメンを出して人気を取っている。それに比べれば、良く言うとこのラーメンはシンプルだし、悪く言うと単純と言うことになる。

が、どうも最近感じるのは東京の有名店は奇抜な食材を使ってそれを売りにしている傾向が顕著に成ってきた様な。
やれ、イカ墨だ、蟹だとか。東京じゃ目先を変えないとすぐに飽きられるのは分かるけど、なんか袋小路に入っている感じですね。それがラーメンの旨さに結びついているなら良いけどそれがこなれて無くて、短絡的に食材で客を釣っている店も有る感じが。

ラーメンの味がどんどん複雑化するのは良いけど、それが味の深化に結びついてる店とそうでない店とに分かれてきたような。最近は食材を前面に出している店はあんまり信用しないように成ってきました。(^_^)ニコニコ

そういう観点からすると、このラーメンは昔懐かしいラーメンとして評価します。

シンプルイスベスト!ラーメンはシンプルな見た目、それでいて美しく、食して虚飾を廃し、それでいて奥の深い味わいのが一番だと思いますね。

« ラーメン放浪記7 | トップページ | ラーメン放浪記8 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/2751790

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン放浪記(番外編):

« ラーメン放浪記7 | トップページ | ラーメン放浪記8 »