最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/27

経営感覚+固定観念

昨日初代名誉会長OFF会での昼食を池袋ひかり町ラーメン名作座の中の”一文字”食べました。
そこでの出来事。

中年男性(声だけしか聞いてませんが)がつけ麺を頼んだら、汁が暖かいと文句を言っていた。
曰く”冷たい麺を食べたかったから注文したんだ。””日本語分からないからしょうがないけど”等々。

確かに、その店は中国人と思われる人しか居なかった。パターン化した受け答えしか出来ない
レベルであるらしい。当然イレギラーでの対応が出来ない人達に店を任せるのは経営者と如何
かと。だって、謝るでもなければ、適切な処理もしないでうやむやで終わらせてしまったんだもの。
ま、それだけの権限も与えていないんだろうけどね。

翻って、件の中年男性もつけ麺の汁(及び麺)が冷えているってのは固定観念ですね。

つけ麺の専門店に行けば、冷冷、冷温、温冷、温温の4パターンが有る物です。麺と汁で冷たい
のと温かいのをそれぞれ選べるの物なの。この辺は、讃岐うどんと同じ。

夏でつけ麺だから汁が冷たいと思うのは思いこみにすぎません。もっとも、店側のその辺は表示
すべきだけれでも、法的には店側に過失は無いと思うけどね。

ま、ことほどさように固定観念ってのは誰でも持つ物ですね。

梅雨時企画 初代名誉会長と遊ぼう。

昨日は、前回初代名誉会長を個人的なOFF会に迎えたて楽しい一時を過ごしたので、より多くの人に
参加してもらえるように梅雨時企画としてナンジャタウン+秋葉原ミステリーツアー中級編を実施しました。

前回同様1時に東急ハンズ前に、集合。親方、我ら夫婦、たむちゃん、B8さん。それに急遽ごじゃるさん
が駆けつけてくれました。

で、昼飯は、企画通り、池袋ひかり町 ラーメン名作座へラーメンを食べに行くことに。各自好みの店へ。
私らは、函館塩ラーメンの”一文字”へ。そこそこ美味しかったです。そこで面白い出来事が有りましたが、
それは、別途書きます。

食事も終わり、恒例のナンジャタウンへ。入ってみると前回とは違いえらい混みよう。
各アトラクションが平均20分待ち状態。1つまわってぐったり状態。(‥ゞ唯一の収穫はアイスクリームが美味
しかったことぐらいかな?(^_^;)\(・_・) オイオイ
そうこうしている内に、時間が迫ったので切り上がることに。なんか消化不良。(f^^)やっぱり日にち選んでいか
ないとと思ったりしました。

時間も迫り、疲れも出てきたので秋葉原に移動することに。

秋葉原の駅前で前やん夫妻と村松さん夫妻合流。う、既に人数超過気味。

まとりあえず、前回の復習としてラジオ会館の中のドール系フィギアの店及びレンタルショーケースを見学。

そこで、某氏の強い要望で途中端折って、メイド喫茶へ行くことに。ここで更に植草教授といっこく堂さんが参加。
既に12人。(f^^)
これだけの人数を収容できる所はかねてより調査済みのcuremaidしか思い付かないので、そこに行くことに。
ちなみに私は秋葉原メイド喫茶を全店知っているわけでは有りません。守備範囲では無いので。(f^^)

さて、行っては見たがここは大混み。待っていてもらちがあきそうも無いので、ここも端折って本命の赤津加へ。

しかし、この人数で赤津加へ入れるかはなはだ心配であった。なんせ、チェーン店では無いので。
でも、当たって砕けろで店を覗き、人数を伝えると意外に入れることに。

入ってみると鄙びた感じのいい雰囲気の店。(^.^)ま、チェーン店では無いので、値段は少々高めですけど。

で、いつものように酒が入るとのりのりになるのがフライヤーのサガ。大いに盛り上がるのでした。

そうこうしていると、とみぞうさんから連絡が。どうも秋葉原に居るらしい。で、外人さんと一緒に合流することに。
で、とみぞうさんが合流して更に酒宴は盛り上がりのでした。
う~ん鄙びた雰囲気を壊している様な陽気な人々。なんか、合わないような気もするけど楽しい一時でした。

ま~、これだけの人数が集まるのも初代名誉会長の人徳でしょう。それに見合う企画を立てられないのは私の
不徳。(f^^)
って結果でした。


2004/06/26

T-ZONE.jpg
秋葉原今昔物語第3段、栄枯盛衰編part2をお送りしましょう。

今回は、T-ZONEの過去未来。
T-ZONEは今でも大手PCパーツ屋としての地位を占めていますが、
その成り立ちは、亜土電子(これは、電子関係では秋葉原では外せない存
在でしたね)と簡易言語(う、懐かしい。pipsとか有名でした)で名を売ったト
ヨムラが合体(業務提携なのか資本提携なのか吸収合併なのは定かでは
有りませんが)して出来た店でした。今ツクモが入っている元アソビットシテ
ィービル隣の黒いビルがはじめかな(ものもとトヨムラが入っていたビルだ
った)?

その後、調子に乗り、秋葉原界隈に店舗を展開し、一時は地方にも店を出
していたはず。その最盛期がミナミ電気館のほとんどを借りて名前をT-Z
ONEミナミとか言って誇示していたのである。そのころCSKの傘下に入っ
たりしたのかな(だから資金繰りが良かったのかも)?

でも、PCパーツ屋であれだけの店を維持するのは難しいし、世は不況&P
Cパーツ自体勢いが無くなってきている時期。CSKが資本参加を止めてか
ら迷走が続くのであった。

で、その迷走のモニュメントが上の写真。

元アソビットシティービルはす向かいにAKIBA PLACEなる7~8階建て
のビルを建てた。1~2階を自社店舗として使い、上の階を人に貸す構想
だった様だ。T-ZONEミナミが維持できなく成っての事であろうが、人に
貸すことを前提にビル立てるのは如何かと(貸しビル業者じゃないんだから)。

で、どうも思惑がはずれて、テナントが入らない。そうこうする内に店ま
で撤退する羽目に。で、実質今では秋葉原で1店舗維持するのがやっとに
成ってしまった。

ちなみ、業務項目でメイドカフェの運営も入っていると。(‥ゞ
その辺からして、迷走しいるような?

ま、ここにも栄枯盛衰があるのであった。

2004/06/23

shortshort6

秋葉原の裏通りを徘徊する人たちを”オタク”と総称されるが、それぞれ(得意)ジャンルが
有るんで、人種が違うと折に触れ家内に言っているも通じない。(‥ゞ

で、一言「イギリスでは、スコットランド人は、スコットランド人、アイルランド人は、アイルランド人、
ウェールズ人は、ウェールズ人と拘っているけど、外から見たら分からないよ。」と。

言えて妙である。ホホホ!(^O^)

でも、わたしは、オタクでは有りません。説得力無いけど。(‥ゞ

shortshort5

みなさん、西宮冷蔵って会社知っているでしょか?

そう、雪印の不正を告発し一時時の人となった人が経営していた会社です。
この人のその後が過日テレビで取り上げられていました。

要約すると、その後雪印以外の会社も契約解除が続発し(雪印が止めるのは分かるけど)
会社自体が潰れてしまったとの事。

これを聞いて、ほんと日本って村社会なのねと感じてしまった。
お上(社会的上位者)に逆らうと村八分に成るって事。事の善悪では無いし、客観的に議論
なんてしないで事が進むって事でしょう。

それでも、この人(社長)は意気軒昂で街頭で抗議活動+募金を行い、運転資金が溜まり、
再建にこぎ着けたとのこと。ま、それが唯一の救いかな?

村社会ってのは、長が清廉潔白で私心のない人だから巧く行くの、今の日本でそんな長を
期待できないのに、未だシステムが村社会ではね~。(^^ゞ

2004/06/22

shortshort4

先日日曜日に車のタイヤを替えた。
冬のスタットレスから替えるときタイヤがバーストする危険性があると指摘されていたのである。
タイヤの溝が無くならないうちに、タイヤ全体が経年劣化するのが我が家らしいところである。

で、オートバックスでの購入時に車種名とインチ数だけ伝えて、店員の言いなりの物を買うのも
なんとも、我が家らしい。要は、こだわりのない物にはこの程度の手間しかかけないのは万人
共通だろうと思うけど。

それでもどんな商品を買っても一定の品質を保ち、安全性が確保されているのか日本製だった
はずだが、最近の*菱自動車とか、ちょいと前の雪*とかを考えると信用できないのが今の
日本製だったりするのが悲しい限りだね。

で、ダンロップは大丈夫かしら?(‥ゞ

shortshort3

過日家内とフレッツでフレッツドットネットの宣伝を見てての会話。

薫:「画像が多すぎて送れないって、圧縮・分割して送ればいいじゃん!」
ろ:「圧縮・分割なんて既に死語だと思うけど?」
薫:「あれ、そうなの?」

うっ、圧縮・分割なんて用語を知っているなんて、おぬしも歴戦の勇者よの。(f^^)

あ~、その昔、パソ通でシグニチャーは何行まで許されるかなんてのを真剣に議論し
ていた時代が懐かし?(‥ゞ

2004/06/21

shortshort 2

過日、CDショップの覗くと、”女子十二楽坊”のベストアルバムが発売されるとのこと。

2枚(日本では)しか出して無くてもう”ベスト”かって疑問と、前にネットで読んだ、彼女達
の待遇が”女工哀史”(休みが無くて、ウイクリーマンションに押し込められているとか)だ
とか揶揄されている記事を見るに付け、この仕掛け人は音楽(芸術)を金銭の道具として
しか見てないのかと勘ぐりたくなるのであった。

ちなみに、彼女たちの稼ぎのお陰でこの会社の社長は長者番付に載ったとか。
でも、この社長は、飽きられたら彼女たちを切り捨てるんだろうな。それでも、貰う物をもらえ
れば良いけど、もらえなかったらそれこそ”女工哀史”だね。

shortshort 1

今度の台風6号は、6月の台風では観察史上最大の台風とか、6月で2つも台風
が上陸するのは珍しいとか、やっぱりおかしな気象現象だと思うのであった。

これでは、夏から秋にかけて台風のバーゲンなんて事に成らないであろうか?
sky朝霧去年に引き続き開店休業状況にでも成ったらと心配するのであった。

ま、冬から春先はサーマルのバーゲンで喜んだ人が沢山いたけど。(^.^)

2004/06/16

日本のプロ野球機構は何時目覚めるのか?

プロ野球でのニュースで近鉄とオリックスとの合併問題が話題になって
いますが。識者(スポーツ評論家?)は"終りの始まり"と言っているけど当
たらずとも遠からずかな?なんせ、一球団の暴走を機構として停められない
で公平さに欠ているんだから。

なんで、機構(リーグが)が権限を持って、プロ野球全体が盛り上がるよう
な事をしないのかね?訳のわからない穴だらけのドラフトとか、金に物言わ
せて選手を取りたいだけ取る某球団の横暴を許すとかさ。

少しは、NFLとか見習えよ。

NFLは完全な、ウエーバー性ドラフトを実施(もっとも、来年のドラフト
順位と(実績のある)選手をトレードとかするけどね)完全なるサラリーキャ
ップ(球団の総収入のあるパーセンテージでしか選手の年棒として払っては
いけないって規制)で戦力の均衡を図り、併せて、放送権およびキャラクタ
ー使用料は機構が一手に管理して各球団に等分に配当するなどして球団経営
を助けているんだよ。
だから、NFL全体で均衡の取れたレベルアップができるのではないですか!
日本のプロ野球機構もこれぐらいのシステマティクな対応しないとそのうち
1、2球団残して潰れるぞ。

ま、無理か旧態依然とした構造を外圧でもない限り直せないのが日本人だも
の。(^_^ゞ


それにしても、なんで日本ではアメフトが人気でないんだろう?(^o^ゞ
あんなに視てて面白いスポーツは無いのに。ま、競技自体システマティクだ
から日本人向きでは無いかも。:-)

さて、今年はどこがスーパーボール取るのかな?今から楽しみ。


2004/06/15

飛べない日の選択肢。

最近更新する気力が無くなってしまった。(^_^ゞ

飽きたのか?体力的に疲れているのか?どっちもだろうけど。;-)

ま、それではつまらないので、飛べない週末の選択肢の一つ。映画を日曜日に
家内と見に行った。見に行った映画は、前田有一の超映画批評で推薦してた、
"海猿"を見ました。

で、評価はと言うと、良くできた青春アクション映画といったとこでしょう?
ま、でも批評サイトで激賞されるほどでも無いとは思います。それでも若い
男女のアベックにはお勧めかな。日本映画を見直すきっかけにはなると思います。
何故か?いわゆるハリウッド映画で食傷気味に使われているVFX(CG)を使わなく
てもこれだけのスケールの映画は撮れるってこと。

海上保安庁の全面協力もあるけど、やっぱり人(俳優)の体当たりの演技は本物を
感じるのでした。たぶん、水中シーンとかハリウッドならCG使いそうだもん。
映画は虚構の中の真実でしょう。なんでもかんでもCG使うなんて馬鹿の一つ覚え
に思えてきたんだな、最近。;-)

そういうことで、お金払っても損はしません。f(^^;

おまけ。

1。映画予告で、"サンダーバード"をやっていて、そのときの会話。

薫:"結構こういう馬鹿馬鹿しいの面白そう!"
ろ:"でも、原作知っている人は、原作に引きづられるんだよな。"
薫:"キャシャーンみたいに?"
ろ:"あれは、原作が無くても、ださださ!"

ろ:"あ、今秋じゃん、デビルマンと重なるじゃん!"
薫:"一人で見に行ってね!"
ろ:"はい!f(^_^;"

2。劇場をでての会話。
ろ:"あれ、ナルト映画でやるの、だれ見に行くのかな?"
薫:"あなた!"
ろ;"う、いくらなんでも、この手の映画金払って見ませんよ。f(^^;"

よほど、私のこと"オタク"だと思っているらしいが、真性オタクに比べたら
薄い薄い。真性オタクを舐めたらいけません。(^-^ゞ

2004/06/06

顎紫陽花

梅雨時は、やはり紫陽花。

私の住んでいるところに有る、顎紫陽花です。
ajisai.jpg

2004/06/02

秋葉原今昔物語2(栄枯盛衰編part1)

徒然なるままに、秋葉原今昔物語第2段。今回は栄枯盛衰編part1でもお送りいたしましょう。(^^)

下の写真。先日アソビットシティーが出ていった後の様子です。
これだけのビルが空いているはもの悲しいですね。特に秋葉原は看板とかが有って当たり前
ですので、よけい空きが目立つようで。
asobi.JPG

さて、このビルは最近までアソビットシティーとして今流行のジャンルのアイテムを一堂に集め、
小綺麗に展示して入りやすい店でしたが、そのルーツは今を去ることバブル華やかりし頃建てら
れたのでした。そのころは、これほどの規模のビルも珍しく偉容を誇っていたのですが、それにも
まして異様だったのは、最上階の展示物。それは、”ダリの宝飾展”(^_^;)\(・_・) オイオイ
明らかに社長の趣味の延長って感じで、おいおい公私混同だろうって感じた物でした。
ちなみに、そのころはその電気屋も羽振りが良かったのか、チェーン展開を目論んでいたのか、
松戸にも店を構えていた、そこでも同じく”ダリの宝飾展”やってやんの。
で、その展示ってのは、要は高級腕時計と宝石なんだけど、なんで、秋葉原で宝石買わなければ
ならないんだって思うのでした。はっきり言って社長の趣味でしょってもろに分かるものでした。

で、その店、ミナミ無線電機のミナミ電気館は予想通り、バブルが弾けた後、T-ZONEにほとん
どの売り場を貸すことになったのである。栄光盛衰夢の間もと言ったところで有ろうか?

ただし、勢いに乗って大きな売り場を確保したT-ZONE自体私には疑念が有った。このころ既に
PCパーツ自体勢いがピークを過ぎていたのであった。そんな時期にこれほどの売り場面積と下
手に小綺麗な店舗を構えてやっていけるのかと疑念が有ったのである。
ちなみに、PCパーツ屋は雑然としていないと楽しくないと個人的には思っています。(^^)

その後予想通り、T-ZONE自体勢いが無くなり、2002年にこの建物の主は、ラオックスへと
移るのである。で、ラオックスが仕掛けたのが、アソビットシティーと言う”オタク”系の殿堂の店
であった。エアーガンのシューティング練習所などを常設し、なかなか面白い売り場になってい
た。

ただ、これだけの売り場面積を占めるにしては、何時も客が少ないと感じていたが、やはり儲か
っていなかった様だ。ヨドバシカメラ進出に備えて、ラオックスの他の店、特に路面店の統廃合
も行っているのでそれの延長だろうか?この辺がラオックスの賢いところであろう。

さてさて、この後このビルの主は何になるのであろうか?今流行のアミューズメント関連かな?

ま、このビルも秋葉原の流行物のランドマークだったりするのである。もっとも、このビルに入るよ
うになるころにはピークが過ぎているって気もしますがね。(^^;ゞポリポリ

さて、秋葉原今昔物語は今後も続くのでしょうか?

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »