最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宴会で盛り上がる親方&薫 | トップページ | アレルギー検査 »

2004/05/22

秋葉原今昔物語1

前記事で少々インパクトの強い場所を紹介してしまった様で、誤解が生じた危険性も有ったりしますが、
これも今時の秋葉原の実相には違いないのでした。

そこで改めて個人的秋葉原の歴史的展開として”秋葉原今昔物語”でも書きましょうか。で、何時まで
続くかはなはだ疑問ですが?(‥ゞ

前記事で”ラジオ会館”を取り上げました。
この建物は今時の秋葉原の流行物(時流に乗っているジャンル)を見る為のランドマークとなっている
のではと私的には考えております。

新たに発生したジャンル(当然秋葉原だからオタク系と言う大きなジャンルに括られる物ですか)が出
てくる場所はメインストリートから奥に入った路地裏の雑居ビルに拠点を置く物です。これが時流に乗り
流行出すとメインストリートに進出しだし幅を利かせて来る物です。近くはPCショップ、PCバーツ屋。こ
こ最近は、同人誌、フィギア、コスプレ等々。ちなみに、私が秋葉原に出没するようになったときは、オ
ーディオや無線機の店が多かったですけど。

で、最終的に駅前の一等地”ラジオ会館”へ進出するって事でしょう。

一応駅前の一等地ですので、賃料もそれなりに高いだろうし、ラジオ会館自体一般的には知られてい
ない(普通のお客は石丸とかLAOXとかに行きますよ)、まして6~7階の上の方に来る客自体少数で
目的が無ければ上がってこないで有ろうと想像できるので、これで店が成り立つのはそれを支える人
口がそれだけ多いと言うこと。で、最初に戻って、”ラジオ会館”の上の階で幅を利かせている店は時流
(オタク的に)に乗っているジャンルであると結論づけられると思います。

そういえば、PCショップが幅を利かせていたころ(NECの88とかの時代)ラジオ会館内のPCショップ
でCASIOのFP-1100を買いましたっけ。その後約半年後にその店潰れていましたけど。(‥ゞ流石に
潮目が変わるとここにある店って直ぐに無くなるんだよね。

その中で時流に流されず長い歴史を刻んでる店も有ることを書かないといけませんね。私が秋葉原に
出没すようになった当時からラジオ会館で店を構えている清進商会さん。
未だに真空管アンプやオープンリールを売っているのですから恐れ入ります。これも秋葉原の一断面
です。
オーディオマニアも今時の言い方だとオタクでしょうけど。(‥ゞ

さて、これで秋葉原今昔物語1回目を終了します。次回の予定は有りません。(^^)気が向いたら書き
ます。

では、また。

« 宴会で盛り上がる親方&薫 | トップページ | アレルギー検査 »

コメント

初代名誉会長殿

秋葉原オタクへ入学おめでとうございます?

ご好評な様なので?秋葉原今昔物語の続きはそのうちに書きたいと思います。
ネタを探さなければ?(^^ゞ

投稿者漏れました。m(__)m

昔、アキバといえば秋葉原デパートまでしか行った事がなかったのに、無線機を買うために初めて駅の外に出たのは十数年前。
それでもサ○ー無線など大型店舗にしか行ったことが無かった。
行く途中にはずらーりと無線のパーツ?屋さんが縁日の屋台のように並んでいたのを覚えています。
今回数年ぶりに秋葉原の降り立ち、すっかり変わってしまった街の様子にびっくり。でもどこに行っても「同じような人」がいたのは
変わってなかったね。私的には海外のオプショナルツアーに参加
したような感覚だったけど、レンタルショーケースでレア物GET
した瞬間に「同じような人」になっちゃった?(T.T)じょろじょろ~ 秋葉原今昔物語2楽しみにしてますぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19342/635154

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原今昔物語1:

« 宴会で盛り上がる親方&薫 | トップページ | アレルギー検査 »